トマト 育て方

トマトの育て方.com

芯止まりとは?

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク

生理障害としての芯止まりは、一大事です!

 

 

トマトなどの野菜の育て方を見ていると「芯止まり」という言葉が出てきます。
実はトマト栽培では、この芯止まりという言葉は、とても重要です。

 

芯止まりとは、いったいどのような意味なのでしょうか。

また、生理障害で起きた場合には、どのように対処すれば良いのでしょう?


 

タグ :

トマト栽培Q&A

トマト 暴れるときの対策

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク

トマトを育てていると、樹勢が強く茎や葉がどんどん生長して、暴れることがあります

 

 

樹勢が弱いときも不安になりますが、

誘引や脇芽かきが間に合わないほど暴れると、どうすれば良いのか困ります。

 

トマトの樹が暴れた時、どのような対策をしたら良いのでしょうか。


 

タグ :  

トマト栽培Q&A

トマト 梅雨対策

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク

大玉トマトホーム桃太郎の実たちが裂果しないよう対策中です

 

 

[トマト 梅雨対策]

 

トマトは、雨や過湿が苦手で、太陽の光が大好きな野菜です。

ですので梅雨の天候のせいで、トマトが不調に陥ってしまうことがあります。

梅雨どきには、トマトの栽培環境を整える対策をしておきましょう。

具体的で効果的な対策をご紹介していきます。


 

タグ : 

トマト栽培Q&A

トマト 第一花房を切ったら?

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク

トマトは、第一花房がとても大切だといわれています

 

 

その重要な第一花房を、うっかり切ってしまったら、とても焦りますよね。

第一花房を切ってしまったら、どのように対策すれば良いのでしょう?


 

タグ : 

トマト栽培Q&A

トマト 葉がしおれるのは?

読了までの目安時間:約 9分

 

スポンサードリンク

トマトの葉がしおれてくると心配です

 

 

元気に育っているトマトの葉がしおれてくることがあります。

トマトの葉がしおれるのには、さまざまな原因があります。

 

容易に復活することができる原因から、致命的な原因までを6項目に分け、

対策とともに、わかりやすく説明していきます。

 

元気なトマトを栽培するために役立ててくださいね。

 


 

タグ :  

トマト栽培Q&A

窒素過剰

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク

全体に色が濃く茎が太く葉が大きい、芯止まりも見られます

 

 

トマト栽培では、色々な養分が必要になります。
必要な分が足りないと、欠乏症になることもあるので、注意が必要です。

 

欠乏症になると、様々な症状や不具合が出ますが、
実は養分が多すぎて過剰になっても、良いことはありません。

 

今回は、養分の基本となる窒素が多い場合の、窒素過剰についてまとめました。


 

タグ :

トマト栽培Q&A

トマト プランター 雨対策

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク

裂果したトスカーナバイオレット

 

 

トマト栽培では、雨よけすると良いと言われます。
これはプランター栽培でも同じことです。

 

プランターで育てているトマトを雨ざらしにすると、
どのようなことが起こるのでしょうか。

また、お勧めの雨対策もご紹介します。


 

タグ :  

トマト栽培Q&A

雨の整枝

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

雨の日のトマトは、ちょっと芸術品!

 

 

雨降りの日が続くと、菜園の作業を行うのも雨天になることがあります。
トマト栽培では色々な作業がありますが、
その中でも整枝は、雨の日に行わない方が良い作業の1つです。

 

では、雨が降っている時にトマトの整枝をすると、
どのようなデメリットがあるのでしょうか。


 

タグ :

トマト栽培Q&A

ミニトマト 受粉

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

ミニトマトも人工授粉すると、たくさん実ります(アイコ

 

 

ミニトマトでも、受粉の仕方は普通のトマトと同じです。

 

トマトは、一番花=最初に咲く花の受粉がとても大切ですし、
実をつけるのには受粉が必要なので人工受粉をして着果させましょう。


 

タグ : 

トマト栽培Q&A

低温障害

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク

管理人宅で、低温にあったと思われるトマト苗、植え付けても調子が良くありません

 

 

トマトは、プロの農家だけでなく、家庭菜園でもとても人気のある野菜です。

 

夏の暑さと乾燥に比較的強く、丈夫で育てやすいため、
家庭菜園でも選ばれることが多いのでしょう。

 

けれど、そんなトマトにも障害が出ることがあります。
特に低温期には、低温障害が起こる可能性が高くなります。

 

トマトの低温障害の症状や対策などをまとめました。


 

タグ :

トマト栽培Q&A

1 2 3 20