トスカーナバイオレット トマトトーン

トマトの育て方.com

トスカーナバイオレット トマトトーンを

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■トスカーナバイオレット トマトトーンを

 

トスカーナバイオレットを植え付けたのは5月16日でした。
約10日空いて、5月27日にわき芽とりもかねて観察してみました。

 

最初はひょろひょろとして、葉も小さいような感じでしたが、
しっかりと元気に生長してくれています。

少し植え付けが遅かったのですが、このままの調子で育って欲しいです。

 

 

Toscana002
トスカーナバイオレット 5月27日

 

 

左の苗の上のほうに、葉とは少し違うものが出てきています。
少し拡大してみましょう。

 

これが第1花房です。
しっかりと実をつけてくれればいいなと思います。

 

 

Toscana003
第1花房

 

 

この日はわき芽とりがメインの作業です。
葉が出ている茎の根元に小さいわき芽が出てきています。

 

小さいので手で、倒すようにするとポキっと折れます。

この日の作業はこれで終了です。

 

 

後日、6月8日にも観察をしました。
いきなり丈が、伸びたように見えます。

 

前回から10日空いているので、そう見えるのだと思います。
右の苗は第1花房もしっかりと確認できました。

 

 

Toscana004
トスカーナバイオレット 6月8日

 

 

左の苗も大きくなって、蕾がしっかりと確認できるようになりました。

 

 

Toscana005
花芽

 

 

第1花房に実をつけることは今後の収量に大きく関わってくるので、
トマトトーンを使って実がつきやすくするようにしました。

 

花は3つ咲いていますが、
トマトトーンは、3~4個の花が開花しているときに使うのが効果的なので、
この日のうちにトマトトーン処理(ホルモン処理)をしました。

 

 

Toscana001

右の苗の花

 

 

トスカーナバイオレットは名前の通り、紫色のような実をつけます。
実をつけるまでが、たいへん楽しみです。

 

収穫時期の見分け方が少し難しいですが、
またそれは収穫の時にご紹介しようと思っています。

 

ちなみに、わき芽は挿し木をしてあります。
使用した土は黒トマトの鉢上げ同様の土です。

 

挿し木をする前に日の当たる場所に放っておいたせいで、
少し萎れていましたが、なんとかりそうです。

 

挿し木をしたあとにあまり日が当たると、萎れるだろうと思ったので
直射日光が当たらないような場所で管理しています。

 

シャキっとしてきて、順調に生育しています。
こちらはシシリアンルージュ同様に畑に植えようと思っています。

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方


スポンサードリンク

 

タグ : 

トマト 栽培記録

■人気の記事!