トマト 育て方

トマトの育て方.com

秋トマト 栽培中

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■秋トマト 栽培

 

秋トマト栽培に挑戦してみることにしました。
トマト自体は何度も栽培しているのですが、秋トマトは初めてです。

 

少しでも収穫できるように頑張ります!
今回、使うトマトは、

 

・トスカーナバイオレット
・ピッコラカナリア

 

この2品種です。

 

夏に栽培していたので、苗は買わず、わき芽を使ってみます。
用土は、市販の育苗用の土を使います。

 

まず、わき芽を選びます。

 

 

akitomato2016-23

わき芽 8月20日

 

 

大きそうなわき芽を選びましたが、細かったです。
これは、プランターで栽培していた2品種で、
栽培後半になったらどんどん細くなってしまいました。
なるべく早いうちからわき芽を選んだほうが良いですね。

 

わき芽を選んだら、黒ポリポットに土を入れて、さし芽します。
わき芽を切って挿すときは、斜めに切るようにしています。

 

 

akitomato2016-24
挿し芽後

 

 

この後は、水をたっぷりあげて日が当たりすぎない場所で育てました。

 

約一週間後、やっとここまで生長。
この白い箱は、発泡スチロール=トロ箱です。

 

育苗の時から使っていて、お世話になっています。
便利です!

 

 

akitomato2016-25
秋トマト 8月26日

 

 

9月に入り、早く植えないと、と思うのですが中々育たず、
ようやく植え付けかな? という大きさになりました。

 

 

akitomato2016-26
秋トマト 9月5日

 

茎がやや細いです。
しかし、早めに植えないと収穫ができないまま、
終わってしまうかもしれません。

 

秋トマトを、わき芽から育てるときには、前もって準備したほうが良いです。
植えつける場所も決めて用土作りをしておきます。

 

今回、秋トマトを植えつける場所は、庭の花壇の傍らです。

 

植え付けにあたって、一度花壇を整頓、夏野菜などは撤去しました。
土をよくほぐし、元肥を入れました。

 

いよいよ植え付け! という時に限って雨なんですよね。
秋になると天候も不安定になるので、困ってしまいます……。
実がなりますように!
*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

>>秋トマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録

トマト栽培のまとめ 2016

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■トマト栽培のまとめ 2016

 

今年のトマト栽培、いろいろなことに挑戦しました。

 

プランターで2段摘芯をしてみたり、
植え場所は、地植え、庭の花壇、プランターの3箇所で栽培しました。

 

どのような結果だったのか、またはオススメ品種など記してみます。

 

・プランター栽培
2段摘芯は、プランター栽培には向いていないと思いました。
土の量が足りなかったり、土が根でいっぱいになってしまって、

 

肥料や水が吸収できずに、2段摘芯で大量収穫ができませんでした。
栽培するなら、1本仕立て、多くても2本仕立てくらいが無難そうです。

 

 

tomato2016-2
サンマルツァーノリゼルバ 1本仕立て

 

 

フルーツトマトは作りやすいと感じました。
どのトマトも甘くて美味しいトマトが収穫できました。

 

ルンゴだけは、尻腐れが多発してスプレーでも対処しきれなかったです。
大玉の中でも、大きくなるトマトなので地植えで育てたほうがよさそうです。

 

 

tomato2016-3
ルンゴ 尻腐れ

 

 

・花壇栽培、地植え栽培
花壇と地植え栽培は特に違いはありませんでした。

 

プランター栽培に比べて土の量の制限がなく、
肥料や水をしっかり吸収できているので
終盤になっても茎がしっかりとしていて、
花もつきも良く、大きな実をつけてくれました。

 

また、プランターで育てていたトマトのわき芽をさし芽して、
地植えで育ててみましたが、

 

プランター栽培と同じように甘いトマトは収穫できかなかったです。
それでも十分美味しいトマトが作れました。

 

 

tomato2016-1
収穫したトマト

 

 

