シシリアンルージュ 摘芯

トマトの育て方.com

シシリアンルージュの摘芯

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

■シシリアンルージュの摘芯

 

シシリアンルージュトスカーナバイオレットなどと同様に摘芯を行いました。
2段摘芯をする予定のためです。

 

一番早く摘芯したのはシシリアンルージュでした。

 

作業をした6月13日は雨が降ったり止んだりと、不安定な天気でした。
雨の日に作業をするのはあまりよくないと言われます。

 

湿気により、わき芽や摘芯場所などの傷口が乾きにくく、
傷口から病害菌が入ってしまうことがあるそうですが、
今回は、日程的にも実験的にも、雨の日に作業してみました。

 

 

Sicilian 001
シシリアンルージュ 6月13日

 

 

使うわき芽が小さいうちに摘芯をしました。

他のトマトと違う条件は、

 

・雨の日の作業
・使うわき芽が小さい時からの摘芯

 

ということになります。

 

この日、わき芽は小さかったので誘引しませんでした。

約10日後の6月22日、仮誘引をしてあります。

 

 

Sicilian 002
シシリアンルージュ 6月22日

 

 

見た感じ、わき芽の生育が旺盛に感じます。
軽く支柱に誘引してあったので、ちょっと曲がっています。

 

この後、トスカーナバイオレットなどと同様に、捻枝をして、横に曲げました。

 

早くからの摘芯をすれば、その分栄養がわき芽にいくようなので
わき芽が伸びやすくなっていたのだと思います。

 

また、育てているほかのトマトに比べて、節と節の間が短かったので、
摘芯場所が低かったのだと思います。
わき芽は間伸びしているような状態ですが……。

 

また、雨の日に作業をしましたが、現在のところ病気の兆候はありません。
シシリアンルージュの摘芯のほかに、他のトマトのわき芽かきもしました。

 

雨天の摘心、わき芽かきは、気にしなくても良いかな? と思いましたが、
大量にトマトを育てたり、プロの農家のかたは、雨天は避けたほうが安心ですね。

 

雨の日は、トマトの茎がシャキっとしているので、捻枝はしないほうが良いです。

 

*栽培と記事は、Senaさん担当です。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方


スポンサードリンク

 

タグ : 

トマト 栽培記録

■人気の記事!