トマト 育て方

トマトの育て方.com

トマト 茎が折れたら?

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク

tomato (2)

トマト、夏の楽しみですが……

 

 

トマト栽培をしていると、
台風や強風により茎が折れてしますことが時々あります。

 

トマトの主軸が折れたらもう諦めるしかないと思っていませんか?
トマトは意外と再生能力の高い植物です。

 

折れた枝も、その後の対応によっては治ることがあります。
対処法を知っておき、いざ折れてしまった時も、
慌てず補修してあげましょう。

 

 

[トマト 茎が折れたら?]

 

 

■被害状況を確認する

 

台風や強風の後、枝が折れているトマトを見つけたら、
まずは他にも折れていたり、
支柱ごと倒れたりしている株がないかをチェックします。

 

どの株にどのような被害が出ているかを確認することが大切です。
被害の出ている株を見落とさないよう、注意深くチェックしましょう。

 

 

■折れた場所を補修する

 

トマトの枝が折れていると、もうそこで諦めてしまいがちですが、
トマトの枝は、補修すると意外と機能を取り戻すことができます。

 

完全にボッキリと折れてしまった枝でも、
折れた箇所の汚れをとってから補修すれば、
また育つ可能性が残っています。

 

折れてしまったからといってすぐに諦めてしまうのは、
とてももったいないことです。
試しに、補修してみましょう。

 

 

■補修の方法

 

枝の補修はとても簡単です。
準備するものは、防水性のあるテープのみです。

 

布テープ、マスキングテープ、テーピング用のテープなど、
水に濡れても問題のないものを使用します。

 

ガムテープはつるつるした面に粘着テープがくっつかないため、
補修してもすぐにはがれてしまうことがあるので、
あまりおすすめはしません。

紙製のマスキングテープが通気性も良く使いやすいです。

 

 

tomato

折れた部分をテープで巻き、支柱に誘引しておきます

 

 

1.折れた枝をつなぐ
折れ具合によって、表皮が破れずに中だけ折れてしまっている場合や、
表皮までちぎれて皮一枚でぶら下がっている場合、
あるいは完全に折れて切れてしまっている場合があると思います。

 

完全に切れてしまっている場合は、
土汚れなどが断面についているので、汚れを優しく取り除きます。
 
汚れがとれたら、いずれの場合も元の状態に枝を戻します。
この時、できるだけ元の通りに断面が合わせられるようにすると、
治りが早く、順調になります。

 

2.折れた部分をテープで巻く
用意したテープで、折れた部分を補強するようにぐるぐると巻きます。
一重だけでは弱いので、何重かに巻いておきましょう。

 

3.支柱に誘引する
せっかく折れた部分をテープで補修しても、
支えをせずにいると、また同じ場所で折れてしまうことがあります。

 

すでに支柱をしていることも多いかと思いますので、
あらためて補修してつないだ枝を、
紐などを使ってしっかり誘引しておきましょう。

 

誘引することで、折れた部分より上の重量で、
枝が下がるのを防ぐこともできます。

 

 

■補修できなかった場合は?

 

補修してみたものの、うまく繋ぐことができずに、
折れた部分より上が枯れてしまうことがあります。
この場合は、折れた部分は諦めて、別の方法をとるようにしましょう。

 

 

wakime

脇芽を主幹として栽培できます

 

 

1.脇芽を主軸とする

どのような品種のトマトであっても、
トマトは比較的脇芽の出やすい野菜です。

 

本来は株の生長や実の肥大に影響するため、
脇芽は早めに摘んでしまうことが多いですが、
主軸が折れてしまった場合は、この脇芽を利用します。

 

折れてしまった枝が戻らなかった場合、
まずは折れてしまった部分のすぐ下の脇芽の上で主軸を切ります。

 

再生できなかった主軸をいつまでも残していても、株の負担になり、
そこからカビが生えるなど病気の原因になることがあるので、
枯れてしまった部分は取り除いておきます。

 

株の一番上となった脇芽を摘まずに育てます。
株に勢いが残っていれば、脇芽はすぐに大きく伸びてきますし、
花をつけるようになります。

 

あとはこの脇芽を新たな主軸として、引き続き育てていきます。

 

2.脇芽を挿し木にする

すでにある程度の高さまで育ち、上方が折れてしまった場合は、
脇芽を新たな主軸として育てても、すぐに支柱よりも高くなり、
花をつける前に摘芯することになります。

 

そんな時は、発生した脇芽を挿し木にして、
新たな株を作るようにしましょう。

 

発根するまでに少し時間がかかるため、
すぐに花を咲かせて着果するというわけにはいきませんが、
新たな株を作ることにより、上手に育てることができれば、
また何段も実をつけさせることが可能になります。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方


スポンサードリンク

 

タグ : 

トマト栽培Q&A

■人気の記事!