トマト 育て方

トマトの育て方.com

トマトとバジルの冷製パスタ

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


冷たくてさっぱり! サラダ感覚で食べられるパスタです

 

 

■トマトとバジルの冷製パスタ

 

夏場は暑くて、どうしても食欲が起きないこともあります。
食欲がないものだから、台所に立つのもおっくうで、
できるだけ短時間で調理を済ませたい、なんてことありますよね。

 

そんな時は、トマトとバジルで冷たいパスタはいかがですか?
専用の細いパスタを使わなくても、茹であがりにしっかりと冷水で締めれば、
おいしい冷製パスタに仕上げることができます。

 

切って混ぜて、茹でて混ぜるだけの、簡単冷製パスタです。

 

●材料

トマト(大玉)……1個
バジル……10枚
パスタ……200g(二人前)

 

オリーブオイル……大さじ5
レモン汁……大さじ1~大さじ1.5
塩コショウ……適量

 

●作り方


1.トマトは1cm~2cm角に切ります。
バジルは枝付きの場合は葉だけを摘み、よく洗います。
キッチンペーパーなどで水気をふいたら、粗めのみじん切りにします。

 

 

2.大きめのボウルにオリーブオイル、レモン汁、塩コショウを加えて、

泡だて器で色が濁るまでしっかりと混ぜます。
よく混ざったらトマトとバジルを加えて混ぜ、冷蔵庫で休ませます。

 

3.パスタを茹でるためのお湯を沸かします。
パスタを茹でる湯は、水2リットルに塩(分量外)大さじ1が目安となります。

 

沸騰したらパスタを入れ、パッケージの表示時間通りに茹でます。
パスタが茹であがったら、冷水でしっかりと冷やし、水を切っておきます。

 

冷蔵庫に入れておいたボウルにパスタを加え、全体に油が回るように混ぜます。
器に盛りつけたら出来上がりです。

 

 

 

●ポイント

パスタは細いカッペリーニを使っても良いですし、
普通のスパゲティーニでも作れます。

 

茹であがった後に冷水で締めるので、アルデンテにはしません。
表示時間通りに茹で、試してみて少し柔らかいと感じるくらいだと、
冷水で締めるとちょうどよい歯ごたえになります。

 

今回のレシピは大玉トマトですが、中玉トマトやミニトマトでも作れます。

レモン汁の量は、お好みで変えてください。

 

パスタを茹でる湯の塩加減は、レシピ通りにするとちょうど良いです。
茹でる湯の塩が足りないと、パスタに塩気がのらないため、味が薄くなります。

 

盛り付ける前に味見をし、味が決まらない場合は塩コショウを足してください。

 

*こちらもお勧め↓
・青いトマトのピクルス
・トマトのオーブン焼き
・トマトピラフ 炊飯器で!
・トマト餃子
・青いトマトのレシピ
・トマトとチーズのマリネ
・トマトトースト
・トマトの胡麻ドレ スパサラダ
・ミニトマトの厚焼き玉子
・フレッシュケチャップ

 

タグ : 

トマト 料理・レシピ