CFココ

トマトの育て方.com

CFココ

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

CFココ

 

 

CFココは、タキイ種苗が改良したミニトマトの品種です。
CFココは、もともとあったココという品種を、さらに改良したトマトです。

 

CFココとは、どのような特徴を持ったミニトマトなのでしょうか。
また、育て方には、特別なコツなどがあるのでしょうか。

 

 

[CFココ]

 

 

◎大粒で食べ応え抜群
CFココは、ミニトマト品種の中では、大粒の部類です。
1粒が20g~25gで、サイズに分けるとLサイズとなります。

 

実の揃いも良いので、出荷目的としても秀品率が高く、
しかも大ぶりの実なので人気があります。

 

今までミニトマトを育ててきた方の中で、
小さいものは少し物足りないと感じている方に、お勧めの品種です。

 

表皮の色は濃い赤色で、しかもつやがあるので見栄えがします。
果肉が硬めでしっかりとしているので、
総菜やお弁当として販売する場合の彩りとしても活躍します。

 

家庭で食べる場合でも、程よいサイズでお弁当に使いやすく、
食べ応えがあるのも嬉しい点です。

 

 

 

 

◎糖度高く緻密な肉質
糖度は高めで、肉質が緻密なので、とても食味の良い品種です。
糖度が高くても、旨みやコクが少ないとさらっとした風味になりますが、
CFココは濃厚な旨みとコクを持っています。

 

裂果に強いのに、皮が硬すぎることがないのも、高評価です。

 

◎肥料切れを防いで長期栽培
CFココは、葉かび病や斑点病に耐病性があり、育てやすいのも魅力です。
肥料成分をよく吸う性質があるため、体力が落ちにくく、
肥料切れを防ぐことによって、長期栽培が可能になります。

 

肥料は一度に多く与えるよりも、少量をこまめに与えた方が効果的です。
また、肥料の効果を最大限に活かすために、
水を控えずに与えるのがコツとなります。

 

ココより、1割~2割ほど灌水率を上げると、良い仕上がりになります。
元肥をたくさん入れると、どうしても株が暴れやすくなるため、
途中の追肥によって肥培する方向で育てます。

 

 

元祖ココ

 

 

■特徴

 

・1粒20g~25gの大粒タイプのミニトマトです。

 

・表皮は濃い赤色でツヤがあり、丸い形が美しい品種です。

 

・酸味が少なく、糖度は高めで肉質は緻密なので、極上の食味です。

 

・果肉が硬めなので、総菜やお弁当の彩りとして重宝します。

 

・小粒のミニトマト栽培では物足りない方にお勧めです。

 

・裂果が少ない品種です。

 

・元肥が多いと暴れやすく、樹ボケしやすくなるので注意します。

 

・肥料は追肥を中心に与えます。

 

・少量をこまめに追肥することで、体力を維持できるので、
長期栽培が可能になります。

 

・葉かび病、斑点病に耐病性があります。

 

 

■栽培のコツ

 

・基本は一般的なミニトマトと同じで問題ありません。

 

・肥料切れを起こすと、栽培期間が短くなるので注意します。

 

・追肥は4段目~5段目の花が開花した頃に与え始めます。

 

・追肥は1回に大量の肥料を与えず、少量をこまめに与えるようにします。

 

・肥効を出すため、灌水は怠らないようにします。

 

・ココに比べ、1割~2割ほど多く灌水します。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・ミニトマト わき芽かき


スポンサードリンク

 

タグ :

トマト 品種

■人気の記事!