トマト 育て方 イエロー

トマトの育て方.com

トマト 育て方 イエロー

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク

Cindy orange

シンディーオレンジは、綺麗でおいしいです!

 

 

トマトは赤い色だけではなく、
鮮やかな黄色のイエロートマトも人気でです。
イエロートマトの育て方は、どのようにすれば良いのでしょう?

 

基本的な育て方は普通のトマトと変わりませんが、
品種ごとの特徴を知っておくと便利です。

 

同じ系統でオレンジ色のトマトも魅力的、ご紹介していきます。

 

 

[トマト 育て方 イエロー]

 

 

■イエロートマト・オレンジトマトの特徴

 

黄色のトマトは赤いトマトより酸味が少ないのが特徴です。

品種によっては赤いトマトより糖度が高いものがありますが、
あまり変わらないか、やや低いです。

 

その分酸味が抑えられているので、糖度以上に甘みを感じます。

赤いトマトと違ってイエロートマトとオレンジトマトは、
ベータカロテンとリコピンの含有量が多く、栄養的にも注目されています。

 

しかしイエロートマトにも弱点があります。
実が割れてしまうことが多く、水やりの管理が難しいことです。

 

普通に水管理をしていればおいしいイエロートマトができます。
基本的な施肥量や追肥、育て方は普通のトマトと同じです。

 

さて、イエロートマト、どんな品種があるのでしょうか?

 

 

yellowaiko001

イエローアイコは育てやすいですね

 

 

■イエロートマト・オレンジトマトの品種

 

[イエロートマト]

・初心者向け
いずれも病害に耐性を持っていますので
初心者でも簡単に栽培することができます。

 

イエローアイコ(ミニトマト)
イエロートマトの王道!アイコの黄色版です。
アイコとほぼ同じ育て方で良く、栽培しやすいです。
皮がやや硬く、実が割れる心配がありません。
アイコよりやや糖度が落ちます。

 

ハニーイエロー(ミニトマト)
地植え栽培、プランター栽培の両方の栽培に適していますので、
初心者のかたには育てやすい、美味な品種です。
栽培は普通のミニトマトと同じように栽培してください。

 

フルーツイエローEX(ミニトマト)
普通のミニトマトより小さく、実も割れにくいです。

 

・中級者向け
トマト栽培に慣れてきて、もっといろいろなトマトに挑戦してみたい!
という方にオススメです。

 

桃太郎ゴールド(大玉トマト)
桃太郎シリーズ唯一のイエロートマト!
大玉トマトの中でも食味が良いです。
こちらも桃太郎シリーズと同じ育て方で、栽培がしやすいです。
場所によっては、栽培がやや難しいので注意が必要になります。

 

クックゴールド(中玉~大玉トマト)
果肉が厚く、加工に適しています。
生食、加熱処理のどちらでも美味しく食べられます。

 

・甘いトマト品種<
ハニーイエロー
フルーツイエローEX

 

 

momotaro-gold (2)

桃太郎ゴールドも大玉種のなかでは栽培しやすいです

 

 

[オレンジトマト]

・初心者向け
シンディーオレンジ(中玉トマト)
サカタのタネから発売されており、入手が容易で、
いろいろな病害に耐性を持っているので栽培がしやすいです。
皮がややしっかりしていますが、甘みが強いのでフルーツ感覚で食べられます。

 

フルーツゴールドギャバリッチ(中玉トマト)
GAVAが多く含まれている唯一の品種です
日本デルモンテから販売されています。
皮がややしっかりしているので実が割れにくいです。

 

・中級者向け
バレンシア(大玉トマト)
入手するのが難しく、病害に対して弱いので栽培に気配りが必要です。
皮が薄く、甘みと酸味のバランスがとれているのが特徴です。

 

・甘いトマト品種
ピッコラカナリア(ミニトマト~中玉トマト)
トマトモザイクウイルスにしか耐性を持っていないので栽培には注意します。
オレンジ色のトマトの中でも酸味が少なく、甘みが強いのが特徴です。

 

 

■収穫時期

 

・イエロートマト
青いうちに収穫してしまうと若干の青臭さが残ります。
ヘタの際までしっかり黄色になってから収穫しましょう。

 

・オレンジトマト
こちらもヘタの際まで着色するまで待ちます。
オレンジトマトは緑から黄色、黄色からオレンジ色に着色してから収穫します。
色の変化も楽しめます。
*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方


スポンサードリンク

 

タグ :  

トマト 育て方

■人気の記事!