トマト 地植え 育て方

トマトの育て方.com

トマト 地植えの育て方

読了までの目安時間:約 10分

 

スポンサードリンク

■トマト 栽培スケジュール

 

Schedule4

 

 

■トマト 栽培データ

 

英名・学名 tomato・solanum lycopersicum
形態 多年草 (日本では一年草)
原産地 南アメリカの高原地帯
草丈/樹高  50cm~200cm
開花期 4月中旬~7月
花色 黄色
栽培難易度(1~5)  2
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
特性・用途  初心者向き、暑さに強い

 

 

tomato (5)

大玉トマト、美味しいですから、ぜひ育ててみてください!

 

 

トマトは、樹上で完熟させると、
青臭みがなく味わいが深く甘くてジューシーです。

 

大玉トマトは、育て方が難しいと思われるかもしれませんが、
ポイントさえ押さえれば、真っ赤な美味しいトマトを収穫できます!

 

 

■トマト 地植えの育て方

 

・種まきからの場合
トマトの種まきは2月中旬~3月中旬が適期です。
種まきをする前日に、種を水に浸しておきましょう。
水分を含ませることで発芽しやすくなります。

 

ポットなどに種まき用の用土を入れ、あらかじめ土を湿らせておきます。
水に浸した種をポットにまき、発芽まで乾燥しないように管理しましょう。
*トマトの種まきの詳細はこちらをご覧ください。

>>トマト 種からの育て方

 

・苗を選ぶ場合
種から育てるのは難しそうという場合は、
苗を購入して植え付ける方法がおすすめです。

 

苗を選ぶ時は、いくつかのポイントを確認しながら、
元気で健康なものを選ぶようにします。

 

・葉の色が濃い
・茎ががっしりと太く、真っ直ぐ
・花芽や花がついている
・本葉が7枚以上ついている
*トマトの苗選びの詳細はこちらをご覧ください。

>>トマト 苗の選び方

 

・植え場所(栽培環境)
トマトは風通しと日当たりの良い場所を好みます。
元々少し乾燥した地域に自生していたので、湿気には少し弱いです。

 

雨の多い日本では、夏でも大雨が降ることがあります。
ちょうど実を大きくしている時に雨が降ることが多いため、

 

急激に水分吸収にトマトがついていけず、実が割れたり味が悪くなったりしてしまいます。
雨ざらしでも枯れることはあまりありませんが、
できれば雨除けをしておくと安心で美味なトマトを収穫できます。

 

・畑の準備
苗を植え付ける2週間以上前までに、土作りを終えるようにしましょう。
まず、苗を植え付ける場所を深さ30cm以上掘り起し、よく耕します。

 

耕したところに1㎡あたり堆肥を3kg~4kg、苦土石灰を120g~150g、
元肥として化成肥料を120gほどを加えてよく混ぜます。

土をよく混ぜたら、畝を作ります。
畝は幅100cm~120cm、高さ20cmほどにし、

 

複数の株を植え付ける場合は株間が40cmほど空くように計算して長さを決めます。
畝を作った後、マルチを敷いておくと、

地温が上がって肥料や堆肥のなじみが早くなります。

 

 

 

tomatojiueune

畝の作り方

 

 

・植え付け

トマトは寒さに弱いので、遅霜の心配がなくなり、
気温が充分に上がってから植え付けるようにします。

 

トンネル栽培をするのであれば4月下旬から植え付けが可能ですが、
露地で栽培するのであれば5月入ってから植え付けると安心です。

ゴールデンウィーク時期に植え付けるのが標準的です。

 

畝の上にポットに入ったままの苗を仮置きします。
株間が40cmほどになるようにしましょう。

 

根鉢がすっぽり入るくらいの植え穴をあけ、そこに水を注いでしみこませておきます。
ポットをはずした苗を根鉢が崩れないように植え付けます。

 

植え付けた後は、水をたっぷりと与えておきましょう。
植え付けの前と後に水を与えることで、根付きがよくなります。

 

