トマト 育て方

トマトの育て方.com

トマト 追熟方法

目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

odamatomato (3)
摘果したトマトも美味しく食べたいですね

 

 

■トマト 追熟方法

トマトを育てていると、摘果したり落花したり、
まだ完熟の状態でない青いトマトを収穫することがあります。

 

樹上で熟させたトマトは格別ですが、
青い状態のトマトでも、追熟をすることで色づき、
美味しく食べることができます。

 

ほとんど色づいているものを追熟させるのであれば、
生食をするにしても問題ないくらいです。

 

青い状態のトマトを追熟させた場合は、
樹上完熟よりも旨みが薄くなるので、
トマトペーストなどの加工品にすると美味です。

 

1.常温に置く
トマトを追熟させる方法で、最も簡単な方法です。
日の当たる窓辺などに、常温でトマトを置いておくだけです。

 

この方法で夏は、少し青いくらいのトマトは数日で真っ赤になります。
秋頃、涼しくなってからでも時間はかかりますが、
この方法で追熟することは可能です。

 

トマトを置く時は、必ずヘタを下にして置くようにします。
ヘタを上にしておくと、実の接地面から傷んできてしまいます。

 

ミニトマトや中玉トマトは、大玉トマトのように、
ヘタを下にすることが難しいことがあります。

 

その場合は、接地面が同じところにならないよう、
時々置く方向を変えるようにしましょう。

 

 

tomato
最盛期は、こんなにいっぱいの青いトマトが……

 

 

2.新聞紙にくるむ
まず、新聞紙と霧吹きを用意します。
用意した新聞紙に霧吹きで水をかけ、新聞紙を湿らせます。

 

湿らせた新聞紙で追熟が必要なトマトを包み、
風通しのよい直射日光の当たらない場所に置いておきます。

 

秋になって室内が乾燥している場合は、
トマトを包んだ新聞紙をビニールに入れて、
軽く口を結んでおくと、乾燥を防ぐことができます。

 

この方法も簡単ですが、新聞紙が乾いてきたら、
また霧吹きで水をかける必要があります。

 

 

ringo
リンゴも働き者

 

 

3.リンゴと一緒に置く
追熟が必要なトマトを、
リンゴと一緒にビニール袋に入れて、室温で置いておきます。

 

リンゴから発生するエチレンガスの効果により、トマトが赤くなります。
リンゴのガスを利用した追熟方法は、トマト以外でもよく使われますが、
この方法はトマトでも同じ効果が得られます。

 

気温が低くなってくると、どうしても追熟に時間がかかります。
リンゴと一緒に入れておくこの方法だと、
比較的短時間で追熟させることができます。

 

どうしてもビニールに入れておく必要があるので、
気温が高い時期や湿気の高い時期は、
中が蒸れないように時々換気するようにしましょう。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方


スポンサードリンク

 

タグ : 

トマト栽培Q&A

■人気の記事!