トマト 育て方

トマトの育て方.com

プリンセスロゼ 色づく

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■プリンセスロゼ 色づく

 

色づくまでも早かったプリンセスロゼ!
6月18日、うっすらと色づき始めました。

 

 

Princess rose2
プリンセスロゼの実 6月18日

 

 

株も順調に育って、大きくなりました。
トスカーナバイオレットと同じように、
こちらも連続2段摘芯という仕立て方にチャレンジします。

 

2段目で摘芯して、わき芽を伸ばして、
そのわき芽も2段目で摘芯する、という方法です。

 

この連続2段摘芯が成功すると、
トマトの収穫量が通常の1.5倍になると言われています。

*普通に1本仕立てにする場合は、このような摘芯は不要です。

 

第2花房の上の葉一枚を残して摘芯し、
捻枝という技術を使って真横にします。

 

捻枝は、一気に曲げようとせずに、節と節の間ごとに、
捻る部分を押しつぶすようにし捻っていくとうまく曲がります。
大体90度くらいが目安でしょうか。

 

根元を捻る際は慎重に。ここも捻って曲げて、横になるようにします。
途中、パキッという音がしましたが、縦に裂ける音なら、心配しなくても大丈夫そうです。

 

ボキッと折れてしまうと、その後はわき芽を伸ばして、ということになるので、
折らないように気をつけて捻枝を行いました。

 

折れるよりは、縦に少し裂ける分にはほとんど問題ないようです。

 

 

Princess rose1
捻枝後

 

 

もう少し下を向くのが理想的ですが、ここまでが限界でした。
これ以上曲げてしまうと、折れてしまいそうです。

 

6月20日、しっかりと色づきました!

 

 

Princess rose3
綺麗なピンクに色づく実 6月20日

 

 

そろそろ収穫したいな、と思っていた次の日から、
雨が降ってしまい、裂果してしまいました。

 

 

Princess rose4
裂果 6月23日

 

 

割れたばかりだったと思うので、収穫しておいしくいただききました。
もう一つの実も割れてしまったのでこちらも食べました。

 

雨が続いたせいか、トマトの味が薄かったです。
梅雨が過ぎて、雨が少なくなれば甘さがのると思います。

 

このプリンセスロゼは、フルーツトマト向きの品種ですので、
極力、水を切って栽培しようと思います!

 

雨で裂果してしまったので、やはり雨除けをするべきなのでしょうか。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録

トスカーナバイオレット 連続2段摘芯法

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■トスカーナバイオレット 捻枝

 

トスカーナバイオレット、
6月8日から10日後の18日に手入れをしました。

 

 

Toscana1

トスカーナバイオレット 6月18日

 

 

観察をしながら、
本日は、少し変わった摘芯と仕立て方をしようと思います。

 

本来、摘芯は、収穫の終わり頃、大体6段7段くらいでするのですが、
今回は2段目で行います。

 

以前から、第2花房まで見えたら摘芯をして、
連続2段摘芯法、という仕立て方をしようと思っていました。

 

2段目で摘芯して、わき芽を伸ばして曲げて、次も2段で摘芯。
こうすることで、6段以上は収穫できる計算です。

この連続2段摘芯法は、収穫量が激増すると評判の方法です。

 

今回、この仕立て方をするためにわき芽を残して、摘芯を行いましたが、
普通に栽培するときは、摘芯は樹の上部でします。

 

最初にわき芽を取らずに残しておかないと難しいかもしれません。
ということで、早速思い切って摘芯をしてしまいましょう!

第2花房の上の葉、1枚を残して切ります。

 

 

Toscana2
摘芯

 

 

そして、次に行う作業は、捻枝です。
捻って曲げる、という技術が必要になります。

 

捻枝で必要なのは、一気に曲げようとしないことです。
わき芽の根元から捻るようにして曲げてみると、こうなります。

 

 

Toscana3
捻枝

 

 

かなり曲がりましたね。
この枝が横になるくらい曲げていきます。

 

捻枝をしていると、トマトの茎がポキッと鳴ることがあり、
見てみても折れていない、ということがあります。
このように、縦に裂けます。

 

 

Toscana4
縦に裂ける

 

 

縦に裂ける分にはどうにかトマトは頑張ってくれるので、このくらいは大丈夫です。
折れてしまったら修正がしにくいので、とにかく折らないように。

 

2株とも、曲げ終わりました。
ちょっと不恰好ですね。
もう少し、形よく捻枝をしかったです。

 

 

Toscana5
捻枝後

 

 

捻るときには、節と節の間で90度ずつ捻っていくイメージで行います。
また、この捻枝は、横に曲げるだけではなく、
花房が別の方向に向いてしまったときに正面を向かせることもできます!

