トマト 育て方

トマトの育て方.com

ベネチアンサンセットの生長

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■ベネチアンサンセットの生長

 

トマトの連続2段摘芯をご覧に入れましたが、こちらは少し違います。

トスカーナバイオレットシシリアンルージュなどの、
ミニトマトで連続2段摘芯を行っています。

 

こちらのベネチアンサンセットでも2段摘芯を採用しました。

その理由としては、ベネチアンサンセットは、
中玉トマト~大玉トマトに分類されていて、
中玉、大玉トマトはミニトマトより、生育の勢いが落ち着いていること、

 

また、本来、2段摘芯は、ミニトマトよりは中玉、大玉トマトに向くそうです。
ミニと、どのような違いが出るのかを試してみることにしました。

 

2段摘芯を行うので、他のトマトと同様に摘芯をします。
6月22日に第2花房の上で摘芯しました。

 

 

Venetian-Sunset1
ベネチアンサンセット摘芯後 6月22日

 

 

ベネチアンサンセットは、わき芽の伸びが遅いです。
十分な長さを確保できていないので、捻枝、わき芽の誘引は行いませんでした。

 

摘芯した部分(本来の主枝)と支柱が少し離れていて、
ベネチアンサンセットは他のトマトに比べて大きくなり、
安定感が欲しいと考えて、少しだけ誘引を強くしてあります。

 

かといって、あまり強く誘引してしまうと、
紐がトマトの茎に食い込んむこともあるので気をつけて誘因しました。

 

他のトマトと比べてみると、大分背丈が低いように感じます。
生育の勢いも、落ち着いている印象です。

 

ちなみに、隣に植えてあるのは、1本仕立てのピッコラカナリアです。

 

両方を観察していたら、ピッコラカナリアのほうが生育が旺盛で、
わき芽がたくさん出たり、生長も早かったです。

 

ピッコラカナリアは早生品種なので、特に早いほうだと思います。
他のミニトマトも同様に、生育が旺盛に感じました。

 

ベネチアンサンセットはどちらかというと、晩生なのでしょうか?
以前、大玉トマトを育てたことがありますが、

 

そのときは、ミニトマトのような生育をせず、
どちらかというと、ベネチアンサンセットのような生育をしました。

 

久しぶりに、ミニトマトと同時に育てるので、
こんなに生育の差があったのか! とびっくりしています。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録

アマルフィの誘惑 1本仕立てと……

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■アマルフィの誘惑 1本仕立てと……

 

アマルフィの誘惑、中玉トマトは、
1本仕立てと2段摘芯をしてみることにしました。

 

1本仕立ては、わき芽を全て取って、
1本で仕立てるトマト栽培では、いちばん一般的な方法です。

 

2段摘芯は、トスカーナバイオレット、プリンセスロゼと同様に、
わき芽を育て、2段目で摘芯して、またわき芽を伸ばして、
2段目で摘芯を繰り返して行います。

 

6月18日、雨が続き、手入れすると傷口から菌が入りやすく見送ったので、
わき芽が伸びて茂っています。

 

 

tomato_amalfi1
アマルフィの誘惑 6月18日

 

 

1本仕立てにするのは左の株、2段摘心法をするのは右の株です。
この日は、まず、わき芽を取りました。

 

覆い茂って、よく分からないことになっていますので、整頓します。
1本仕立てをする株はわき芽を全て取りました。

 

少し、わき芽が大きかったので、ハサミで切りました。
それ以外は手で取りました。

 

2段摘芯をする株は、使うわき芽以外を取り、
第2花房の上で摘芯してわき芽を捻りつつ、横に曲げました。

 

前回観察をしたときは、チッソ過多で葉が丸まっていたのですが、
しばらくしたら直りました。

 

雨が降ったので、肥料分が流れたのかもしれません。
これで、ひとまず安心しました。

 

この日は1本仕立てのわき芽を整頓しつつ、
2段摘芯の摘芯、捻枝を行って終わりました。

 

次に、6月22日にもう一度観察しました。

 

 

tomato_amalfi2
アマルフィの誘惑 6月22日

 

 

1本仕立ての方は、どんどん上に伸びていくので、写真に納まりませんでした。
2段摘芯の方は、しっかりと曲げたはずですが、上を向き始めています。

 

こうなるものなのでしょうか?
とりあえずもう一度捻って曲げて、横を向くようにしました。

 

アマルフィの誘惑もうっすら色づいてきました。

 

 

tomato_amalfi3
トマトの色づき

 

 

アマルフィの誘惑は、綺麗な丸で、赤色になるのですが、
このトマトはやや縦に長いです。

 

