世界一トマト

トマトの育て方.com

世界一トマト

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

sekaiititomato

世界一トマト

 

 

世界一トマトは、日本で栽培されるようになった、
トマトの中の元祖ともいうべき品種です。

 

今の日本で、主に栽培され流通しているトマトと比べると、
いろいろと違った特徴があります。

 

年配の方が、昔のトマトと今のトマトの味が違うと言われるのが分かるほど、
一度食べればその違いは歴然としています。

 

世界一トマトは、ポンテローザという品種のトマトから選抜・固定させた品種です。
なので、元のポンテローザと少し違う性質を持っているのも面白いところです。

 

見た目は丸っこく、ピンク色系の色をしていて、
1玉がだいたい250gくらいになる大玉種です。

 

水分が多いのが特徴で、水分の多さから長距離の輸送が難しかったため、
熟してから収穫して輸送するのに適した、最近の品種が主流になったと思われます。

 

いわゆる昔のトマトなので、酸味が強いのかと思いきや、
意外と酸味は少なく食べやすい味をしています。

 

トマトらしい青っぽさが少しあるので、
この点が、好き嫌いが分かれるところかもしれません。

 

火を通して食べる調理用というよりはやはり生食向きの品種です。
木につけた状態で完熟まで置いた世界一トマトをもぎ、
冷たい水で冷やしてかじれば、体にたまった熱も暑さによるバテも吹っ飛びそうです。

 

世界一トマトは固定種ではあるものの、育種・販売・栽培が開始された頃は、
まだ固定種の決まりがはっきりしていなかったこともあり、
栽培開始後にも交雑している可能性があるという説があります。

 

そのため、種の販売店や栽培した世界一トマトの実を売っている店によって、
特徴が少しずつ違う場合があります。

 

また、育てた環境によって、基準が250gの大玉ではあるものの、
100g~200gと少し小さめに育つ場合もあります。

 

ともあれ、非常に丈夫で育てやすい品種ではあるので、
トマト栽培初心者の方でも育てやすい品種かと思います。

 

ただし、多肥にすることは、避けましょう。
トマト全体にいえることですが、多肥にすると良いことはありません。

 

中でも世界一トマトは、少ない肥料でも育つ力があるため、
多肥にすると樹勢が異常に暴れたり、実付きが極端に悪くなることがあります。

 

過繁茂の状態になると、せっかく花が咲いても、
着果せずに落ちてしまう症状がよく出ることがあるので、肥料は適量を守ります。

 

肥料の量がよく分からない場合は、少なめに施肥するのがポイントです。

 

 

[世界一トマト]

 

 

■特徴

 

・日本のピンク系トマトの元祖です。

 

・果肉が柔らかく緻密で、水分が多いのが魅力。

 

・皮も柔らかめなので、収穫後は早めに消費するのが良いです。

 

・酸味はまろやかでさっぱりとした味わいです。

 

・栄養価が高く生食に向く品種。

 

・実は形の良い円形か少し扁平になります。

 

・基本の育て方を守れば、耐病性もあり多収穫になるので育てやす品種。

 

・トマト栽培初心者でも育てやすいです

 

 

■栽培のコツ

 

・基本は他の大玉トマトと同じ育て方でだいじょうぶです。

 

・多肥にならないよう、肥料は控えめに育てると良い実になります。

 

・あまり実を枝につけたままにしておくと、
実割れが多くなるので、熟した後は早めに収穫します。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方


スポンサードリンク

 

タグ :

トマト 品種

■人気の記事!