・品種選び
ルンゴは失敗してしまい、栽培が難しかったと思います。
早い時期からの尻腐れが多発してしまい、まともに収穫できませんでした。

 

また、ベネチアンサンセットも少し失敗かな、と思いました。
収穫はできているのですが、思うように生育しませんでした。
ベネチアンサンセットは晩生品種のように感じました。

 

ミニトマトは、どのトマトも育てやすかったです。
病気にかかることもなく、元気に育ちました。

 

生育が早かったのは、プリンセスロゼ、アマルフィの誘惑、
ピッコラカナリアという印象です。

 

甘さは、トスカーナバイオレットとピッコラカナリアが甘かったです!
今回は、水を切って栽培し、とても甘いトマトが収穫できました。
フルーツトマトを育てるなら、この2品種が強いという印象です。

 

その他のトマトもそれぞれ特徴があって、どれも美味しかったです。

 

・まとめ
仕立て方は……1本仕立て、2本仕立てが無難。
フルーツトマトを作るなら……プランター栽培が向いている。
育てやすさ……ミニトマトが育てやすい。

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録

黒トマト 収穫!

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■黒トマト 収穫!

 

庭の花壇、プランター、畑の3箇所で栽培している黒トマト、
8月の上旬に収穫が始まり、現在も収穫が続いています!

 

一番収穫が早かったのは、
庭の花壇のトマトとプランターのトマトでした。

 

こんな感じに、色づき始めました。

 

 

kurotomato2016-1
黒トマトの色づき 花壇

 

 

黒というより、茶色ですね。
ヘタに近い部分は、濃い緑色ですが、この部分まで色がつきます。
全体に茶色く色づけば収穫です。

 

 

kurotomato2016-2
収穫 8月2日

 

 

少々小ぶりですが、まず5つ収穫できました。
綺麗に色づきました!

 

照明の下だと、少し色が分かりにくいでしょうか?
断面はどうなってるのでしょうか、切ってみました。

 

 

kurotomato2016-3
黒トマトの断面

 

 

やはり、色は分かりにくいです。
鮮やか、というよりは深みがある赤色、という風に見えます。

 

種のゼリー部分は濃い緑? という感じでした。
収穫した黒トマトを、さっそく食べてみます♪

 

食べてみると、普通の大玉トマトにはない風味でした!
フルーティーと表現すれば良いのでしょうか。

 

酸味が控えめで、甘さが強かったです。
また、青臭さが少ないように感じました。

 

とてもおいしかったです!
少し、皮が硬めですが、果肉はやわらかかったです。

 

この日を境に、黒トマトが次々に収穫できました。
地植えの黒トマトも少し遅れて収穫が始まりました。

 

トマトといえば、カラスなど鳥の被害が出ることはありませんか?
ウチで育てるトマトも、たまに、鳥に食べられてしまいます。

 

地植えの黒トマトは、カラスの被害がとても少ないです。
私は食べて美味しいと思ったのですが、カラスはそうでもないようです。

 

近くに植えていた大玉トマトは、カラスの被害が多かったです。

 

見た目が黒っぽく見えるので、トマトと判別できなかったのでしょうか?
カラスなど鳥による被害が少なくて、自分達の口に入るのが嬉しいです。

 

黒トマトは、植え付けが遅かったのでまだまだ収穫できています。
今年は黒トマト栽培がうまくできて、大収穫!

 

黒トマトをたくさん食べられるので嬉しいです。
*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録

トマト 収穫中!

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■トマト 収穫中!

 

プランター栽培の各種トマトが収穫の時期になり、
次々と収穫しています!