 

ちなみに、捻枝は、基本的には枝がしなっとしている夕方に行った方が良いそうです。
シャキッとしていると、その分折れやすくなるようです。

 

連続2段摘芯法、成功するかちょっとドキドキです。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録

ルンゴ 結実

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

RUNGO
ルンゴ、美味しいです♪

 

 

■ルンゴ 結実

 

ルンゴ、他のトマトと同じようにプランターで育てています。
サントリーフラワーズから出ている品種で、サンマルツァーノタイプのトマトです。

 

同系統のもので育てているのは、
シシリアンルージュサンマルツァーノリゼルバです。

 

この二つは小玉~中玉トマトくらいの大きさなのですが、
ルンゴは大きくなりそうな予感がしていました。

 

植えつけたのが5月27日、次に作業をしたのは6月8日で、観察もしました。

 

植えつけが遅かったのは、苗を買ってくるのが遅かったからです。
どのトマトを植えようかな、と思っているうちに日が経ってしまい……。
面白そうなルンゴを購入し植えつけました。

 

土は他のプランターと同じように、
市販の培養土に、トマト専用肥料を一握り程度混ぜました。

 

植え付けて、水やりをたっぷりとして、支柱を立てて仮誘引もしました。
6月8日より前に、第1花房が咲ききったので、トマトトーンを散布しました。
トマトが元気に生育には、第1花房の着果は重要ですからね!

 

と、6月8日のルンゴはこうなりました。

 

 

RUNGO01
ルンゴ 6月8日

 

 

生育がとても旺盛です。

 

遅く植えつけたとは思えない育ち方をしています!
葉も大きいです!
苗自体もすごいしっかりしています。

 

この日は仮誘引を直して、誘引をしなおしました。
誘引位置は、第1花房下の葉の下です。

 

第2花房までしっかり見えていますし、
茎もしっかりしているので、こちらも誘引をしました。
また、目立つわき芽もとりました。

 

ルンゴの実もしっかりついています。

 

 

RUNGO02
ルンゴの実

 

 

予想以上に大きいです。
予感はしていましたが、この時点で、
既にシシリアンルージュやサンマルツァーノリゼルバくらいの大きさになっています。

 

いったい、どのくらいの大きさになるのでしょうか。
サントリーフラワーズの写真を見てもかなり大きくなるようです。

 

あまり果実が大きくなると、尻腐れ果になりやすいので
早い段階で手を打ちたいところです。

 

まだ、気が早いかもしれませんが、収穫が楽しみです。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録

黒トマト プランターへ植え付け

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■黒トマト プランターへ植え付け

 

黒トマト、順調に育っています。

 

 

tomato-uetuke01
黒トマト 5月24日

 

 

青々としていて、茎もしっかりとしています。
1株だけ取り出してみました。

 

 

tomato-uetuke02

同じく 5月24日

 

 

この時点では、第1花房が確認できなかったので、
植え付けることは、しませんでした。

 

しっかりと確認できるまでは待つつもりでしたが、どんどん日が経っていきま、
青々とした葉の色が薄くなってきたので、植えることにしました。

 

6月10日にプランターへ植え付けをしました。
この1株だけは、ベランダで育てます。

 

黒トマトは、山にある畑、ベランダのプランター、庭の畑の3箇所で育てます。
山の畑は雨除けを、プランターは容器栽培として、
庭の畑は山の畑と土が違うので、どのように育つか、その違いが楽しみです。

 

 

tomato-uetuke03
プランターへ植え付け 6月10日

 

 

黒トマトのために、あけておいた場所へ植え付けました。
土は市販の培養土を、肥料はトマト専用肥料を一握り程度混ぜてあります。

 

植え付けた場所はルンゴの横で、ルンゴの生育が非常に旺盛ですが、
負けないように頑張って育ってほしいです。

 

