トマト 育て方

トマトの育て方.com

トマトの害虫

読了までの目安時間:約 8分

 

スポンサードリンク

home-momotaro

今年の大玉トマトは害虫にやられず、かなり上出来です

 

 

[トマトの害虫]

 

 

トマトは様々な害虫に狙われる野菜です。
大切に育てたトマトを、虫に先に食べられてしまったり、
トマトの株を弱らせてしまっては残念です。

 

害虫は防虫ネットなどをかぶせるだけでも、
かなり予防することができます。

 

特にガの仲間などは、ネットがあると卵を産み付けられないため、
発生がかなり少なくなります。

 

それでも、害虫が発生してしまうことがありますので、
トマトにつく可能性のある害虫を知り、対処法を覚えておきましょう。

 

 

■汁を吸う害虫

 

トマトの葉や新芽、茎などに付いて汁を吸うタイプの害虫です。
このタイプの害虫は、虫自体が小さく、
一見すると影響が少ないように思えます。

 

ところが繁殖力が強いことが多く、
放っておくとあっという間に増えて、
株を覆うほどになることもあるほどです。

 

また、害虫が出す排泄物が元で病気にかかったり、
ウイルス性の病気を媒介することもあるので注意が必要です。

 

 
aburamusi
●アブラムシ
新芽や葉の裏、葉の付け根などにつくことがあります。
アブラムシは植物の汁を吸い、どんどん繁殖していくため、
放っておくと爆発的に数が増え、どんどん株が弱っていきます。

 

春と秋につくことが多く、真夏の暑い時期にはあまりつきません。
苗を購入した時点でもすでについていることがあるため、
購入時には入念にチェックをしておきましょう。

 

◎対策
もしアブラムシがついているのを見つけたら、
数が少ないうちに捕殺しておきます。

 

数が多すぎる場合は、専用の薬剤を使って防除しましょう。
対応している薬剤はベストガード水溶剤やダントツ水溶剤などです。

 

近日は、フマキラー製品などで、
食品成分を使用した安全性の高い殺虫・殺菌剤もあります。 

 

以下の害虫にも効果があるものですので、
無農薬栽培を目指す方は、使ってみてください。

 

 

hadani

●ハダニ類 (写真は被害状況)

葉の表面や裏側に、目を凝らして、
やっと点として目視できる程度の小さな虫がついていたら、
ハダニ類の可能性があります。
体の大きさは約0.5㎜程度です。

 

ハダニ類もアブラムシ同様、汁を吸って繁殖していきます。
中でもトマトサビダニは、繁殖力が高く、
放っておくとあっという間に枯れあがってしまいます。

 

◎対策
ハダニ類はいずれも温暖・乾燥の環境を好むため、
時々葉水を与えると予防になります。

 

薬剤を使う場合はマイトコーネフロアブルや、
サンマイトフロアブルなどが使えます。

 

●コナジラミ
葉の表面や裏に、小さな白い虫が大量に発生したら、コナジラミです。
白い羽をもつものは成虫で、緑や黄緑色をした幼虫が汁を吸います。

 

どちらかというとハウスや温室など、
風通しの悪い場所で発生することが多いです。

 

コナジラミも放っておくとどんどん数を増やし、
だんだんと葉が変色して枯れていってしまいます。

 

◎対策
薬剤はスタークル水溶顆粒剤やモベントフロアブルなどが使えます。

 

 

Cindy orange

中玉トマト シンディーオレンジも、フルーティーで美味です

 

 

■食害する害虫

 

葉や茎、実を食害する害虫です。
吸汁する害虫より体が大きく、
放っておくと葉がぼろぼろになることも少なくありません。

 

実を収穫してみたら害虫に中を食べられていた!
ということもあるので、注意する必要があります。

 

 

yotomusi

●ヨトウムシ
ヨトウガというガの仲間の幼虫が、葉を食害することがあります。
成虫の雌が一度に産む卵の数は100個~200個で、
それを葉の裏に固めて産み付けます。

 

孵化した幼虫はとても小さく、最初は葉の裏から食害を始めます。
体は小さいですが数が多いため、
少しずつ葉がすかしを入れたようになってきます。

 

