ミニトマト アイコ 育て方

トマトの育て方.com

ミニトマト アイコの育て方

読了までの目安時間:約 9分

 

スポンサードリンク

aiko005

アイコ、雨除け無しでも裂果せず甘く育ちました

 

 

ミニトマトのアイコは、とても人気がありますね。
園芸店やホームセンターなどでも、苗をよく見かけます。

 

アイコはもともと、育てやすく、実がたくさんつき、
味も良く、糖度は普通に育てて9度以上と甘く、
フルーツトマトとしても美味といった特徴があります。

 

基本的な育て方としては、その他のミニトマトと同じですが、
育てやすくおいしいアイコを、さらにおいしくするコツをご紹介します。

 

 

[ミニトマト アイコの育て方]

 

 

■水やりの加減

 

トマト全般にいえることですが、トマトはあまり水を欲しがりません。
そのため、雨の当たる畑で育てる場合は、水やりの必要がほとんどありません。

 

雨除けをしていたりして、なかなか雨が当たらない場合は、
土の乾燥具合によって水やりが適宜必要になります。

 

鉢やプランターで育てている場合は、地植えよりも乾燥しやすくなるので、
地植えよりも水やりの頻度が高くなります。

 

アイコは他のミニトマトに比べると皮が少し硬く、
急な雨などによって大量の水分を吸いあげてしまっても、
裂果がとても少ないという特徴があります。

 

しかし、基本的な水やりの方法は、他のミニトマトと同じです。
裂果しにくい特性があるだけで、しないわけではないので、
雨除けをしておくと、裂果もなく、より糖度が増します。

 

 

■収穫のタイミング

 

アイコは1段につける実の数がとても多く、まさに鈴なり状態になります。
鈴なりのミニトマトを、房ごと収穫したい! という方も多いのではないでしょうか。

 

ただし、房ごとの収穫は、房の付け根と先端とで、熟度が違ってしまいます。
ミニトマトは房の付け根の花から開花し、先端に向かって徐々に開花します。

 

開花した順番に着果するので、実が大きくなり色づくのも、付け根の方が早いです。
当然、熟度も付け根側の方が早くなるので、
同じたタイミングで収穫すると、付け根と先端とで熟度が変わってくるのです。

 

付け根の実が完熟した状態で収穫すれば、先端の実がまだ完熟しておらず、
反対に先端の実が完熟したタイミングで収穫すれば、
付け根の実が熟しすぎている状態になります。

 

熟しすぎたアイコは、皮が柔らかすぎたり、逆に皮が硬くなりすぎたり、
味も薄く甘みも酸味もなく、味気なくなります。

 

熟度が浅い実も、追熟できますが、樹上で熟した実よりも旨みが少なくなります。

アイコを房ごと収穫するのも、一度体験すると面白いですが、
できれば熟した実から順次収穫するのがお勧めの収穫法です。

 

 

aiko003

色づいていくのがきれいなアイコ

 

 

■日によく当てる

 

アイコは裂果が少ないという嬉しい特性がありますが、
その特性のためかやや皮が厚く、硬くなりやすい傾向があります。

 

生食することの多いミニトマトは、皮が硬いと口に残り、
小さなお子さまには食べにくいこともあります。

 

皮が厚く硬くなる原因の1つに、着果から完熟までの期間が長いことがあります。
ミニトマトが着果し色がつくまでの時間は、日当たりと大きな関係があります。

 

日当たりが悪いと、色づくまでの時間が長くなり、皮が硬くなっていきます。
反対に日当たりが良く、色づくまでの時間が短ければ、
皮は比較的薄く、柔らかいうちに収穫することができます。

 

アイコを日当たりの良い場所で育てていたとしても、
雨や曇りなど、天気の悪い日が続くと、日照不足と似たようになります。

 

また、ベランダで育てていると、開けた場所で育てるよりも日当たりが悪くなります。
地植えの場合は、植え付けた後に場所を変えることができませんが、
鉢やプランターであれば、移動が可能です。

 

時間帯によって日当たりの良い場所も変わることがあります。
できるだけ日当たりを確保するため、時間ごとに場所を変えるのも1つの方法です。

 

 

aiko002

イエローアイコも美味です!

 

 

■草勢のコントロール

アイコはとても育てやすい品種ですが、それだけ生長に勢いがあります。
主枝の生長も早いですし、わき芽も次から次へと発生します。

 

生長が早いということは、それだけ株を大きくすることに養分を使います。
そのため、伸びるだけ主枝を伸ばし、発生するだけわき芽を育てていると、
過繁茂になって花付き・実付きが悪くなり、風通しも悪くなってしまいます。

 

当然、実の味も落ち、病害虫に弱くなるため、過繁茂には注意が必要です。

 

アイコを育てる時、支柱を立てて主枝を誘引しますが、
主枝が支柱のてっぺんまできたら、必ず摘芯して頭を止めておきます。

 

こうすることで、それ以上主枝が伸びることがなく、
上へ伸びる養分を他に回すことができます。

 

同じように、わき芽も小さいうちに摘むことが大切です。
気を抜くと、あっという間にわき芽も大きくなってしまい、そこに花が咲きます。

 

花がたくさん咲いて着果すれば、それだけ養分が分散します。
アイコを育てる時は、放任せず主枝は支柱の高さで摘芯し、
わき芽を早めに摘んでおくことで、草勢を落ち着かせることがポイントです。

 

 

daiitikabou

花房の向きに注意して植え付けます

 

 

■花房の向き

 

トマトは、花房がつく方向が決まっています。
アイコの苗を植え付ける時、すでに花芽がついたものを植えますが、
この時に花房の向きに注意します。

 

どれだけ生長しても、花房がつく方向は同じです。
そのため、花房を手前側に向けることが大きなポイントです。

 

花房を後ろに向けてしまうと、日陰になって実の生長が遅くなることがあります。
また、壁際で育てていると、花房を後ろにしてしまうと、
花房が長く伸びるアイコは、壁と花房がぶつかってしまいます。

 

花房の方向を少し注意するだけで、実の生長が違ってくるので、
花房が必ず手前側になるように植えましょう。

そうすると、栽培管理の作業もしやすくなります。

鉢植えの場合は、鉢ごと回転させることで、花房を手前にできます。

 

プランターで複数株栽培している場合は、花房の方向を同一にしないと、
生育に差が出たり、途中で花房同士が触れて傷む原因になります。

 

同じプランター内の株は、いずれも手前側に花房がくるように植え付けます。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方


スポンサードリンク

 

タグ :  

トマト 育て方

■人気の記事!