黒トマト 鉢上げ

トマトの育て方.com

黒トマト 鉢上げ

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

[黒トマト 鉢上げ]

 

 

発芽した黒トマトたちが本葉2枚くらいになってきたので、
4月26日に鉢上げをしました。

 

大体本葉が1~2枚になりました。
ちなみに、接ぎ木せずに自根です。

 

固定種なので、どの程度、病害の被害が出るのでしょうか?

 

晴れの日で気温が上がったときに全体的に萎れてしまい、
生き残ったのは写真に残っている子たちだけになってしまいました。

 

 

kurotomato-hatiage1
生き残ったトマトたち 4月26日

 

 

■鉢上げの土と準備

 

今回、用土は新しく買いました。
用土は、JAファームで購入したプラグ苗専用用土を使いました。

 

 

kurotomato-hatiage2
プラグ苗専用用土、サブライムソイル

 

 

ポットは4号ポリポットと、ポットの底のネットを使いました。

土から苗を取り出すときにはピンセットを使いました。

 

 

■鉢上げの手順

 

手順としては、土を入れて、黒トマトを植えて、水やり、です。
ポリポットの底に、土がもれないようにネットを敷きました。

 

土は大体3cmくらい、ポリポットの線のあたりまで土を入れて、
軽くトントンと慣らしてから少し土を足しています。

 

 

kurotomato-hatiage3
土はこれくらいが目安です

 

 

今回、卵パックを使って種まきをしました。
黒トマトの苗の少し外側くらいに、
ピンセットを入れてそのまま土ごと持ち上げると綺麗に取れます。

 

 

kurotomato-hatiage4
このあたりに刺して

 

 

kurotomato-hatiage5
土ごと持ち上げると取れます

 

 

うまく取れないときは、片方の手で支えるようにして、無理せず外します。
植えたあとは、根と土が密着するように軽く押さえました。

 

土を入れて、ポットを水にくぐらせて、
トマトを植える方法もありますが、どちらでも良いと思います。

 

ポットの関係もあり、大分減ってしまいました。
どうしても生育が悪い苗が出てきますので、
種を撒くときは、多めに撒いておく必要がありますね。

 

 

■鉢上げ後の管理

 

黒トマト、引き続き、室内で管理しました。
暖かくなってきているので、
暖房をつけなくても室内は20度以上を保っています。

 

日中は25度くらいをキープできています。
水は表面が乾いてきてから水やりをしています。

 

 

kurotomato-hatiage6

鉢上げ直後 4月26日

 

 

少し不安がありますが、これから1ヶ月後に定植できればOKですね。
気温が確保できるなら、もう少し早めに種まきをしたほうが良かったです。
この点は、反省です。

 

5月3日、生育は順調です。

 

 

kurotomato-hatiage7
順調に大きくなってきました 5月3日

 

 

あまり差がないように感じますが、数センチだけ伸びています。

5月12日、もっと大きくなりました。
青々してきてトマトらしくなり、茎もしっかりしています。

 

 

kurotomato-hatiage8
黒トマト、青々としてきました 5月12日

 

 

ちらりと見えているのはシシリアンルージュ。
そのうち、また栽培記録で紹介しますね。
*栽培と記事は、Senaさん担当です。
 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方


スポンサードリンク

 

タグ : 

トマト 栽培記録

■人気の記事!