 

収穫しはじめたのは、7月13日で、
プリンセスロゼアマルフィの誘惑ピッコラカナリアを収穫しました。

 

 

tomato-syukaku01
7月13日 最初の収穫

 

 

小ぶりでやや薄い色をしているのがプリンセスロゼ、
お尻がとがっている赤いトマトがアマルフィの誘惑、
オレンジ色のトマトはピッコラカナリアです。

 

その5日後の7月18日、他のトマトも収穫がスタートしました。

 

 

tomato-syukaku02
7月18日 トマトたち

 

 

この日に収穫できたのは、大きなルンゴ、細長いシシリアンルージュ
中央にある縞模様のベネチアンサンセット、紫色のトスカーナバイオレット
そしてアマルフィの誘惑です。

 

他の日にも収穫したのですが、
ついついつまみ食いをしてしまいました。

 

シシリアンルージュ、ルンゴは加熱調理をしてトマトリゾットに、
その他のトマトは生で食べました。

 

イチオシはトスカーナバイオレットです!
トスカーナバイオレットの収穫の目安は、
触ってプニプニとしてきたら収穫するようにします。

 

思ったより、色は染まらないかな?
という印象でしたが、食べてみてびっくりしました。

 

皮が薄く、プルンとした食感が面白いです。
食味はとても甘く、本当にブドウのようなトマトです。

 

気がつけば、トスカーナバイオレットばかりつまみ食いをしています。

 

水を切って栽培しているので、甘いトマトが収穫できるのですが、
他のトマトよりトスカーナバイオレットがダントツに甘いです。

 

美味しいフルーツトマトを簡単に栽培したいのなら、
スカーナバイオレットが、オススメです。

 

いまのところ、裂果も少ないので、
時期にもよりますが雨よけは必要ないかもしれません。

 

18日以降もたくさん収穫しています。

 

 

tomato-syukaku03
7月23日 シシリアンルージュ

 

 

シシリアンルージュ、房取りできました!
全部の実が色づくまで待ちました。

 

房取りしたことはあまりないので、綺麗で感動しました。
育てて収穫し、食べられるのがとても嬉しいです♪
*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録

トマト プランター栽培の収穫

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■トマト プランター栽培の収穫

 

プランターに植えつけたトマトたちの収穫が始まりました。

 

プリンセスロゼアマルフィの誘惑の数個は既に収穫しましたが、
全体的に収穫が近くなって来ました。

 

一部のトマトは2段目で摘芯して、捻枝をしているので
ぐねぐねと曲がっていますが、大丈夫だと思います。

 

プランターのトマトたちがうっすらと色づき始めました。

 

 

tomato-syukaku001
7月6日 ピッコラカナリア 色づく

 

 

7月6日を境に、次々と色づき始めました!

 

 

tomato-syukaku002
7月11日 シシリアンルージュ

 

 

シシリアンルージュは、捻枝が一番やりやすかったです。
この後はまた捻枝の作業が待っていますが、収穫が先みたいです。
シシリアンルージュも、実が着いている段は両方とも色づき始めています。

 

 

tomato-syukaku003
7月11日 プリンセスロゼ

 

 

こちらはプリンセスロゼ、他のトマトよりも色づきが早いです。
収穫間近というよりは、収穫開始に近いです。

 

7月6日に色づきを確認したピッコラカナリア。
もうここまで色がつきました!

 

 

tomato-syukaku004
7月11日 ピッコラカナリア

 

 

他のトマトも収穫へと向かっています。
一番大きいルンゴもうっすらと。

 

 

tomato-syukaku005
7月11日 ルンゴ

 

 

ルンゴは予想以上に大きくなりました。

 

ルンゴは尻腐れが多かったです。
これは、実が大きいので、その分養分が分散するから仕方ないと思っていました。
が、どんどん尻腐れが増えてしまいました。

 

追肥のほかに、方法はないのか? と思い調べてみると、
トマトの尻腐れ予防のスプレーがあるようなので、早速買いました。

 

 

sirikusareyobo
トマトの尻腐れ予防スプレー

 

 

住友化学園芸から販売されています。950mlで800円前後。
このスプレーは、開花直後から果実直径4cmくらいに散布します。
実が大きくなってからでは、効果が薄れるようです。

 

