トマト 育て方

トマトの育て方.com

秋トマト 栽培中

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■秋トマト 栽培

 

秋トマト栽培に挑戦してみることにしました。
トマト自体は何度も栽培しているのですが、秋トマトは初めてです。

 

少しでも収穫できるように頑張ります!
今回、使うトマトは、

 

・トスカーナバイオレット
・ピッコラカナリア

 

この2品種です。

 

夏に栽培していたので、苗は買わず、わき芽を使ってみます。
用土は、市販の育苗用の土を使います。

 

まず、わき芽を選びます。

 

 

akitomato2016-23

わき芽 8月20日

 

 

大きそうなわき芽を選びましたが、細かったです。
これは、プランターで栽培していた2品種で、
栽培後半になったらどんどん細くなってしまいました。
なるべく早いうちからわき芽を選んだほうが良いですね。

 

わき芽を選んだら、黒ポリポットに土を入れて、さし芽します。
わき芽を切って挿すときは、斜めに切るようにしています。

 

 

akitomato2016-24
挿し芽後

 

 

この後は、水をたっぷりあげて日が当たりすぎない場所で育てました。

 

約一週間後、やっとここまで生長。
この白い箱は、発泡スチロール=トロ箱です。

 

育苗の時から使っていて、お世話になっています。
便利です!

 

 

akitomato2016-25
秋トマト 8月26日

 

 

9月に入り、早く植えないと、と思うのですが中々育たず、
ようやく植え付けかな? という大きさになりました。

 

 

akitomato2016-26
秋トマト 9月5日

 

茎がやや細いです。
しかし、早めに植えないと収穫ができないまま、
終わってしまうかもしれません。

 

秋トマトを、わき芽から育てるときには、前もって準備したほうが良いです。
植えつける場所も決めて用土作りをしておきます。

 

今回、秋トマトを植えつける場所は、庭の花壇の傍らです。

 

植え付けにあたって、一度花壇を整頓、夏野菜などは撤去しました。
土をよくほぐし、元肥を入れました。

 

いよいよ植え付け! という時に限って雨なんですよね。
秋になると天候も不安定になるので、困ってしまいます……。
実がなりますように!
*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

>>秋トマトの育て方

 

タグ : 

トマト 栽培記録

トマト栽培の用土

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

tomatox
トマトは、水はけの良い用土と適度な肥料を好みます

 

 

■トマト栽培の用土

 

トマトは、アンデス高原の雨が少ない地域で栽培されていました。
そのため、使用する土も水はけが良い用土を好みます。

 
苗を植える前に、トマトに合った土を準備しておくと安心です。

 

◎地植えの場合
苗を植え付ける場所は、
前年にナス科を育てていない場所を選ぶようにします。

 

接ぎ木苗であれば、連作障害を軽減することができますが、
できるだけ連作にならないように注意しましょう。

 

苗を植え付ける2週間以上前に、必ず土作りをしておくようにします。
植え付ける場所を深さ20cm~30cmまでよく耕しておきます。

 

耕した土に、1㎡あたり堆肥を2~3kg、苦土石灰を100g、
化成肥料を100gほど加えてよく混ぜます。
トマトは、肥料が多いとつるぼけするので抑え気味にします。

 

高さ20cm、幅100cmほどの畝を作っておきます。
トマトは水はけの良い土を好みます。

 

水はけが悪い土壌は、赤玉土や腐葉土などを足して排水を調整した上で、
畝の高さを高くするのが効果的です。

 

 

maruti
マルチングは、いろいろな効果が期待できます

 

 

苗の植え付け1週間前に、畝の上から黒マルチをして、
地温を上げておき、活着までの水分を確保します。

 

黒マルチは、地温を上げたり、余分な水分を土が吸うのを防いだり、
どろ跳ねを防いだりすることができ、病気を予防できます。

 

 

kuromaruchi
家庭菜園に便利! 使い切りサイズ 黒マルチ 95cm×5m C)園joy-marutoyo

 

 

◎鉢・プランターの場合
鉢やプランターでトマトを育てる場合、
用土は市販の野菜用培養土でも充分です。

 

ただし、必ず新しい培養土を使うようにしましょう。

 

