CFプチぷよ

トマトの育て方.com

CFプチぷよ

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク

CFプチぷよ

 

 

CFプチぷよは、株式会社渡辺採種場が改良して作ったミニトマトの品種です。

 

従来のミニトマトにはない食感を実現したというCFプチぷよには、
どのような特徴があるのでしょうか。また、育て方には何かコツがあるのでしょうか。

 

[CFプチぷよ]

 

 

◎小ぶりで可愛らしいおいしいミニトマト
CFプチぷよは、豊円形でころんとした形が可愛らしいミニトマトです。
表面は濃い赤色で、つやつやとしていて何もしていなくても輝いています。

 

一般の品種よりも少し小ぶりなこと、色が濃いこと、つやが強いこと、
形が可愛らしいことから、他の品種との差別化をはかることができます。
そのため、出荷用として栽培するのにも適しています。

 

1粒の大きさが一般的なミニトマトよりも少し小さ目なのが特徴です。
この小さな実の中に、ミニトマトの甘みと旨みがぎゅっと詰まっています。

酸味がそれほど強くなく、甘みが強いです。

 

この強くない酸味が、さらに甘みを強めているように感じます。
ミニトマトは酸っぱくて苦手という方に、ぜひ食べてみてほしい品種の1つです。

 

見た目が可愛らしく、甘くておいしいCFプチぷよですが、
実は一番の特徴はそれ以外にあります。

 

CFプチぷよを指でつまんでみると、
他のミニトマトに比べてとても柔らかいことが分かります。

 

果肉が柔らかくとけたようになっているわけではなく、
ぷにぷにと弾力のある触感をしています。

 

まるで赤ちゃんのほっぺのような、柔らかい感触が病みつきになりそうです。

CFプチぷよは表皮が薄く柔らかく、しかも弾力があるため、独特の食感があります。

 

口に皮が残りにくいので、食べにくいということもありません。
酸味と同じように、皮が口に残るのが苦手な方にも、食べてほしいです。

管理人の親も子供も、とっても好きなトマト品種です。

 

 

 

 

◎果皮が柔らかいのに裂果が少ない
CFプチぷよは赤ちゃんのほっぺのように皮が薄く、
柔らかい食感をしていますが、この皮は意外と丈夫で、裂果しにくい性質を持っています。

 

抑制栽培では栽培中の裂果が増えやすくなることがあります。
裂果した実が多いと、それだけ商品価値のない実が多くなり、収量は激減します。

 

その点、CFプチぷよは果皮が丈夫で裂果しにくいため、
抑制栽培にも向く品種となっています。

 

葉かび病に抵抗性を持っています。
葉かび病はハウスなどの施設栽培では周年発生する可能性があります。

 

そのため、ハウス栽培で育てるなら、葉かび病への抵抗性は必須となります。

ただ、抵抗性があるだけで、絶対にかからないというわけではないので、
基本的な防除は必要となります。

 

 

 

 

◎作型が広く家庭菜園でも
抑制栽培に適した性質を持ったCFプチぷよですが、栽培できる作型はとても広いです。

 

抑制栽培はもちろん、加温の半促成栽培、無加温の半促成栽培、
雨よけ早熟栽培、雨よけ夏秋栽培と、かなり広い作型で栽培が可能です。

 

すべての作型は、ハウスでの栽培が基本となりますが、
簡易的なハウスを利用すれば、家庭菜園でも十分育てることができます。

 

草勢は強めですが、暴れすぎて困ることはありませんし、
上段までしっかりと花が咲きます。

 

ただ、前半に体力を使いすぎると、後半にバテることがあります。
開花数は減らないものの、着果数が急激に減ることがあるので、
草勢のコントロールには注意が必要です。

 

 

■特徴

 

・小ぶりで可愛らしいミニトマトです。
・ころんとした丸い形が可愛らしいです。
・濃い赤色でつやがあります。
・糖度が高く、ほどよい酸味によってさらに甘さが引き立ちます。
・表皮が薄くて柔らかいため、赤ちゃんのほっぺのようなぷにぷにとした触感があります。
・皮は薄くて柔らかいが、弾力があって丈夫なので裂果の発生が少ないです。
・葉かび病に抵抗性があるため、ハウスなどの施設栽培でも安心です。
・ハウス加温半促成栽培、ハウス無加温半促成栽培、
ハウス雨よけ早熟栽培、ハウス雨よけ夏秋栽培、ハウス抑制栽培に適しています。
・ハウスを利用した作型に適していますが、
簡易のハウスを使うことで家庭でも育てることができます。

 

 

■栽培のコツ

 

・基本の育て方は、一般のミニトマトと同じです。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方


スポンサードリンク

 

タグ :

トマト 品種

この記事に関連する記事一覧

■人気の記事!