トマト 育て方

トマトの育て方.com

トマト プランター栽培の収穫

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■トマト プランター栽培の収穫

 

プランターに植えつけたトマトたちの収穫が始まりました。

 

プリンセスロゼアマルフィの誘惑の数個は既に収穫しましたが、
全体的に収穫が近くなって来ました。

 

一部のトマトは2段目で摘芯して、捻枝をしているので
ぐねぐねと曲がっていますが、大丈夫だと思います。

 

プランターのトマトたちがうっすらと色づき始めました。

 

 

tomato-syukaku001
7月6日 ピッコラカナリア 色づく

 

 

7月6日を境に、次々と色づき始めました!

 

 

tomato-syukaku002
7月11日 シシリアンルージュ

 

 

シシリアンルージュは、捻枝が一番やりやすかったです。
この後はまた捻枝の作業が待っていますが、収穫が先みたいです。
シシリアンルージュも、実が着いている段は両方とも色づき始めています。

 

 

tomato-syukaku003
7月11日 プリンセスロゼ

 

 

こちらはプリンセスロゼ、他のトマトよりも色づきが早いです。
収穫間近というよりは、収穫開始に近いです。

 

7月6日に色づきを確認したピッコラカナリア。
もうここまで色がつきました!

 

 

tomato-syukaku004
7月11日 ピッコラカナリア

 

 

他のトマトも収穫へと向かっています。
一番大きいルンゴもうっすらと。

 

 

tomato-syukaku005
7月11日 ルンゴ

 

 

ルンゴは予想以上に大きくなりました。

 

ルンゴは尻腐れが多かったです。
これは、実が大きいので、その分養分が分散するから仕方ないと思っていました。
が、どんどん尻腐れが増えてしまいました。

 

追肥のほかに、方法はないのか? と思い調べてみると、
トマトの尻腐れ予防のスプレーがあるようなので、早速買いました。

 

 

sirikusareyobo
トマトの尻腐れ予防スプレー

 

 

住友化学園芸から販売されています。950mlで800円前後。
このスプレーは、開花直後から果実直径4cmくらいに散布します。
実が大きくなってからでは、効果が薄れるようです。

 

農家さんでは、尻腐れ防止や、尻腐れが出てきてから、
追肥ではなく葉面散布でカルシウムを与えるそうです。

 

もしかしたら、葉に吹きかけても効果があるのかもしれません。

 

今のところ、効果の実感はありませんが、
大玉トマトや黒トマトも尻腐れになりやすいので、
そちらでも試してみようと思います。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ :  

トマト 栽培記録

黒トマト 着果

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

6月18日に黒トマトを畑に植え付けました。

 

前回、雨よけのビニールが短かったので、もう少し伸ばそうとしましたが、
風が強い地域なので、ビニールの面積が広いと、支柱ごと倒れるよ、
というプロのかたの助言でこのままにしておくことにしました。

 

6月18日から間があきましたが、その後トマトの様子はどうでしょうか?
7月2日に観察をしました。

 

 

kurotomato001
黒トマト 7月2日

 

 

植えつけたときよりもしっかりしてきました!

 

畑の黒トマトは、1本仕立てにする予定なので、
小さいわき芽をしっかりとっておきました。

 

 

kurotomato002
黒トマト 7月12日

 

 

7月12日に久々に畑に行った状態を見てびっくりしました。

 

さらに青々としていて、わき芽がどんどん伸びています。
細かった茎もしっかりとしていて、太いです。

 

ここまで太くなるとは思わなかったのです。
肥料が多かったのでしょうか。

 

よく見ると、株の上の部分の葉が丸まっていました。
やはり、元肥が少し多かったようです。

 

また、7月2日にすこし誘引をしただけだったので、
強風で倒れてしまった株もありました。
折れてはいませんが、枝がぐにゃっと曲がってしまいました。

 

わき芽をしっかり取って、誘引を直しました。

 

大きいわき芽は無理に取ろうとしたら、主枝まで傷めそうなので、
ハサミを使って取りました。

 

ここまで大きくしてしまうと大変でした。

 

 

kurotomato003

黒トマト 7月29日

 

 

7月29日、生育が落ち着いてきました。
緑がより濃くなり、トマトらしくなった感じがします。
ところどころの株は相変わらずぐにゃと曲がっていますが。

 

実はちゃんと着いてくれていました!

