トマト 育て方

トマトの育て方.com

トマト栽培 土にカビ

読了までの目安時間:約 7分

 

スポンサードリンク

tomato

トマトの用土の状態も、よく観察してあげましょう

 

 

トマトを育てていると、苗を植え付けた土の表面に、
白っぽいカビのようなものが生えてくることがあります。

 

このカビのようなものは、
特にプランターや鉢植えなど容器栽培で発生しやすいのが特徴です。

 

この白いものは、いったい何なのでしょうか。
また、発生する原因や、発生した時の対処法はあるのでしょうか。

 

 

[トマト栽培 土にカビ]

 

 

■白いものの正体

 

土の表面に白いものが発生した時、その正体は2つあります。
1つはカビ、もう1つは肥料の成分が結晶化したものです。

 

色は白ですが、見て区別できることが多いです。

 

カビの場合は、パンなどに生える時と同じように、ふわふわとした形状です。
肥料の成分が結晶化した場合は、結晶して粒つぶになっています。

 

肥料成分が結晶になるのは、
肥料から溶け出た肥料成分が地表に集まり、乾く時に固まるからです。

 

この場合は、水で流すことで簡単に解決しますし、
その後も水管理を適切にしていれば、再発を簡単に防ぐことができます。

 

では、カビが発生した場合は、何が原因なのでしょうか。

 

 

kabi

土の白いものが気になります

 

 

■カビが生える原因

 

トマトを育てている土に限らず、カビが発生するといえば、原因は湿気です。
ただ、トマトを育てている土に発生したカビの場合は、
原因が湿気だけではありません。

 

カビは有機物を分解するために発生します。
パンなどにカビが生えるのも、パンという有機物を分解しているためです。

 

これと同じことが、トマトを育てている土でも行われています。
つまり、土に含まれている有機物を、カビが分解しているというわけです。

 

園芸用の培養土を使っている場合や、有機質の肥料を使った場合、それを分解するためにカビが発生することがよくあります。

 

発生しない場合もあるのは、すでに分解が進んでいる時などです。
培養土の中には、有機質の肥料を使わず、
化成肥料を元肥として使っているものも多く発生したりしなかったりします。

 

もちろん、湿気が多い環境も発生の原因となります。
トマトはもともとあまり湿気の高い環境が得意ではありません。

 

土が過湿になっていると、根腐れを起こすこともあるので、
カビの発生を見つけたら、水やりの頻度を見直すようにしましょう。

 

また、株元に日が当たっていないのもカビの原因となります。
苗を植え付けてすぐの頃や、梅雨の間は、
天気の悪い日が続くことがあるため、カビの発生が多くなります。

 

 

tomato (2)

トマトは乾燥気味に育てたほうが元気です

 

 

■カビの対処法

 

トマトを育てている土の表面に、白っぽいカビが発生しても、
そのままにして栽培を続けても問題はありません。

 

カビは有機質を分解しているだけなので、
トマト自体に何か危害を加えることはありません。

 

ただ、過湿状態になっている可能性があるため、
土の湿り具合をチェックしておく必要があります。

 

水を与える時には、必ず土が乾いているのを確認します。
苗を植え付けて2週間ほどすると、すでに根も広がってきている頃なので、
多少乾燥気味に育てても問題はありません。

 

土の表面が乾いていても、数cm下はもう湿っているということがよくあります。
湿っていれば水やりの必要はありませんし、乾いていたら水を与えます。

 

鉢植えで育てている場合、鉢皿に水が溜まっていると過湿の原因になります。
水やりの後、鉢底から出た余分な水が鉢皿に溜まっている場合は、
その都度捨てるようにすると過湿を防げます。

 

また、よく日に当てるようにしておくと、自然とカビが消えてしまうことも多いです。
土の中の有機質なものが少なくなることでも、自然と消えていきます。

 

どうしても表面のカビが気になる場合や、あまりにも広がっている場合は、
カビの生えている表面だけをスプーンなどで取り除くのがお勧めです。

 

カビの層はあまり深くないので、スプーンでこそぐように表面を削るだけで済みます。
土が減った分は、新しい土を足しておけば問題はありません。

 

トマト栽培に使っている土全部の土を交換するのは、リスクが高すぎます。
根が傷むことで、トマトの生育が悪くなることもあるので、
表土だけを換えればじゅうぶんです。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ :  

トマト栽培Q&A