農家さんでは、尻腐れ防止や、尻腐れが出てきてから、
追肥ではなく葉面散布でカルシウムを与えるそうです。

 

もしかしたら、葉に吹きかけても効果があるのかもしれません。

 

今のところ、効果の実感はありませんが、
大玉トマトや黒トマトも尻腐れになりやすいので、
そちらでも試してみようと思います。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ :  

トマト 栽培記録

黒トマト 着果

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

6月18日に黒トマトを畑に植え付けました。

 

前回、雨よけのビニールが短かったので、もう少し伸ばそうとしましたが、
風が強い地域なので、ビニールの面積が広いと、支柱ごと倒れるよ、
というプロのかたの助言でこのままにしておくことにしました。

 

6月18日から間があきましたが、その後トマトの様子はどうでしょうか?
7月2日に観察をしました。

 

 

kurotomato001
黒トマト 7月2日

 

 

植えつけたときよりもしっかりしてきました!

 

畑の黒トマトは、1本仕立てにする予定なので、
小さいわき芽をしっかりとっておきました。

 

 

kurotomato002
黒トマト 7月12日

 

 

7月12日に久々に畑に行った状態を見てびっくりしました。

 

さらに青々としていて、わき芽がどんどん伸びています。
細かった茎もしっかりとしていて、太いです。

 

ここまで太くなるとは思わなかったのです。
肥料が多かったのでしょうか。

 

よく見ると、株の上の部分の葉が丸まっていました。
やはり、元肥が少し多かったようです。

 

また、7月2日にすこし誘引をしただけだったので、
強風で倒れてしまった株もありました。
折れてはいませんが、枝がぐにゃっと曲がってしまいました。

 

わき芽をしっかり取って、誘引を直しました。

 

大きいわき芽は無理に取ろうとしたら、主枝まで傷めそうなので、
ハサミを使って取りました。

 

ここまで大きくしてしまうと大変でした。

 

 

kurotomato003

黒トマト 7月29日

 

 

7月29日、生育が落ち着いてきました。
緑がより濃くなり、トマトらしくなった感じがします。
ところどころの株は相変わらずぐにゃと曲がっていますが。

 

実はちゃんと着いてくれていました!

 

 

kurotomato004

黒トマト 着果 7月29日

 

 

写真の一番手前の小さな実が尻腐れ病になってしまいました。
実を摘果したり、追肥をしてこの日は終了です。

 

ここまで来れば、あとは色づいてくれるのを待つだけです。
収穫まで、もう少しです♪

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録 トマト栽培Q&A

トマト 1本仕立て 5品種

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■トマト 1本仕立て 5品種

 

この夏、トマトの2段摘芯という慣れない摘心方法をしてみましたが、
やはりトマトは1本仕立てが、管理しやすく育てやすいです。

 

今回、1本仕立てにしたトマトの株は、
アマルフィの誘惑を1株と、ピッコラカナリア、
サンマルツァーノリゼルバ、ルンゴです。

 

1本仕立ては、主枝に支柱を1本を添えて、わき芽を全て取り、
主枝だけで仕立てて実を収穫する方法です。

 

トマト栽培に慣れてきて、収穫量をもっと増やしたい場合には、
2本仕立て、3本仕立てという方法もあります。
>>トマトの2本仕立て
>>トマトの3本仕立て

 

 

tomato-tati001
ピッコラカナリア 6月18日

 

 

このように、主枝をまっすぐに仕立てるのが基本です。
サンマルツァーノリゼルバ、ルンゴも同じように行います。

 

 

tomato-tati002

サンマルツァーノリゼルバ 6月22日

 

大きいわき芽は、ていねいに取りました。
写真のように大きくなってしまうと、
わき芽を手では折りにくいですし、傷つけやすいです。

 

10cmくらいの小さいうちに取るようにしたほうが株を傷めません。
このサンマルツァーノリゼルバはシシリアンルージュと一緒に、
煮込み料理にすると抜群の美味しさです。

 

 

tomato-tati003

ルンゴ 6月22日

 

 

ルンゴも1本仕立てに仕立てて行きます。
この夏、育てている中で一番大きいトマトだと思います!