うーん、何故でしょう、雨が続いたくらいで、
水分が多かったことぐらいしか思い当たりません。

 

フルーツトマトを作るときは、水を切ることで実が小さくなるので、
逆に、水が多ければ実が大きくなるのかもしれませんが裂果しやすくなりそうです。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録

キャロルパッション

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク

ccarolpassion

キャロルパッション

 

 

キャロルパッションは、弾けるようなみずみずしさと、
大玉トマトなみのコクと旨みが凝縮されたミニトマトです。

 

サカタが交配して作った品種ですが、
もともとキャロルという品種は存在していました。

 

品種改良を重ね、メリハリのある味わいと鮮やかで情熱的な赤い色の、
ミニトマトという意味を込め、キャロルパッションと名づけられました。

 

キャロルパッションは、サカタの創業100周年に作られた品種のため、
100周年記念品種として売り出されました。

 

見た目は少し小ぶりで、1玉が10g~15gほどのミニトマトです。
大きすぎないので、お弁当などの彩りとして添えるのにも便利です。

 

実は小さくても、味が濃厚なのがキャロルパッションの最大の魅力です。
甘みは強いものの、ほどよう酸味もあるので、食べていて飽きません。 

 

たくさん収穫できたら、生のままたくさん食べても飽きませんし、
ピクルスなどにしてもおいしいです。

 

色が鮮やかな赤で、表面には光沢があるので、
料理の添え物としても力を発揮します。

 

粒が小さいミニトマトは、皮が厚く口に残ることがありますが、
キャロルパッションは皮が薄めで食べやすいのが特徴です。
皮は薄くても果肉が厚く、味が濃いので食べ応えもあります。

 

トマト栽培で皮が薄いと裂果が心配になりますが、
キャロルパッションは裂果にも強い特徴があります。

 

そのため、ハウスなどではなく露地栽培でもきちんと収穫できます。
また、様々な病気に対して耐病性があるのも魅力の1つです。

 

ミニトマトがかかりやすい、萎凋病、根腐萎凋病、葉かび病、
斑点病、モザイク病などに対抗性があるので、
できる限り無農薬で育てたいと考えている方にもお勧めできます。

 

葉が少し小さめなので、風通しが悪くなりにくく、
特に手を施さなくても病害虫にかかりにくい環境に育ちます。

 

またセンチュウ類にも抵抗があるのも、キャロルパッションの強みです。
病気や寄生されると枯死することもあるセンチュウ類にも抵抗があるので、 

初心者の方にも育てやすい品種となっています。

 

家庭菜園ではハウス栽培をすることが少なく、基本的には露地栽培になります。
露地で育てても、裂果が少なく耐病性・耐虫性のある、
キャロルパッションは、家庭菜園の強い味方です。

 

耐病性もあって育てやすい、実もおいしいとなると、
気になるのは収穫できる量ですね。

 

キャロルパッションは、1房につける実の量が多く、鈴なり状態となります。
しかも下段から花付きが安定しているため、わざわざ摘花する必要もありません。 

 

過繁茂の状態になると出やすい、
めがね茎や窓あき茎と呼ばれる異常茎になりにくいのも特徴です。

 

異常茎が発生すると、それ以降の花芽の発達が悪くなったり、
実付きが悪くなるなどの症状が出ることがあります。

 

異常茎が起きにくいということは、安定した収穫を期待できるということです。
上手に育てれば、1房で20個~30個の実を収穫することができます。

 

真っ赤に完熟しても裂果しにくいので、
鈴なり状態の房ごと収穫することも夢ではありません。

 

 

[キャロルパッション]

 

 

■特徴

 

・1玉10g~15gと小ぶりで丸い形をしています。

 

・皮は薄く、果肉が厚めでしっかりとしています。

 

・糖度は平均して7度~8度あり、ミニトマトとしては高めです。

 

・糖度が高い中に酸味もあり、コクと旨みが強いので食べ飽きません。

 

・実がよく締まって裂果が出にくいです。

 

・1房につく花数が安定していて、摘花は必要ありません。

 

・1房で20個~30個とたくさんの実を収穫できます。

 

・萎凋病、根腐萎凋病、モザイク病、斑点病、葉かび病に耐病性があります。

 

・センチュウ類に耐虫性があります。

 

・異常茎の発生が少ないです。

 

 

■栽培のコツ

 

・栽培初期は草勢が強めで、中~後半は少し抑え気味になるので、
草勢の具合を見ながら追肥を行い、草勢を保つようにします。

 

・節と節の間がやや広くなるので、斜めに誘引すると距離を稼げます。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ :

トマト栽培Q&A

人気の記事!