幼虫はだんだんと大きくなると体の色が黒っぽくなり、
昼間は株元の土に隠れ、夕方になると出てきて食害を始めます。

 

そのため、大きくなった幼虫を昼間に見つけるのは難しく、
なかなか本体を発見することができないのが特徴です。

 

◎対策
葉や茎に糞がついていたら、どこかに必ずいるので、
昼間に見つけられなかった場合は、夕方以降も探してみましょう。

 

幼虫がまた孵化したばかりであれば、一か所に固まっているので、
幼虫がついている葉ごと切り取って処分します。

 

大きくなった幼虫を見つけたら、捕殺するようにしましょう。
薬剤としてはフェニックス顆粒水和剤やマッチ乳剤などが使えます。

 

 

ootabakoga1

●オオタバコガ
これもガの仲間で、幼虫が食害をします。
幼虫の見た目はヨトウムシに似ていますが、
体の表面に細い毛が生えていることで見分けます。

 

オオタバコガの幼虫は、実や茎に穴をあけて入り込み、
中を食害するため、一見すると分かりにくいのが厄介です。

 

特に茎を食害された場合、茎が折れたり、水を吸い上げられず、
食害された場所より上が枯れてしまうことがあります。

 

◎対策
もし幼虫を見つけたら、
実や茎に入り込んでしまう前に捕殺するようにしましょう。
薬剤はアファーム乳剤やフェニックス顆粒水和剤などが使えます。

 

 

tentomusidamasi

●テントウムシダマシ
見た目は黄色~褐色に黒の斑点があるテントウムシです。
斑点がたくさんついていることから、
ニジュウヤホシテントウと呼ばれることもあります。

 

一般的なテントウムシであれば、
アブラムシを食べてくれる益虫とされていますが、
ニジュウヤホシテントウは葉を食害する害虫とされます。

 

葉の表面を食べ、葉をレース状にしてしまいます。

 

◎対策
数が少ない場合は、捕殺するだけでも十分で、
他の害虫のために薬剤を散布している場合、

 

同時に防除することができることが多いです。
薬剤はスミチオン乳剤などを使います。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方

 

タグ : 

トマト 病害虫

トマト 台風対策

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク

oodamatomato

今年の大玉トマトは、良い感じに育っています

 

 

■トマト 台風対策

 

トマトが元気に育ち、赤く色づいてきたときに、
台風の風や雨によって傷んでしまうと、とても残念です。

 

台風が上陸する前に、
台風対策をしてトマトを守りましょう。

 

1.誘引しておく
台風がくる頃になると、矮性種はでない一般的な品種のトマトの場合、
人の背丈ほどに育っているトマトも多くなってきます。

 

支柱を立てていたとしても、しっかりと誘引されていなければ、
台風の強風に煽られて、ぽっきり折れてしまうことがあります。

 

支柱の高さまでは、しっかりと紐などで誘引し、
支柱を超えるようになったトマトは摘心しておきます。

 

2.高い場所から低い場所へ下す
主に鉢やプランターなどの容器栽培をしているものに対しての対策です。

台の上など、高い場所に置いていると、
それだけ風の影響を受けやすくなります。

 

強風に煽られて台から落下し、
その勢いで根ごと株が抜けてしまうケースもあります。

 

そうなってしまっては、根が傷むのを防ぐことはできません。
植え直しても、その後の生育が元に戻るかどうかわかりませんし、
最悪の場合は枯れてしまうこともあります。

 

台風が近づいてきたら、
必ず高い場所から地面に近い低い場所に下ろしておきます。

 

 

minitomato007

 

容器栽培は、容器をまとめておきます

 

 

3.容器は固めておく
容器栽培をしている場合、トマトは土の量がたくさん必要なため、
容器も大きいものを使っていることが多いです。

 

それでも台風の強風によって、容器ごと倒れてしまうことがあります。
できるだけ風を遮ることのできる場所に移動させます。

 

トマトだけでなく、他の植物を鉢などで栽培している場合は、
それらをすべて一か所に集めて寄せておくことで倒れにくくなります。

 

4.鉢ごと倒しておく
どうしても風によって倒れてしまう心配がある場合は、
最初から倒しておくようにします。

 

