トマト 誘引

トマトの育て方.com

トマト 誘引

目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

hurutexika

トマトの重みで倒れないように支柱に誘引していきます

 

 

トマトを栽培するときには、支柱を立て誘引することが必要です。
誘引の意味と詳しい方法、場所をご紹介します。

 

 

[トマト 誘引]

 

 

■誘引の意味

 

トマトは地這いで栽培することもあります。
それはジュースなど加工用のトマトを栽培するときに多いです。

 

一般的なトマトを育てる場合は支柱を立てて、まっすぐに栽培します。
支柱は1~3本で立てられますが、それだけでは苗は倒れてしまいます。

 

ここで必要になるのが誘引です。
誘引とは、茎、つるを支柱に導き結びつけ、
生長の向きや株のバランスなどを良くすることを意味します。

 

トマトは、支柱に茎を紐で結び付け、
倒れないように、元気に生長させるために誘引を行います。

 

 

■誘引の仕方

 

麻紐、ビニール紐、梱包紐などがありますが、ヒモ状のものであれば何でも良いです。
あまり細い紐を選ぶと茎に食い込んだり、茎を傷つけてしまうので、
少し太い、横幅のあるものを選びます。

 

麻紐であれば、栽培が終わったときに、
そのまま土に混ぜ込むこともできますので便利です。

 

 

yuin

誘引の紐の結び方

 

 

紐は8の字にゆるく結びます。

誘引の仕方ですが、紐をクロスさせて、
8の字を作って誘引するようにします。

 

クロスさせずに誘引すると、支柱に当たります。
支柱と苗が擦れて、茎に傷ができてしまいます。
傷をつけないために8の字に結び誘引するわけです。

 

誘引するときにはぎゅっと締めずに、ゆるく結びます。
強く結んでしまうと、トマトが育つ過程で茎も太くなりますので、
茎に紐が食い込んで、最悪の場合はその場所から折れてしまいます。

 

結ぶときには、強い力で締め付けないように注意してください。

 

 

yuinB

花房の真下で結ぶと良いです

 

 

■誘引する場所

 

やみくもに誘引するのではなく、誘引し結ぶのに適した場所があります。
それは、花房の真下です。

 

たまに花房の真上を結んだり、別のところに誘引する方が居ますが、
実が着いてきて、重さで倒れないようにするために、花房すぐ下を誘引します。

 

どの段も花房下を誘引するので、
6段花房まで収穫するのであれば6箇所くらいです。
必要に応じて、第1花房より下を固定するために誘引するときもあります。

 

苗がある程度育つまでは、花房下にこだわらなくても構いません。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方


スポンサードリンク

 

タグ : 

トマト栽培Q&A

■人気の記事!