第1花房は少しだけ見えていました。

 

 

tomato-uetuke04
第1花房

 

 

植え付ける段階まで、持っていくのが難しかったです。
苗と苗の間が狭すぎたのか、縦に伸びる一方で、花芽すら見えなかったのです。
色もどんどん薄くなってしまいました……。

 

でも、他のトマト苗も間延びしてから植えて、順調に生育しているので、
黒トマトも同じように育ってくれると願っています。

 

本当は、5月中には植えられるだろう、と思っていたのですが、
思い通りに行かず、種まきが遅かったことも反省材料です。

 

トマトの種からの育苗は、本当に難しいです。
去年は発芽すら危うかったので、2回目にしては上出来!

 

今後は、種まき、育苗をもっと上手にできるようにしたいです。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ :  

トマト 栽培記録

黒トマト 畑に植え付け

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク

■黒トマト 畑に植え付け

 

黒トマト(ブラックプリンス)、種を採取し育て、
6月18日に、ついに植え付けです!

 

なかなか第1花房が見えてこなくて、草丈が伸びる一方でした。
苗同士が近すぎると間延びしてしまうので、
苗を離して管理しましたが、まだ間隙が狭かったようです。

 

次に苗を育てるときは、もう少し間を空けて管理しようと思います。

 

少しずつ第1花房が見えてきたので、植え付けをしました。
また、この頃には、ポットの養分だけでは足りなくなったのか、
葉の色が薄くなってしまいました。

 

畑の土作りには、堆肥、化成肥料、発酵鶏糞を使いました。
それ以前に、ピートモスを入れておきました。

 

ピートモスを入れた理由は、畑の土のpHを計ったところ、
アルカリ性に傾いていたので、土壌修正のため強酸性のピートモスを使いました。

 

堆肥、化成肥料、発酵鶏糞の3つ畑全体に施用したので、
この場所だけどのくらい、ということは分かりません。

 

畑でトマトをあまり栽培しないので、探り探り、雨除けの骨組みを組みました。
黒マルチも敷いてあります。

 

 

tomato jiue01
雨除けの骨組み

 

 

この時には、誘引するための支柱を立てて置きました。
先に立てておかないと、後で苦労しそうです。

 

6月18日に黒トマトの植え付けをしました。
支柱は立ててあるので、支柱にあわせて苗を仮置きしていきます。

 

 

tomato jiue02

黒トマト苗の仮置き

 

 

持ってきた苗の本数が多いので、余った分は別の場所に植えました。
風が強かったので苗が倒れていますが、植えるのでそのまま倒しておきました。

 

植えつける手順としては、
植え穴を開けて、植え穴に水を入れて、植え付ける、
という順序で植え付けしました。

 

 

tomato jiue03
穴を開ける

 

 

支柱のすぐそば、仮置きした場所に穴を開けました。
穴あけの道具を使っています。

 

穴を開けた後、水を入れておきます。

 

 

tomato jiue04
水を入れる

 

 

植えつけた後、水をあげても良いとは思いますが、
水が流れてしまったり、苗の表面の土がえぐれてしまうので先に行い、
水は、開けた穴のギリギリまで入れました。

 

そして、植え付けます。
後に作業がしやすいように、
花が自分の方を向くように植え付けました。

 

 

tomato jiue05
黒トマト苗の植え付け

 

 

写真だと、分かりませんが、よく見ると花芽が見えています。
葉の色は薄いですが、茎はしっかりとしていました。

 

これを置いた苗の分行って、計13株植えつけをしました。

 

 

tomato jiue06
植え付け終わり

 

 

誘引もしておきました。

 

 

tomato jiue07

誘引

 

 

余った苗は違う場所へ。
こちらは3株植え付け、雨除けは無しです。
支柱も本数が無かったので、仮支柱だけです。

 

 

tomato jiue08
余った苗

 

 

植え付けが終わった後、雨除けのためのビニールを張りました。
熱でビニール同士がくっつき、剥がすのに時間がかかりました。

何かに巻いておけば良かったと思いました。

 

ビニールを被せて、U字の支柱の中央部分と、ビニールの文字がある部分をあわせます。
一旦固定し、全体にビニールがかかるまで、ところどころ仮止めをしておきました。

 

 

tomato jiue09
ビニール張り

 

 

全体にビニールがかかったら、端からしっかりと止めました。
横の部分も支柱に止めて完成です!