一見すると乱暴に見えますが、風に煽られて勢いよく倒れるより、
人の手でそっと倒した方が衝撃は少なく済みます。

 

この時、できるだけ土が漏れないように、完全に倒すのではなく、
容器の下に何か置いて、斜めになるようにしておきます。

 

また、鉢などは風に吹かれると横向きに回転してしまうことがあります。
石やテラコッタ製の重い鉢、レンガなどで脇を固めて、
風で転がらないようにしておきましょう。

 

5.実は収穫しておく
台風による強風で実が落ちてしまったり、
大雨に当たって実が割れてしまうことがあります。

 

特に収穫間近のものが被害に合いやすいので、
台風が上陸する前に、できるだけ収穫しておくようにします。

 

できれば青い実も収穫しておきたいところですが、
できるだけ樹上で熟させたい場合は、
色づいたものだけを収穫しておくようにします。

 

 

tyogai (1)

台風にも鳥よけにも活躍します

 

 

6.ネットをかける
実がついている房ごと台所用の排水ネットなどをかぶせておくことで、
風の当たりを和らげることができます。

 

また、万が一実が落ちてしまっても、
ネットの中に止まって下まで落ちないので、
落下の衝撃で実が割れてしまうのを防ぐことができます。

 

色づいた実を収穫しておき、
まだ色のついていない緑色の若い実をネットで保護しておくと、
台風が去った後も樹上で熟させることができます。

 

 

tyokuritusiki (2)

 

7.支柱を補強する
トマトの株を支えるはずの支柱自体が倒れては意味がありません。

 

1株に対して1本だけ縦に支柱を立てている状態であれば、
その支柱の後ろにクロス状に支柱を立ててしっかり紐で結んで組んでおくと、
支柱を補強することができます。

 

また、雨除けなどで支柱の上にビニールをかぶせている場合、
ビニールが風に煽られて支柱ごと倒れてしまうことがあります。

 

普段は雨除けとして必要なビニールですが、
台風の時だけははずしておくようにしましょう。

 

ビニールをはずすだけでも風の抵抗を受けにくくなり、
支柱が倒れにくくなります。

 

 

tomato

こんなに茂らせると、なぎ倒されます

 

 

8.葉を減らす
余分な葉がたくさん茂っていると、風で揺らされ、
葉同士がこすれて傷ついてしまうことがあります。

 

不要な葉を間引くことで、葉と葉の間に隙間ができ、
摩擦を減らすことができます。

 

トマトは地際から7枚~8枚ほどの本葉がつき、
その上に一段目の花房がつきます。

 

その後はたいてい3枚の葉がつき、
その上に花房がつくというパターンを繰り返します。

 

花房と花房の間にある3枚の葉は、
花芽や実を育てるのに必要な葉なので、
むやみに間引いてはいけません。

 

間引きができるのは、実の収穫が終わった段の下までの葉です。
下葉の中でも、特に黄色く変色していたり、
枯れたようになった葉があれば優先して取り除きます。

 

下葉を取り除くことで、台風による大雨での泥はねを防ぐことができ、
その後の風通しもよくなります。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方

 

タグ : 

トマト栽培Q&A

トマト 梅雨対策

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク

odamatomato

大玉トマトホーム桃太郎が裂果しないよう対策中です

 

 

[トマト 梅雨対策]
トマトは、雨や過湿が苦手で、太陽の光が大好きな野菜です。

 

ですので梅雨の天候のせいで、トマトが不調に陥ってしまうことがあります。
梅雨どきには、トマトの栽培環境を整える対策をしておきましょう。

 

 

■実割れを防ぐ

梅雨に入って雨が続いた途端、収穫間近になっていた、
トマトの実が割れてしまう、裂果することがあります。

 

実が割れてしまったものは、気づくのが遅れると傷んでしまい、
虫がたかっていたりとよくありません。
できるだけ実割れをしない方策を紹介します。

 

・雨除けをする
それまで晴天続きで乾燥気味の環境だったところに、
梅雨入りをして雨が続くと、大量の水分を吸収して実を膨らませ、
それに皮が耐えられなくなり、実が割れてしまいます。

 

あるいは、完熟に近い状態の実に雨粒が当たることでも、
実割れすることがあります。

 

これらを防ぐためには、雨除けをするのが効果的です。
支柱と透明ビニールを使って簡易的に雨除けをするだけでも、
雨に当たる確率が少なくなり、実割れの確率も下がります。

>>トマト 雨よけのしかたは?

