トマト 育て方

トマトの育て方.com

基本のトマトソース|生トマトで簡単美味しい♪

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク


湯剥きなしの簡単バージョンですが美味しいですよ!

 

 

■基本のトマトソース|生トマトで簡単美味しい♪

 

8月頃になると、家庭菜園で育てているトマトがたくさん収穫できたり、
近所の方からおすそ分けをいただいたり、スーパーで大量買いしたりと、
トマトがたくさん家にあることがあります。

 

毎日食べていても、消費しきれないほどのトマトがある時は、
トマトソースにするのがお勧めです。

 

本来、口当たりを良くするために、
トマトソースに使うトマトは湯剥きすることが多いのですが、
たくさんトマトがあればあるほど、湯剥きは面倒です。

 

そんな時は、ミキサーを使って皮も種も全部潰してしまいましょう。
煮崩れるのを待つ時間も必要ないので、煮詰まるのを待つだけです。

 

トマトソースに加工しておけば、いつでも色々な料理においしく使えます。

 

●材料

トマト……1kg
タマネギ(小)……1個
ニンニク……1かけ~2かけ
塩……小さじ1/2
オリーブオイル……大さじ2~大さじ4

 

●作り方


1.タマネギは皮を剥き、ニンニクは皮を剥いて芽を取り除いてから、
すべて細かいみじん切りにします。
トマトは洗って水気を拭き、ヘタを取り除いておきます。

 

 


2.フライパンにオリーブオイルとタマネギ、ニンニクを入れて弱火にかけ、
タマネギが透き通るまで炒めます。

 

タマネギを炒めている間に、トマトをミキサーにかけ、ジュース状にしておきます。

 

 


3.タマネギを炒めたら、トマトジュースをすべて加えて中火にします。
トマトが沸騰してきたら、強めの弱火に落とし、時々混ぜながら水分を飛ばします。

 

ソースの量が1/2~2/3くらいになったら、塩を加えてよく混ぜて味見をします。
味が薄ければ塩を足し、問題なければできあがりです。

 

●ポイント

使用するトマトは、どのようなものでも構いません。
あまりおいしくないトマトも一緒に加工しておけば、美味に食べることができます。

 

今回は基本のトマトソースレシピのため、調味料は塩以外加えていません。
ハーブ類も何も入れていませんが、
トマトの酸味が効いたシンプルなソースに仕上がります。

 

お好みでハーブやスパイスなどを足しても良いでしょう。
ローズマリー、タイム、セージ、オレガノ、ローリエなどがお勧めです。

 

ミキサーにかけると、ある程度は種も砕けますが、多少は残ります。

種の周りには旨み成分も多く、酸味も含まれているため、

できればそのまま使うのが味わいにも健康にもお勧めです。

 

どうしても種が気になる場合や、酸味を抑えたい場合は、

ミキサーにかける前にゼリー質部分と種を取り除いておきましょう。

 

*こちらもお勧め↓
・青いトマトのピクルス
・トマトのオーブン焼き
・トマトピラフ 炊飯器で!
・トマト餃子
・青いトマトのレシピ
・トマトとチーズのマリネ
・トマトトースト
・トマトの胡麻ドレ スパサラダ
・ミニトマトの厚焼き玉子
・フレッシュケチャップ

 

タグ : 

トマト 料理・レシピ