ミニトマト 厚焼き玉子

トマトの育て方.com

ミニトマトの厚焼き玉子

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


混ぜて焼くだけ! パンにもご飯にも合います。

 

 

■ミニトマトの厚焼き玉子

 

ミニトマトを育てていると、案外たくさん収穫できることがあります。
そんな時、サラダにして食べるだけでは、大量消費できません。

 

ここは思い切って、火を使った料理に使ってみましょう。
材料をどんどん混ぜていくだけなので、とても簡単です。

 

火が通ったミニトマトが、意外なことにトマト臭さが減り、
変わりに味が濃厚になります。

 

水分の多いミニトマトを卵焼きに入れると、水っぽくなりそうですが、
反対に余分な水分が減って、甘酸っぱさが増します。

 

見た目は和風の厚焼き玉子ですが、味は洋風です。
ご飯にはもちろん、パンにも合うので、
トーストした食パンに挟むだけでも、おいしいサンドイッチを作れますよ。

 

●材料

ミニトマト……100g(5~7個))
ピーマン……2個

卵……3個
粉チーズ……大さじ2
ブラックペッパー……少々

 

●作り方


1.ミニトマトは洗ってヘタをとり、半分に切ります。
ピーマンは中の種を取り除き、1cm角に切ります。

 

 


2.ボウルに卵を割り入れ、軽く溶きほぐします。
そこに粉チーズを加えてよく混ぜ、ブラックペッパーとトマト、ピーマンも加えてよく混ぜます。

 

 


3.温めたフライパンに卵液を流し入れ、

ピーマンとミニトマトが偏らないように調整してからフタをして、強めの弱火で焼きます。
途中、一度ひっくり返したら、フタをせずに焼き、焼き色がついたら完成です。

 

●ポイント

粉チーズがたっぷりと入っているので、塩は加えていません。
塩気が足りない場合は、少し塩を足してください。
あるいは、仕上げにケチャップなどをかけてもおいしいです。

 

ブラックペッパーはお好みなので、苦手な方は入れなくても問題ありません。

 

お好みで、ハーブを加えてもおいしいです。
お勧めはバジルです。
摘みたてを細かく刻んで加えても良いですし、乾燥バジルでも風味が生きます。

 

写真は、玉子焼き器を使って焼きましたが、
18cmくらいの丸いフライパンでもできます。

 

卵液は焦げやすいので、火加減は調整してください。

 

分量に油は入っていませんが、テフロン加工のフライパンを使う場合でも、
薄く油をひいていた方が、きれいにひっくり返せます。

 

*こちらもお勧め↓
・青いトマトのピクルス
・トマトのオーブン焼き
・トマトピラフ 炊飯器で!
・トマト餃子
・青いトマトのレシピ
・トマトとチーズのマリネ
・トマトトースト
・トマトの胡麻ドレ スパサラダ


スポンサードリンク

 

タグ : 

トマト 料理・レシピ

この記事に関連する記事一覧

■人気の記事!

«  | ホーム |  »