トマト栽培,まとめ

トマトの育て方.com

トマト栽培のまとめ 2016

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■トマト栽培のまとめ 2016

 

今年のトマト栽培、いろいろなことに挑戦しました。

 

プランターで2段摘芯をしてみたり、
植え場所は、地植え、庭の花壇、プランターの3箇所で栽培しました。

 

どのような結果だったのか、またはオススメ品種など記してみます。

 

・プランター栽培
2段摘芯は、プランター栽培には向いていないと思いました。
土の量が足りなかったり、土が根でいっぱいになってしまって、

 

肥料や水が吸収できずに、2段摘芯で大量収穫ができませんでした。
栽培するなら、1本仕立て、多くても2本仕立てくらいが無難そうです。

 

 

tomato2016-2
サンマルツァーノリゼルバ 1本仕立て

 

 

フルーツトマトは作りやすいと感じました。
どのトマトも甘くて美味しいトマトが収穫できました。

 

ルンゴだけは、尻腐れが多発してスプレーでも対処しきれなかったです。
大玉の中でも、大きくなるトマトなので地植えで育てたほうがよさそうです。

 

 

tomato2016-3
ルンゴ 尻腐れ

 

 

・花壇栽培、地植え栽培
花壇と地植え栽培は特に違いはありませんでした。

 

プランター栽培に比べて土の量の制限がなく、
肥料や水をしっかり吸収できているので
終盤になっても茎がしっかりとしていて、
花もつきも良く、大きな実をつけてくれました。

 

また、プランターで育てていたトマトのわき芽をさし芽して、
地植えで育ててみましたが、

 

プランター栽培と同じように甘いトマトは収穫できかなかったです。
それでも十分美味しいトマトが作れました。

 

 

tomato2016-1
収穫したトマト

 

 

・品種選び
ルンゴは失敗してしまい、栽培が難しかったと思います。
早い時期からの尻腐れが多発してしまい、まともに収穫できませんでした。

 

また、ベネチアンサンセットも少し失敗かな、と思いました。
収穫はできているのですが、思うように生育しませんでした。
ベネチアンサンセットは晩生品種のように感じました。

 

ミニトマトは、どのトマトも育てやすかったです。
病気にかかることもなく、元気に育ちました。

 

生育が早かったのは、プリンセスロゼ、アマルフィの誘惑、
ピッコラカナリアという印象です。

 

甘さは、トスカーナバイオレットとピッコラカナリアが甘かったです!
今回は、水を切って栽培し、とても甘いトマトが収穫できました。
フルーツトマトを育てるなら、この2品種が強いという印象です。

 

その他のトマトもそれぞれ特徴があって、どれも美味しかったです。

 

・まとめ
仕立て方は……1本仕立て、2本仕立てが無難。
フルーツトマトを作るなら……プランター栽培が向いている。
育てやすさ……ミニトマトが育てやすい。

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方


スポンサードリンク

 

タグ : 

トマト 栽培記録

■人気の記事!