 

 

tomato jiue10

ビニールが短い!

 

これだとあまり意味ないような感じがします。
横殴りの雨が防げないので、もう少しビニールを下まで張ることにします。

 

この日はタイムアップ。
本当に上から降る雨だけを防ぐような形になってしまいました。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ :  

トマト 栽培記録

ピッコラカナリア生長中!

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■ピッコラカナリア生長中!

 

ピッコラカナリア、オレンジ色のミニトマトです。
ピッコラカナリアは1株だけ植えました。

 

植え付けは5月16日で、観察した日が、
約10日後の5月27日と、さらに約10日空いて6月8日です。

 

最初に観察した5月27日は、わき芽かきがメインの作業でした。
株自体もまだ小さく、わき芽も小さかったので手で取りました。

 

また、ひょろっとしていたので無理な誘引はせずに、適当な場所で誘引しました。
生長しかけの上部を誘引してしまうと、傷つけてしまうこともあるので、
上部を避けて誘引しました。

 

こちらは写真がないのが残念ですが、
6月8日の写真を見てみましょう。

 

 

canary01
ピッコラカナリア 6月8日

 

 

大きく伸びて、第2花房まで開花しています!
第1花房はほぼ全て開花していて、実もついています。
また、早生品種なので生長がとても早いです。

 

この日はまず、わき芽かきをしました。
第2花房下のわき芽を生かそうと思いましたが、迷った末にこの日は残すことに。
他のわき芽は全て取りました。

 

そして次にトマトトーン散布(ホルモン処理)をしました。
使ったのはスプレー式のトマトトーンです。

 

トマトトーンを散布したのは、確実に実を着けて欲しいのと、
第1花房に実をつけることで、その後の生育が安定するので重要だからです。
トマトトーン散布をして着果を促しておきました。

 

第1花房はすでに、一つ、実を着けていたので、実を避けて他の花に散布しました。
第2花房もほぼ咲ききっているのでこちらも散布しました。

 

本当に、ピッコラカナリアは他のトマトに比べて生育が早いです。

 

そしてもう一つの発見。
ピッコラカナリアはベネチアンサンセットと同じプランターに植えてあります。

 

 

 

canary02
ベネチアンサンセットとピッコラカナリア

 

 

ベネチアンサンセットは窒素過多が見られたのですが、
ピッコラカナリアの1枚目の写真をよく見てみても、葉が丸まっていません。

 

同じプランターなのに、片方にだけチッソ過多が出ないのは初めての経験です。
かといって、5月27日時点でも葉が丸まっていなかったので、謎です。

 

謎を残したまま、この日の作業は終了しました。
早くオレンジ色の実を着けて欲しいものです。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録

ベネチアンサンセット 誘引

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

Venetian-Sunset
ゼブラ模様のベネチアンサンセット

 

 

■ベネチアンサンセット 誘引

 

ベネチアンサンセット、中玉トマトの栽培です。
今回は1株だけ植えました。

 

5月16日に植えつけて、観察したのは5月27日と6月8日でした。

 

最初の観察は5月27日と、植え付けから10日程度経っていました。
この時点では茎も細く、わき芽も小さかったです。

 

また、誘引も無理のない場所に誘引していました。
苗が小さいときは無理に誘引したり、生長点の上で誘引してしまうと、
苗を傷つけてしまい、病気の原因になります。

 

この日は他のトマトと同じようにわき芽かきをメインに行いました。
写真が無いのが残念ですが、第1花房はまだ開花していませんでした。

 

次に観察したのが6月8日でした。

 

この日はわき芽かきと、誘引の位置を変える作業をしました。
第1花房が少しずつ開花し、第2花房も確認することができます。

 

わき芽かき、といっても確認できるわき芽は少ないですが、
小さいうちから取っておきます。

 

第2花房したのわき芽は、取らずに残しておきます。
これは、あとである方法を使って、わき芽を活かしていきます。

 

そして、5月27日より丈が伸びて、茎がしっかりしてきたので、
誘引の場所を直しました。

 

花房のすぐ下や、上だと実や花を傷つけてしまうので、
花房の1つ下の葉の下を誘引しておきます。
曲がってきたので、少し強めに誘引しました。

 