 

 

kurotomato004

黒トマト 着果 7月29日

 

 

写真の一番手前の小さな実が尻腐れ病になってしまいました。
実を摘果したり、追肥をしてこの日は終了です。

 

ここまで来れば、あとは色づいてくれるのを待つだけです。
収穫まで、もう少しです♪

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録 トマト栽培Q&A

ステラミニトマト

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク

sutera

ステラミニトマト

 

 

ステラミニトマトは、ミニトマトとしては珍しい固定種です。
ミニトマトに限らず、植物には固定種とF1種があります。

 

固定種を育てた実からとった種を播くと、また親と同じ性質の植物が育ちます。
F1種は、種をとって播いたとしても、親と同じ性質が出にくいです。

 

品種改良を重ねたものであるほどF1種であることが多く、
ミニトマトもF1種の方が多い植物の1つです。

 

固定種が原種かというと、それはまた別の話なんですね。
品種改良を行って作った品種でも、その後さらに研究を続けていくことで、
親と同じ性質のものが育つように固定させたものも固定種に含まれます。

 

ステラミニトマトは、まだほどんどのミニトマトがF1種であった時代に、
固定化することに成功した、とても貴重なトマトです。

 

ミニトマトの固定種には、ステラミニトマトの他に、
シュガーランプレジナ、レッドペアなどがあります。

 

ステラミニトマトは、キレイな丸い形をしていて、
1玉が15gくらいのミニトマトとしてちょうど良いサイズをしています。

 

色も真っ赤でツヤがあり、木に熟している姿を見るだけでも、食欲をそそります。
小ぶりではあるものの、果肉はとてもしっかりとしていて厚みがあるため、
木の上で熟させても裂果が少ないのが特徴です。

 

家庭菜園でミニトマトを育てる時は、しっかりと熟してから収穫し味わいたいですね。
ステラミニトマトなら、その樹上完熟が実現できます。

 

味は甘みが強く、糖度は8度ほどとフルーツトマトなみですが、
ほんのりと酸味もあるため、後味が甘ったるくならずにいくつでも食べられます。

 

育て方によっては、さらに糖度を上げて10度以上にすることも可能です。
こうなると野菜というよりは、やはりフルーツと言った方がしっくりきます。

 

樹勢は旺盛なので、ミニトマト栽培が初めての方でも育てやすいかと思います。
1段目からそれなりに着果して収穫できるので、
早いうちから収穫の喜びを得ることができます。

 

1段目~3段目までは、1段につき10個~12個の実がつくことが多いです。
4段目以降になると、株が充実するためさらに着果する実の数が増えます。

 

1段に20個以上も着果することがあり、中には花房が二股になることもあります。
それまで1本の軸に実がついていたのに、
突然軸が二股になってそれぞれに実がつくとびっくりしますが、
病気や異常ではないので安心してください。

 

栽培後半まで草勢が落ちにくいので、最後まで実を収穫することができます。
ただ、花房が立派な上、二股になることもあるため、支柱への誘引は必須です。

 

長く伸びてきたにも関わらず、支柱に誘引せずに放置していると、
たくさんの実がついて重くなった花房が風によってあおられ、
主軸からぼっきり折れてしまうことがあります。

 

また、折れるところまでいかなくても、ぐにゃりと曲がってしまうことがあります。
主軸が曲がって垂れ下がった後、
上へ伸びようと余計な力を使ってしまい、生育が落ちることがあります。

 

主軸が伸びて支柱から少し離れ気味になってきたなと思ったら、
紐などを使って支柱に誘引し、風にあおられたりしないようにしておきましょう。

 

固定種なので、収穫した実から種をとって保存しておけば、
翌年にまた種から育てることも可能です。

 

 

[ステラミニトマト]

 

 

■特徴

 

・1玉15gほどで、真ん丸な形をしています。

 

・表面は真っ赤に色づき、お弁当やサラダの彩りにもぴったりです。

 

・糖度が8度以上と高く、やや酸味もあるので後引くおいしさです。

 

・熟しても裂果が少ないので、樹上完熟させて収穫することができます。

 

・果肉が厚く旨みも濃いので小ぶりでも食べ応えがあります。

 

・水分調整をして育てることで、糖度を10度以上にすることも可能です。

 

・生育は旺盛なので育てやすい品種です。

 

・3段目までは1段に10個~12個着果し、4段目以降は1段に20個以上つくこともあります。

 

・4段目以降では、花房が二股に分かれることもありますが、異常や病気ではありません。

 

 

■栽培のコツ

 

・一般的なミニトマトの育て方に準じます。

 

・花房が重くなることがあるので、支柱は必ず立てます。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ :

トマト 品種

人気の記事!