トマトは連作障害が出やすく、トマトやナス、ピーマンなどの、
ナス科の植物を育てていた土をそのまま使って育てると、
連作障害が発生しやすいので気をつけます。

 

一度使った培養土は、ふるいにかけて消毒した後、
腐葉土や堆肥を加えてまた用土として利用できます。

 

しかし完璧な消毒には時間がかかるので、
トマト栽培には、新しい培養土を使う方が無難です。

 

最近では、トマト専用培養土なども販売されていて便利です。

 

市販の培養土を使う場合でも、水はけが悪いと感じたら、
赤玉土やバーミキュライト、パーライトなどを加えて排水調整しておきます。

 

また、使用する培養土に苦土石灰が入っていない場合は、
一握り程度の苦土石灰を加えて使用するようにします。

 

トマトは土中のカルシウム分が低下していると、
実の尻が傷む尻腐れ病になりやすくなります。

 

 

suika-yodo

自家製用土の割合例

 

 

また、自分で用土を混ぜ合わせて作る場合は、
小粒~中粒の赤玉土7、腐葉土2、バーミキュライト1を混ぜたもの使います。
元肥は、規定量よりやや少なめが良いです。

 
>>トマトのお勧め種と苗を見てみる

 

タグ :  

トマト栽培の用土

トマト栽培の楽しみ

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

tomato999
家庭菜園産のトマトは絶品♪

 

 

トマトは、自分で育ててみたい夏野菜の中で一番人気です。

 

自分で育てた真っ赤に熟した艶やかなトマトは、
まったく違う野菜と思えるほど美味です。

 

トマト栽培の楽しみと魅力はどこにあるのでしょう?

 

 

■トマト栽培の楽しみ

 

1.採り立てのトマトは美味しい!
普段スーパーでよく見かけるトマトは、実が青い状態で収穫され、
販売経路を経て店頭に並ぶまでの間に赤く色づくようになっています。

 

実が青いうちに収穫して追熟させたトマトは、
皮に弾力があって崩れにくく、輸送に向いています。

 

ただし、ちょっと青臭い匂いが気になり、味わいが薄いです。
樹が育っている間に熟させると、皮も実も柔らかく崩れやすく輸送しにくいのです。

 

樹上で徐々に熟させて、甘くて軟らかいトマトを楽しめるのは、
収穫してすぐに食べることができる家庭菜園ならの大きな利点です。

 

さらに、販売されている青い状態で追熟したトマトに比べて、
樹上で自然に熟したトマトは、栄養価がとても高いです。

 

2.トマト嫌いが直る
流通しているトマトは、独特の青臭さや、皮が口に残るために、
臭いが苦手だったり、口あたりが嫌いな人が意外と多いそうですね。

 

けれど、トマトを育てることで、家族や子供たちも、
トマトに愛着がわき、味も抜群ですから食べられるようになったかたが多いとか……。

 

トマトを突破口としてピーマン、ナスなど、
夏野菜嫌いなことも、家庭で育てると直るのですね。

 

 

tomato333
自家栽培のミニトマトも、流通しているトマトと違います

 

 

3.トマトを育てれば栽培の自信が湧く
トマトの栽培は簡単そうに思えますが、
実は、ミニトマトでさえ割と難しく、
中玉、大玉になるに従って、難易度が増します。

 

トマトは、果実が大きく皮が薄いために裂果(ひび割れ)しやすく、
また、病害虫や鳥害に遭いやすいです。

 

野菜をあまり育てたことがないから、
トマトを育てられるかどうか不安に思う方もいるでしょう。

 

しかし、このサイトでご紹介する方法とコツを押さえれば、
真っ赤に輝く、完熟の美味しいトマトの実を収穫できます。

 

日当たりを確保できれば、ベランダでも栽培が可能です。
育てる環境によって品種を選ぶことでも、成功率が上がりますので、
品種についてもご紹介しますね。
 
 

tomato

トマトと夏野菜のチーズ焼き
 
 
トマトが美味しいから、料理のレパートリーが自然に増えます。
お料理好きなかたにもトマト栽培はおすすめです。
 
トマトの青い実をサラダやピクルス、漬物にしたり、
完熟トマトは、パスタ、シチューに最高の味わいです!
 
>>トマトのお勧め種と苗を見てみる

 

タグ :  

トマト