 

tomatonae-uekata

トマト苗の植え付けのしかた

 

 

・支柱立て

まだ苗が小さいうちは、風で倒れたりしないように仮支柱をしましょう。
30cmくらいの長さの細い支柱を用意し、
苗に対して斜めにさして根を傷つけないようにします。

紐などで八の字に、緩くとめます。

 

 

tomato-karisityu

仮支柱の立て方

 

 

その後、苗が根付いて生長してきたら、長い支柱を用意します。
土の中に挿しこまれる分も考え、200cm以上の支柱を準備しておきましょう。

 

苗から10cmくらい離れた場所に支柱をしっかり挿し、紐などで苗を誘引しておきます。
株が生長するにしたがい、風で倒れないように支柱に誘引するようにしましょう。

 

・水やり

植え付けをしてすぐは、まだ根付いていない状態なので、
地植えであってもあまり乾かさないように注意します。

 

植え付けから2週間ほどたつと、根付いて株がしっかりしてくるので、水やりの頻度を下げます。
トマトはある程度の乾燥には耐えられるので、
地植えであれば無理に水を与える必要はありません。

 

土が乾燥しているように見えても、中の方は湿っていることが多いものです。
葉が少ししんなりしたくらいになったら、水をたっぷりと与えるようにしましょう。

 

・追肥

植え付けてからしばらくは、元肥が効いている状態なので追肥の必要はありません。
一段目の実がピンポン玉くらいの大きさになったら1回目の追肥を行います。
肥料は1㎡あたり70g~80g与えるようにし、

 

与える時は株と株の間に肥料をぱらぱらとまいてから土と軽く混ぜ合わせておきます。
次に三段目の実がピンポン玉くらいの大きさになったら2回目の追肥を行います。

 

与える肥料の量は1回目と同量です。
与える時は、畝の両端に溝を作ってそこに置き、土をかぶせるようにします。

 

 

tekisin

 

 

・摘芯

支柱のてっぺん近くまで育ったら、摘芯を行います。
品種や栽培状況、樹勢によってやや違いますが、

六段目か七段目の花房がついたくらいになります。
先端の花房の上に2~3枚の葉を残し、ハサミなどで切りましょう。

 

 

tomato1

脇芽かきのやり方

 

 

・脇芽かき

トマトは葉の付け根から脇芽がよく発生します。
そのまま脇芽を育ててしまうと、養分が分散してしまって、花や実に回らなくなってしまいます。

 

脇芽がついているのを発見したら、5cmくらいに生長するまでの間に摘むようにします。
摘む時はハサミなどではなく、指でつまんでひねるようにすると簡単に摘むことができます。

 

 

ameyokesiki2028129

雨除けの支柱て

 

 

・雨除け

生育後半になり、トマトの実が割れてしまったり、

味が薄くなったりするのを防ぐために、雨除けをしておきましょう。
通販やホームセンターなどで、支柱とビニールがセットになったものが販売されています。

 

他にも、畝の両端に支柱を立て、
その上からビニールをかぶせることで雨除けにすることもできます。

 

 

tekika

摘果のしかた

 

・摘果
大玉トマトの場合、摘果して良い果実を3~4個選びます

 

・収穫

実が全体的に赤くなったら、ハサミを使って収穫しましょう。
収穫する時は気温が上がってしまう昼間ではなく、朝の早いうちにしましょう。
樹上でしっかりと熟させたトマトの味は格別です。

 

・病害虫

アブラムシが発生することがあります。
葉の裏や付け根、茎などにアブラムシがついているのを見つけたら、

繁殖して増えてしまう前に、粘着テープなどで捕殺するようにしましょう。

 

 

■トマト 地植え 育て方のコツ
1.苗を植え付けるのは気温が充分上がってから
2.追肥と水やりのタイミングをはずさない
3.雨除けをしておく 

 

>>トマトのお勧め種と苗を見てみる


スポンサードリンク

 

タグ :  

トマト 育て方

■人気の記事!