ルンゴ 結実

トマトの育て方.com

ルンゴ 結実

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

RUNGO
ルンゴ、美味しいです♪

 

 

■ルンゴ 結実

 

ルンゴ、他のトマトと同じようにプランターで育てています。
サントリーフラワーズから出ている品種で、サンマルツァーノタイプのトマトです。

 

同系統のもので育てているのは、
シシリアンルージュサンマルツァーノリゼルバです。

 

この二つは小玉~中玉トマトくらいの大きさなのですが、
ルンゴは大きくなりそうな予感がしていました。

 

植えつけたのが5月27日、次に作業をしたのは6月8日で、観察もしました。

 

植えつけが遅かったのは、苗を買ってくるのが遅かったからです。
どのトマトを植えようかな、と思っているうちに日が経ってしまい……。
面白そうなルンゴを購入し植えつけました。

 

土は他のプランターと同じように、
市販の培養土に、トマト専用肥料を一握り程度混ぜました。

 

植え付けて、水やりをたっぷりとして、支柱を立てて仮誘引もしました。
6月8日より前に、第1花房が咲ききったので、トマトトーンを散布しました。
トマトが元気に生育には、第1花房の着果は重要ですからね!

 

と、6月8日のルンゴはこうなりました。

 

 

RUNGO01
ルンゴ 6月8日

 

 

生育がとても旺盛です。

 

遅く植えつけたとは思えない育ち方をしています!
葉も大きいです!
苗自体もすごいしっかりしています。

 

この日は仮誘引を直して、誘引をしなおしました。
誘引位置は、第1花房下の葉の下です。

 

第2花房までしっかり見えていますし、
茎もしっかりしているので、こちらも誘引をしました。
また、目立つわき芽もとりました。

 

ルンゴの実もしっかりついています。

 

 

RUNGO02
ルンゴの実

 

 

予想以上に大きいです。
予感はしていましたが、この時点で、
既にシシリアンルージュやサンマルツァーノリゼルバくらいの大きさになっています。

 

いったい、どのくらいの大きさになるのでしょうか。
サントリーフラワーズの写真を見てもかなり大きくなるようです。

 

あまり果実が大きくなると、尻腐れ果になりやすいので
早い段階で手を打ちたいところです。

 

まだ、気が早いかもしれませんが、収穫が楽しみです。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方


スポンサードリンク

 

タグ : 

トマト 栽培記録

■人気の記事!