 

ここまで大きくなるとは、思ってもいませんでした。
上の部分が、少し写真に納まっていませんが、伸びています。

 

なんとなく、葉と葉の間が狭かったり、広すぎている感じがします。
そして、実を観察するとこんなことに……。

 

 

tomato-tati004

ルンゴ 尻腐れ 6月22日

 

 

早くも尻腐れです!
実が大きい分、肥料の吸収も多いみたいです。

 

大きい実を、一つ、ダメにしてしまいました。
尻腐れ病は、カルシウム欠乏、または窒素過多による、
カルシウム吸収の阻害によって起こります。

 

大玉トマトは特に起こりやすいので気をつけてくださいね。
また、上段なのに急に色付き始めたトマトは尻腐れの可能性が高いです。
よく観察してみてください。
>>トマト 尻腐れ病

 

 

tomato-tati005

ピッコラカナリア 色付き 6月22日

 

 

こちらは黄色く色付きました。
ミニトマトは尻腐れを気にしなくても良いので、気が楽です。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録

ベネチアンサンセットの生長

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■ベネチアンサンセットの生長

 

トマトの連続2段摘芯をご覧に入れましたが、こちらは少し違います。

トスカーナバイオレットシシリアンルージュなどの、
ミニトマトで連続2段摘芯を行っています。

 

こちらのベネチアンサンセットでも2段摘芯を採用しました。

その理由としては、ベネチアンサンセットは、
中玉トマト~大玉トマトに分類されていて、
中玉、大玉トマトはミニトマトより、生育の勢いが落ち着いていること、

 

また、本来、2段摘芯は、ミニトマトよりは中玉、大玉トマトに向くそうです。
ミニと、どのような違いが出るのかを試してみることにしました。

 

2段摘芯を行うので、他のトマトと同様に摘芯をします。
6月22日に第2花房の上で摘芯しました。

 

 

Venetian-Sunset1
ベネチアンサンセット摘芯後 6月22日

 

 

ベネチアンサンセットは、わき芽の伸びが遅いです。
十分な長さを確保できていないので、捻枝、わき芽の誘引は行いませんでした。

 

摘芯した部分(本来の主枝)と支柱が少し離れていて、
ベネチアンサンセットは他のトマトに比べて大きくなり、
安定感が欲しいと考えて、少しだけ誘引を強くしてあります。

 

かといって、あまり強く誘引してしまうと、
紐がトマトの茎に食い込んむこともあるので気をつけて誘因しました。

 

他のトマトと比べてみると、大分背丈が低いように感じます。
生育の勢いも、落ち着いている印象です。

 

ちなみに、隣に植えてあるのは、1本仕立てのピッコラカナリアです。

 

両方を観察していたら、ピッコラカナリアのほうが生育が旺盛で、
わき芽がたくさん出たり、生長も早かったです。

 

ピッコラカナリアは早生品種なので、特に早いほうだと思います。
他のミニトマトも同様に、生育が旺盛に感じました。

 

ベネチアンサンセットはどちらかというと、晩生なのでしょうか?
以前、大玉トマトを育てたことがありますが、

 

そのときは、ミニトマトのような生育をせず、
どちらかというと、ベネチアンサンセットのような生育をしました。

 

久しぶりに、ミニトマトと同時に育てるので、
こんなに生育の差があったのか! とびっくりしています。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録

シシリアンルージュの摘芯

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■シシリアンルージュの摘芯

 

シシリアンルージュトスカーナバイオレットなどと同様に摘芯を行いました。
2段摘芯をする予定のためです。

 

一番早く摘芯したのはシシリアンルージュでした。

 

作業をした6月13日は雨が降ったり止んだりと、不安定な天気でした。
雨の日に作業をするのはあまりよくないと言われます。

 

