ピッコラカナリア 生長

トマトの育て方.com

ピッコラカナリア生長中!

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■ピッコラカナリア生長中!

 

ピッコラカナリア、オレンジ色のミニトマトです。
ピッコラカナリアは1株だけ植えました。

 

植え付けは5月16日で、観察した日が、
約10日後の5月27日と、さらに約10日空いて6月8日です。

 

最初に観察した5月27日は、わき芽かきがメインの作業でした。
株自体もまだ小さく、わき芽も小さかったので手で取りました。

 

また、ひょろっとしていたので無理な誘引はせずに、適当な場所で誘引しました。
生長しかけの上部を誘引してしまうと、傷つけてしまうこともあるので、
上部を避けて誘引しました。

 

こちらは写真がないのが残念ですが、
6月8日の写真を見てみましょう。

 

 

canary01
ピッコラカナリア 6月8日

 

 

大きく伸びて、第2花房まで開花しています!
第1花房はほぼ全て開花していて、実もついています。
また、早生品種なので生長がとても早いです。

 

この日はまず、わき芽かきをしました。
第2花房下のわき芽を生かそうと思いましたが、迷った末にこの日は残すことに。
他のわき芽は全て取りました。

 

そして次にトマトトーン散布(ホルモン処理)をしました。
使ったのはスプレー式のトマトトーンです。

 

トマトトーンを散布したのは、確実に実を着けて欲しいのと、
第1花房に実をつけることで、その後の生育が安定するので重要だからです。
トマトトーン散布をして着果を促しておきました。

 

第1花房はすでに、一つ、実を着けていたので、実を避けて他の花に散布しました。
第2花房もほぼ咲ききっているのでこちらも散布しました。

 

本当に、ピッコラカナリアは他のトマトに比べて生育が早いです。

 

そしてもう一つの発見。
ピッコラカナリアはベネチアンサンセットと同じプランターに植えてあります。

 

 

 

canary02
ベネチアンサンセットとピッコラカナリア

 

 

ベネチアンサンセットは窒素過多が見られたのですが、
ピッコラカナリアの1枚目の写真をよく見てみても、葉が丸まっていません。

 

同じプランターなのに、片方にだけチッソ過多が出ないのは初めての経験です。
かといって、5月27日時点でも葉が丸まっていなかったので、謎です。

 

謎を残したまま、この日の作業は終了しました。
早くオレンジ色の実を着けて欲しいものです。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方


スポンサードリンク

 

タグ : 

トマト 栽培記録

■人気の記事!