基本 トマトカレー

トマトの育て方.com

基本のトマトカレー

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

作っておくと便利で美味しい、基本のトマトカレーです。

 

 

■基本のトマトカレー

 

日本人が好きなカレーライスといえば、
肉とジャガイモ、ニンジン、タマネギが入った、とろっとしたものですね。

 

いつものカレーももちろんおいしいですが、
たまには家でも少し変わったカレーが食べたくなりませんか?

 

カレーにトマトを加えて作ることで、
トマトの旨みや甘酸っぱさが加わり、絶妙なカレーに仕上がります。

●材料

中玉トマト……6個~10個
タマネギ(大)……3個
ニンジン……1本

 

オリーブオイル……大さじ1
塩……1つまみ
カレー粉……小さじ1~小さじ2
水……1リットル
ローリエ……1枚~2枚

 

カレールゥ……6かけ
ケチャップ……大さじ2

 

●作り方


1.トマトはざく切りに、タマネギは皮を剥いて1cm角に、
ニンジンは皮をむいて1cm角に切っておきます。

 

 

2.深いフライパンや深めの両手鍋にオリーブオイルを入れ、中火にかけます。

 

温まったらタマネギを入れ、油を全体に回すように混ぜます。
タマネギに油が回ったら、塩を加えて炒めます。

 

タマネギから水分が出て透明になってきたら、トマトとニンジンを加え炒めます。
トマトの端が崩れてきたら、カレー粉を加えて混ぜながら炒めます。

 

カレー粉が全体に回ったら、水を入れてフタをし、沸騰させます。
沸騰したらローリエを加え、フタをして弱火で煮込みます。

 

 


3.ニンジンに火が通ったら、一度火を止めてカレールウを溶かします。
カレールウが完全に溶けたら火をつけ、ケチャップを加えます。

 

数分煮込んで味見をし、薄ければルウやケチャップを足して調整します。
味が整ったら出来上がりです。

 

●ポイント

最初の画像は、鶏肉・オクラ・ズッキーニを塩コショウだけで炒めたものに、
基本のトマトカレーをかけたものです。

 

お肉はお好みのもので良いですし、お肉なしのベジタブルカレーも美味です。
魚のフライなどをトッピングしてもおいしいカレーになります。

 

基本のトマトカレーにはジャガイモが入っていません。
余った時は保存袋などに1食分ずつ入れて冷凍しておくと、
いざというときに、すぐに使えて便利です。

 

タマネギ・ニンジン・トマトの量は、お好みで構いません。
タマネギをたくさん使うと甘くなります。

 

カレー粉の量もお好みで加減してください。
カレー粉はルウと違ってスパイシーさが増します。

 

*こちらもお勧め↓
・青いトマトのピクルス
・トマトのオーブン焼き
・トマトピラフ 炊飯器で!
・トマト餃子
・青いトマトのレシピ
・トマトとチーズのマリネ
・トマトトースト
・トマトの胡麻ドレ スパサラダ
・ミニトマトの厚焼き玉子
・フレッシュケチャップ
・ミニトマトとブリのアクアパッツァ
・ドライトマト|ミニトマトで簡単
・新鮮トマトのミネストローネ
・トマトとオクラの煮浸し
・フレッシュトマトのラタトゥイユ
・ミニトマトのハチミツ漬け
・ドライトマトのグリッシーニ
・ミディトマトとソラマメの白和え


スポンサードリンク

 

タグ : 

トマト 料理・レシピ

■人気の記事!