 

 

ameyokesiki2028229

手作りの雨除けでもOK!

 

 

・定植を遅らせる

苗が店頭に並び始めて、すぐに購入して定植すると、
ちょうど梅雨入りをした頃に一段目の実を収穫できる頃になります。

 

また実の硬い青い時期なら、雨にあたっても割れにくいですが、
収穫できるほど熟している実はどうしても割れやすいものです。

 

収穫の時期を梅雨の時期より遅らせることで、
梅雨の長雨に当たらなくなるので、実割れを防ぐことができます。

 

5月上旬~中旬頃に定植すると、
ちょうど梅雨の明けるころから収穫できるように調整できます。

 

 

■病気を防ぐ

トマトは様々な病気にかかる可能性のある野菜です。

雨の降る日が続く梅雨は、病気にかかる可能性が高くなります。
病気を上手に予防することで、
長い期間トマトを栽培し、味わうことができます。

 

・マルチをする
地面が雨にたたかれることにより、
葉の裏などに泥はねして菌に感染することがあります。

 

泥はねが原因で感染する病気はいくつもあり、
泥はねを防ぐことで予防できる病気が多くあります。

 

泥はねを防ぐためには、
トマトの株元にマルチをすることが一番簡単で効果的です。

 

ワラやバークチップを敷いたり、
植え付け時にビニールマルチを施しておくことで、
泥はねを防ぐことができます。

 

・風通しをよくする
風通しが悪くなっていると、日照不足に拍車をかけ、
株自体が弱って病気にかかることがあります。

 

少し黄色くなっている葉は、適宜取り除くようにし、
全体的に茂りすぎている部分の葉を間引きしてみましょう。

 

あまり多くの葉を間引くと、株の元気がなくなることがあるので、
全体の3割程度におさめるようにします。

 

特に複数の株を隣り合わせて育てている場合は、
葉同士が重なってしまうこともあります。
隣の株と葉が重ならないように、間引く葉を工夫します。

 

・作業は晴れた日に
トマトを育てる時の大事な作業の中に、
摘心や摘葉、摘果、脇芽摘みなどがあります。

 

これらはすべてトマトに傷がつく作業です。
ハサミを使ったり、手で摘んだりしたところの傷口から雑菌が入り、
病気になることがあります。

 

特に梅雨の間は、湿気が多く傷口がふさがりにくい状態です。
梅雨の合い間、晴れている日には必ずこれらの作業を済ませ、
雨が降らないうちに傷口がふさがるようにすると感染予防になります。

>>トマトの病気

 

 

tyudamatomato (2)

中玉フルティカは、元気です

 

■花芽を育てる

梅雨の間は雨が降らないまでも曇りなど、
ぱっとしない天気が続きます。

 

そのため、日照不足に陥ることが多く、
その影響の一つとして花芽が育たないということがあります。

 

梅雨明け後もしっかりと着果・収穫できるよう、
ひと工夫してみましょう。

 

・株を回転させる
ずっと同じ方向に向けたままでいると、
陰になった花芽に太陽の光が当たらず、
日照不足となって花芽が育ちにくくなります。

 

特に梅雨の間は、しっかり太陽の光が差すということが少なく、
晴れの日に比べて光量が少なくなります。

 

鉢やプランターなどで育てているのであれば、
容器ごと回転させることで、陰になっている花芽を、
表に出し日に当てることができます。

 

・植え付ける方向に注意する
たいていのトマトは、一段目と同じ方向に実をつけます。
植え付ける時、一段目の花がついている頃のはずですから、
その時に花房のついている方向をよく確認します。

 

 

tomato-kabo1

トマトの実は同じ方向につきます

 

 

花房のついている方向を横、あるいは前にすることで、
花芽が陰になってしまうのを防ぎます。

 

この方法は容器栽培にも使えますが、
陰になってしまった時、容易に方向を変えられない、
地植えの苗の植え付けをする時に特に効果的です。
 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方

 

タグ : 

トマト栽培Q&A

人気の記事!