ベネチアンサンセット 誘引

トマトの育て方.com

ベネチアンサンセット 誘引

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

Venetian-Sunset
ゼブラ模様のベネチアンサンセット

 

 

■ベネチアンサンセット 誘引

 

ベネチアンサンセット、中玉トマトの栽培です。
今回は1株だけ植えました。

 

5月16日に植えつけて、観察したのは5月27日と6月8日でした。

 

最初の観察は5月27日と、植え付けから10日程度経っていました。
この時点では茎も細く、わき芽も小さかったです。

 

また、誘引も無理のない場所に誘引していました。
苗が小さいときは無理に誘引したり、生長点の上で誘引してしまうと、
苗を傷つけてしまい、病気の原因になります。

 

この日は他のトマトと同じようにわき芽かきをメインに行いました。
写真が無いのが残念ですが、第1花房はまだ開花していませんでした。

 

次に観察したのが6月8日でした。

 

この日はわき芽かきと、誘引の位置を変える作業をしました。
第1花房が少しずつ開花し、第2花房も確認することができます。

 

わき芽かき、といっても確認できるわき芽は少ないですが、
小さいうちから取っておきます。

 

第2花房したのわき芽は、取らずに残しておきます。
これは、あとである方法を使って、わき芽を活かしていきます。

 

そして、5月27日より丈が伸びて、茎がしっかりしてきたので、
誘引の場所を直しました。

 

花房のすぐ下や、上だと実や花を傷つけてしまうので、
花房の1つ下の葉の下を誘引しておきます。
曲がってきたので、少し強めに誘引しました。

 

ここで少し気になったのですが、
第2花房より上の葉が丸まっているように感じます。

 

 

Venetian Sunset02
ベネチアンサンセット 6月8日

 

 

このプランターに肥料を多めに与えた記憶が無かったのですが、
丸まっていることから、窒素過多、肥料が多かった可能性があります。
そのうちに正常に戻ると思うので、そのままにしても大丈夫です。

 

ベネチアンサンセットは少し生育が遅いように感じます。
これは肥料不足などではなく、品種の性質なのかもしれません。

 

他のトマトは大体、第2花房まで開花しているか、開花しそうなくらいでしたが、
ベネチアンサンセットの第2花房はまだ蕾です。

 

第1花房も花が咲ききっていないので、
この日はトマトトーン(ホルモン処理)は、行いませんでした。

 

今後、どのように生長するのか楽しみです。

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方


スポンサードリンク

 

タグ : 

トマト 栽培記録

■人気の記事!