トマト 支柱立て

トマトの育て方.com

トマトの支柱立て

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

今回は、トマトたちに本支柱を立てます。
*前回の栽培記録は、こちらをご覧ください。
>>トマトの植え付け

 

同時に、追加で買って来た苗を植え付けました。
追加で買って来たのは、こちらの二つです。
・サンマルツァーノ・リゼルバ(サンファーム)
・ルンゴ(サントリーフラワーズ)

 

 

■トマトの支柱立て

 

さて、本日の作業の支柱立てです。

畑から支柱を持ってきて、苗の本数分用意しました。
長さは2mくらいです。

 

一度そのまま立ててみたら、とても不安定……。
ベランダの手すりを活用して支柱をなんとか固定します。

 

紐は、麻紐を使ってみました、梱包紐でも良いです。

 

手すりの二箇所くらいに縛り付けられる場所があったので縛り付けます。
最初に縛るときはもやい結びという結び方でがっちり固定します。

 

普通の結び方だと少し緩むので、もやい結びにしました。
緩まない結び方なら、ほかの結び方でも良いと思います。

このような感じに固定しました。

 

 

tomato-sityutate001
もやい結びで固定

 

 

tomato-sityutate002
別角度からはこんな感じです

 

 

支柱と手すりを括りつけたあとは、左右に振れないように、
紐を巻きつけるようにぐるぐると回してあります。

これを全ての苗に行って、支柱立ては完成です。

 

横にもう一本、支柱を渡せば、よりしっかりします。
現在、やや左右に振れますが、許容範囲だと思います。

 

 

tomato-sityutate003
完成図

 

 

支柱を立てたので、誘引もしました。

支柱を固定するのに使った麻紐を使って、
苗の真ん中あたりを支柱へ仮誘引しました。

 

プリンセスロゼは5月16日時点ですでに実が着いていたのですが、
アマルフィの誘惑も実を着けはじめました!

 

 

tomato-sityutate004
アマルフィの誘惑 誘引 5月26日

 

 

他のトマト苗も同様に誘引してあります。
あくまでも仮誘引なので、軽く、すぐ解けるようにしてあります。
もう少し生長してきたら、誘引しなおします。

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方


スポンサードリンク

 

タグ : 

トマト 栽培記録

■人気の記事!