ここで少し気になったのですが、
第2花房より上の葉が丸まっているように感じます。

 

 

Venetian Sunset02
ベネチアンサンセット 6月8日

 

 

このプランターに肥料を多めに与えた記憶が無かったのですが、
丸まっていることから、窒素過多、肥料が多かった可能性があります。
そのうちに正常に戻ると思うので、そのままにしても大丈夫です。

 

ベネチアンサンセットは少し生育が遅いように感じます。
これは肥料不足などではなく、品種の性質なのかもしれません。

 

他のトマトは大体、第2花房まで開花しているか、開花しそうなくらいでしたが、
ベネチアンサンセットの第2花房はまだ蕾です。

 

第1花房も花が咲ききっていないので、
この日はトマトトーン(ホルモン処理)は、行いませんでした。

 

今後、どのように生長するのか楽しみです。

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録

アマルフィの誘惑 窒素過多

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■アマルフィの誘惑 窒素過多

 

アマルフィの誘惑」を植え付けたのは、他のトマトと同様に5月16日です。
この時はまだ実はついていませんでした。

 

そして観察したのが5月27日でした。
約10日空いてしまいました。

 

アマルフィの誘惑も順調に育ち、実も着いています。
プリンセスロゼ同様に実を着けるのが早かった品種です。

 

 

Amalfi01 (2)
アマルフィの誘惑 5月27日

 

 

左の苗が2つの実を、右の苗は1つの実をつけています。

 

 

Amalfi02
左の苗

 

 

Amalfi03
右の苗

 

 

少しわき芽が目立ちますね。
この日はわき芽かきがメインの作業なので、
わき芽を摘みました。

 

まだ小さかったので手で簡単に折れました。

 

そして、再度、観察したのが6月8日です。
この日はわき芽とりをしつつ、苗の生育の確認をしました。

 

 

Amalfi04 (2)
6月8日

 

 

かなり大きくなっています!
画像の上のほうが切れていますが、この理由は後で説明します。

 

順調に生育していますね。
よく見てみると、実がついていた第1花房にも花が咲きました!
確実に実をつけるために、咲いた花にトマトトーンも散布しました。

 

ここで少し上の部分、先ほど画像が切れていた部分を見てみましょう。

 

 

Amalfi05

同じく6月8日 上部

 

 

第2花房まで確認することができます。
第2花房のトマトトーン散布は、もう少し花が咲いてから行います。

 

で、見ていただきたいのは苗の先端部分です。
少し丸まっているように見えませんか?
このように丸まっています。

 

 

Amalfi06
先端の部分

 

 

葉が完全に内側に丸まっていますね。

 

 

Amalfi07
別角度です

 

 

これは窒素過多、肥料過多の典型的な例です。
実験的に、この鉢だけ多めに肥料を入れています。

 

窒素過多の症状を見るために入れてみたのですが、
トマト苗の上部の葉が内側に丸まる、
窒素過多の状態がはっきり見えます。
>>トマト 肥料過多

 

本来は、適切な肥料を与え、このように葉が丸まらないのが理想です。

 

軽い症状の窒素過多は、追肥を控えれば、そのうち正常に戻ります。
ここで水を多めにあげて窒素を流す、という方法もありますが、
水に窒素分が溶け出して、かえって悪化することもあります。

 

以前栽培したときに、追肥をせず放っておいたら直ったので、
トマトが肥料分を吸収してくれることを願います。

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録

トスカーナバイオレット トマトトーンを

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■トスカーナバイオレット トマトトーンを

 

トスカーナバイオレットを植え付けたのは5月16日でした。
約10日空いて、5月27日にわき芽とりもかねて観察してみました。

 

最初はひょろひょろとして、葉も小さいような感じでしたが、
しっかりと元気に生長してくれています。

少し植え付けが遅かったのですが、このままの調子で育って欲しいです。

 

 

Toscana002
トスカーナバイオレット 5月27日

 

 

左の苗の上のほうに、葉とは少し違うものが出てきています。
少し拡大してみましょう。

 

これが第1花房です。
しっかりと実をつけてくれればいいなと思います。

 

 

Toscana003
第1花房

 

 

