トマト 育て方

トマトの育て方.com

オレンジチャーム

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク

Orange charm

オレンジチャーム

 

 

オレンジチャームというミニトマト品種が人気です。
名前にオレンジと入っている通り、実の色は鮮やかなオレンジ色です。

 

トマトやミニトマトといえば赤色を思い浮かべますが、
オレンジ色のトマトというのも意外とあります。

 

最近ではスーパーに並んでいるミニトマトの中にも、オレンジ色のものがあるほどです。
家庭菜園で育てるのですから、オーソドックスな赤色のミニトマトも良いですが、
オレンジ色の少し珍しい品種を育ててみるのも面白いです。

 

オレンジチャームの実は、まん丸というより少し縦長で、
いわゆる腰高と呼ばれる形をしています。

 

育てている環境によっては、丸に近い形になることもあるようです。
大きさはだいたい1玉10g~15gくらいで、ミニトマトとしてちょうど良いサイズです。

 

一口で口に入れることができるので、洗って冷蔵庫に入れておけば、
おやつ代わりに気軽に口に入れて食べることもできます。

 

お弁当の彩りとして入れる場合も、良いポイントカラーになります。

 

最終的な色が赤くならないトマトは、収穫のタイミングが分かりにくいですが、
オレンジチャームなら、とてもわかりやすく収穫適期を逃しません。

 

緑色の実が、時間が経つとともにだんだんと黄色っぽい色になり、
その黄色が濃くなってきて、最終的にはオレンジ色になります。
このオレンジ色になったタイミングが収穫の適期です。

 

赤くないミニトマトは、赤いものに比べると味が落ちると思われがちですが、
オレンジチャームは赤いミニトマトよりも甘みが強いとされています。

 

特に夜に涼しくなる時期の実は甘みがとても強く、
まるでフルーツのような味わいと口当たりになります。
 

晴れた日の日中の気温が高く、夜間に涼しくなる気候が良いので、
秋トマトとしても威力を発揮します。

>>秋トマトの育て方

 

ミニトマトは一般的に種から育てる場合、
夏の収穫に間に合うように、種播きの時期がとても早くなります。

 

2月や3月と、発芽温度に達することが少ない時期に種播きをするため、
種播きから育苗するのは少し難しいところがあります。

 

オレンジチャームは、収穫を秋に合わせるため、4月頃から種播きを開始します。
4月に入れば、気温が徐々に上がってくる地域も多いため、
種播き~育苗の難易度は下がります。

 

種蒔きが遅いということは、定植のタイミングも他より遅くなるため、
春に収穫する前作との兼ね合いもつけやすいのが利点です。
一般的な品種も一緒に育てれば、夏~秋にかけて長期間の収穫が可能になります。

 

オレンジチャームは皮が薄く柔らかいので、裂果しやすいのがたまに傷です。
急激な水分の吸い上げによって裂果が増えるので、雨除けしたほうが良いです。

 

生育は比較的旺盛で、1段目と2段目は花房が1つしか出ませんが、
3段目以降は各段に花房が2つに分かれてダブルになることが多いです!

 

そのため、1段につく実が20個~30個と多く、たくさん味わうことができます。
葉色が濃く、オレンジ色の実とのコントラストがキレイなので、
実が木についた状態で目でも楽しむことができます。

 

 

tomato (2)
イエローアイコも育てやすく美味しいです

 

 

[オレンジチャーム]

 

 

■特徴

 

・1玉10g~15gでミニトマトとしてちょうどよい大きさをしています。

 

・皮はキレイなオレンジ色をしています。

 

・甘みが強く、糖度は8度~10度です。

 

・酸味が柔らかいので甘みを強く感じます。

 

・夜間に気温が下がる時期に特に甘みがのるので、秋トマト栽培もお勧めです。

 

・実の形は丸~やや縦長をしています。

 

・皮が薄く柔らかいので、一口で食べても皮が口に残りません。

 

 

■栽培のコツ

 

・秋収穫を目指した方が味が良いので、4月頃から種播きを開始します。

 

・育苗、定植後も一般的なミニトマトと同じ育て方で問題ありません。

 

・皮が柔らかいので裂果しやすいため、雨除けをしておくのがお勧めです。

 

・生育は旺盛で、3段目以降の花房が二股になることが多い品種です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方

 

タグ :

トマト栽培Q&A