ジャングルトマト

トマトの育て方.com

ジャングルトマト

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク

ジャングルトマト

 

 

ジャングルトマトは、トキタ種苗が改良して作った、ミニトマトの品種です。
実は普通のミニトマトのように見えますが、栽培時の草姿に特徴があります。

 

ジャングルトマトが持っている特徴や、栽培のコツをご紹介します。

 

 

[ジャングルトマト]

 

 

■ジャングルトマト

 

◎甘くて食べやすいプラム形
ジャングルトマトは、1個が15g~22gほどになるミニトマトです。
実の重さとしては、一般的なミニトマトと同じか、少し重いくらいですが、
やや縦長の楕円形をしているので、重さよりはスマートに見えるかもしれません。

 

ミニトマトといえば、一昔前までは丸い形のものしかありませんでしたが、
近年はジャングルトマトのような、プラム形をしたものも増えてきました。

 

丸いミニトマトよりも縦に長い分、口に含みやすく、
口が小さな女性や子どもでも食べやすいのが魅力です。

 

ジャングルトマトは、糖度も比較的高く8度くらいまでは簡単に上がります。
ほどよく酸味もあるので、パクパクとたくさん食べても飽きることがありません。

 

 

サラダに美味しく食べやすいです

 

 

◎脇芽放任で大量収穫
一般的なミニトマトは、脇芽が発生した場合は摘み取るのが基本です。
ところが、ジャングルトマトは脇芽にも果房ができて収穫が可能となるため、
脇芽は基本的に放任して育てます。

 

この点では、一般的なミニトマトと異なりますが、栽培時期や定植時期などは、
一般のミニトマトの育て方とさほど変わりません。

 

むしろ脇芽を気にする必要がない分、
脇芽の摘み忘れによる過繁茂が起こりにくいです。

 

万が一生長点が折れてしまっても、脇芽を放任して育てているので、
生育の回復が早く、収量に影響が出にくいのもメリットです。

 

1株で150個以上の実が収穫できる品種のため、
通常と同じ肥料管理では、肥料切れを起こすことがあります。
株の状態を見ながら、追肥を行うのがポイントです。

 

◎地這いでもネット誘引でも
脇芽を放任して育てるため、支柱を使っての1本仕立てとは、
まったく違った仕立て方で育てます。
支柱は使わず、地面を這わせるように仕立てる地這い栽培が可能です。

 

地這い栽培を行う場合は、泥の跳ね返りや地面からの蒸れを防ぐため、
マルチを利用した栽培がお勧めです。

 

地面に這わせると、風通しの悪さが気になるという場合は、
ネットへの誘引がお勧めです。

 

キュウリなどのつる植物を育てる用の、100mm角のネットを設置し、
そこに誘引していきます。

 

地這いと同様、脇芽は放任で育てますが、予定している栽培エリアや、
ネットをはみ出た場合は、邪魔にならない程度に摘み取って整理します。

 

枝が重ならないようにネットに誘引することで、
葉と葉や枝同士が重なって風通しが悪くなるのを防ぎ、
収穫適期となった実を探すのも容易になります。

 

 

 

 

■特徴

 

・1個が15g~22gほどになるミニトマトの品種です。
・やや縦長の楕円形で、人気のプラム形で食べやすいです。
・糖度8度以上になり、ほどよい酸味もあって食べ飽きません。
・脇芽を放任して栽培できるので、脇芽摘みの作業が不要です。
・脇芽の部分にも果房が発生するので、収量が多く1株で150個の収量が期待できます。
・脇芽を育てているので、枝が折れても果房発生の場所が複数あるので、
収量に大きく影響せずに回復できます。
・マルチを利用した地這い栽培が可能です。
・つる性植物用の100mm角ネットを利用しての栽培も可能です。
・ネット栽培の場合は、枝が重ならないように誘引し、
ネットからはみ出た不要な枝や葉は摘んで整理します。
・実が赤くなったら収穫ですが、
ある程度全体が赤くなってきたら一斉収穫を行っても良いでしょう。

 

 

■栽培のコツ

 

・播種や定植の時期は、一般の夏秋栽培と同じです。
・脇芽を放任するため、着果数が多くなるので、肥料切れには注意します。
・追肥は2番目の花房に着果が見られたら開始します。
・地植えと容器栽培の両方が可能です。
・地植えの場合は、株間を80cmとって植え付けます。
・容器栽培の場合は、
大型プランターであっても1つのプランターに1株が目安となります。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方


スポンサードリンク

 

タグ :

トマト 品種

この記事に関連する記事一覧

■人気の記事!