この日はわき芽とりがメインの作業です。
葉が出ている茎の根元に小さいわき芽が出てきています。

 

小さいので手で、倒すようにするとポキっと折れます。

この日の作業はこれで終了です。

 

 

後日、6月8日にも観察をしました。
いきなり丈が、伸びたように見えます。

 

前回から10日空いているので、そう見えるのだと思います。
右の苗は第1花房もしっかりと確認できました。

 

 

Toscana004
トスカーナバイオレット 6月8日

 

 

左の苗も大きくなって、蕾がしっかりと確認できるようになりました。

 

 

Toscana005
花芽

 

 

第1花房に実をつけることは今後の収量に大きく関わってくるので、
トマトトーンを使って実がつきやすくするようにしました。

 

花は3つ咲いていますが、
トマトトーンは、3~4個の花が開花しているときに使うのが効果的なので、
この日のうちにトマトトーン処理(ホルモン処理)をしました。

 

 

Toscana001

右の苗の花

 

 

トスカーナバイオレットは名前の通り、紫色のような実をつけます。
実をつけるまでが、たいへん楽しみです。

 

収穫時期の見分け方が少し難しいですが、
またそれは収穫の時にご紹介しようと思っています。

 

ちなみに、わき芽は挿し木をしてあります。
使用した土は黒トマトの鉢上げ同様の土です。

 

挿し木をする前に日の当たる場所に放っておいたせいで、
少し萎れていましたが、なんとかりそうです。

 

挿し木をしたあとにあまり日が当たると、萎れるだろうと思ったので
直射日光が当たらないような場所で管理しています。

 

シャキっとしてきて、順調に生育しています。
こちらはシシリアンルージュ同様に畑に植えようと思っています。

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録

シシリアンルージュ わき芽かき

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■シシリアンルージュ わき芽かき

 

シシリアンルージュ、育ってきました。
植えつけたのが5月16日、写真は5月27日です。

 

植え付けて10日も経っていませんが、
青々と、そしてしっかりと生長しています。
これ以降の生長が楽しみです。

 

 

Sicilian0001
シシリアンルージュ 5月27日

 

 

トマトもやっと植えつけてもらえた!
というように、どんどん生長していきます。
見ているだけで楽しいです。

 

シシリアンルージュをぱっと見た感じでは、
まだ花芽、第1花房まで見えていませんが、
よく観察してみると第1花房を確認することができます。

 

植え付けの時点でシシリアンルージュの花芽を確認できたので、
花の向きが自分の方へ向くように植え付けました。

 

後の作業や収穫がしやすくなるので、
第1花房が確認できるまで植え付けを待っても良いと思います。

 

 

Sicilian0002
小さいながらも花芽が

 

 

シシリアンルージュのわき芽が目立つようになってきました。
葉の一番下からもわき芽が出てきたので、わき芽を取りました。

 

まだ小さかったので手で取りました。
大き過ぎる状態で無理にトマトのわき芽を取ると苗を傷つけてしまうので、
この大きさくらいがわき芽かきの適期だと思います。

>>トマト わき芽かき・摘心の方法

 

 

Sicilian0003

わき芽かき

 

 

このような感じで株を手入れして、27日の手入れは終了しました。

 

ちなみに、水やりはほとんどしていません。
屋根がない場所で育てているので、雨に頼っています。
雨が降らず乾燥している場合は、水やりをするようにしています。

 

トマトを眺めていて、突然思ったことが、
「わき芽がもったいない!」

 

わき芽を育てることで同じ苗を作ることができるので、
試しに挿し木をしてみようと思いました。
>>トマト 挿し木方法

 

ということで、わき芽を使って挿し木のように土に植えました。
使用した土は、以前、黒トマトの鉢上げで使った、
プラグポット専用培養土のサブライムソイルを使用しました。

 

わき芽を使って挿し木をするのは初めてです。
セルトレイに土を入れて、わき芽を丁寧に、優しく扱って植えました。
その後、水やりをして、直射日光が当たらない椅子の下に置きました。

 

土がやや乾きやすかったので、乾燥してきたら水やりをしました。

 

シシリアンルージュのわき芽、最初はしんなりとしていたのですが、
日が経つにつれ、シャキッとしっかりしてきました。
少しずつ生長しているので、畑に植えようと考えています。

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録