湿気により、わき芽や摘芯場所などの傷口が乾きにくく、
傷口から病害菌が入ってしまうことがあるそうですが、
今回は、日程的にも実験的にも、雨の日に作業してみました。

 

 

Sicilian 001
シシリアンルージュ 6月13日

 

 

使うわき芽が小さいうちに摘芯をしました。

他のトマトと違う条件は、

 

・雨の日の作業
・使うわき芽が小さい時からの摘芯

 

ということになります。

 

この日、わき芽は小さかったので誘引しませんでした。

約10日後の6月22日、仮誘引をしてあります。

 

 

Sicilian 002
シシリアンルージュ 6月22日

 

 

見た感じ、わき芽の生育が旺盛に感じます。
軽く支柱に誘引してあったので、ちょっと曲がっています。

 

この後、トスカーナバイオレットなどと同様に、捻枝をして、横に曲げました。

 

早くからの摘芯をすれば、その分栄養がわき芽にいくようなので
わき芽が伸びやすくなっていたのだと思います。

 

また、育てているほかのトマトに比べて、節と節の間が短かったので、
摘芯場所が低かったのだと思います。
わき芽は間伸びしているような状態ですが……。

 

また、雨の日に作業をしましたが、現在のところ病気の兆候はありません。
シシリアンルージュの摘芯のほかに、他のトマトのわき芽かきもしました。

 

雨天の摘心、わき芽かきは、気にしなくても良いかな? と思いましたが、
大量にトマトを育てたり、プロの農家のかたは、雨天は避けたほうが安心ですね。

 

雨の日は、トマトの茎がシャキっとしているので、捻枝はしないほうが良いです。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録

黒トマト 花壇 植え付け

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■黒トマト 花壇 植え付け

 

黒トマトは畑、プランター、庭の花壇の3箇所で育てています。
畑、プランターより遅くなりましたが、
6月20日に花壇に植え付けをしました。

 

この花壇は、外枠を作って市販の培養土を入れて作りました。
去年、同じ場所にトマトを植えましたので、連作になります。

 

今年は畑を少し広げたため、培養土を足して、土を増やしました。
土を足したとはいえ、連作になるかとと言えばなるでしょう。

 

本来、連作障害は、土の中の病害菌が偏ることで起こる障害です。
プランターなどで育てるときには、毎年土を入れ替えます。

 

畑であれば、毎年作る場所を変えることで回避します。
今回は、土を足すということで、土の中の病害菌が薄まるはずです。

 

と、いうことで、花壇に植え付けを行いました。
植えつける前に、買って来たマリーゴールドを植えました。

 

マリーゴールドはトマトのコンパニオンプランツ植物としても知られています。
近くに植えることで、生育が良くなり病害虫の被害が減らせるそうです。

 

どのように作用するか楽しみです。

 

花壇ではマルチを張らずに植え付けを行いました。
泥はねを防ぐなら、敷きワラなどで対応できると思いますが、
今のところは敷きワラなどは無いまま育てます。

 

 

kurotomato001
黒トマト植え付け 6月20日

 

 

畑、プランターに植えつけた時と同様、苗の色が薄いです。
第1花房は見えていたので、花を自分の方へ向けて植えつけました。
黒トマトは3株植え付けました。

 

 

kurotomato002
黒トマト 3株

 

 

仮支柱を立てて、一度誘引しました。
たっぷりと水を与えて完成です。

 

畑、プランターとは違い、庭の黒トマトは連作になりました。
もともと黒トマトは固定種なので病害に弱いという性質があります。

 

また、接ぎ木せず、自根で育てるので、抵抗性も少ないです。
連作、ということもあり、病気にかかりやすくなっているかと思います。

 

 

A
雨除けは、既に作ったブドウの棚にしてあげようと思います

 

 

この黒トマトが、無事、収穫を迎えるようにしたいですね。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ :  

トマト 栽培記録