レッドペア

トマトの育て方.com

レッドペア

目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

redpear (2)

レッドペア

 

 

レッドペアというミニトマトの品種があります。
名前に入っている「ペア」とは、洋ナシを指しています。

 

実は真っ赤な色で、形は洋ナシのような形をしているため、
一般的なミニトマトとはまた少し違った楽しみ方ができる品種です。

 

洋ナシ型なので、ぷっくりと肥ったナスのようにも見える形をしていて、
実が連なってついている様子を眺めているだけでも楽しめます。

 

日本ではあまりメジャーなミニトマトではありませんが、
1玉がだいたい15g~20gくらいと、ミニトマトにしては少し大きめです。

 

一般的なミニトマトのように丸い形ではなく、少し縦長でスリムですが、
小さな丸いミニトマトに比べると重量があるため、食べ応えがあります。

 

甘みが少し強く、酸味とのバランスも良いので、
夏の間のヘルシーなおやつとしても活躍してくれます。

 

もちろんサラダなどにして食べたり、お弁当の彩りや隙間埋めにも適しています。

 

一般的なトマトとは違う洋ナシ型をしているため、目新しさがあり、
ミニトマトが少し苦手なお子さまでも気づかず食べてしまうかもしれませんね。

 

基本的には一般的なミニトマトと同じ育て方で問題ないのも嬉しいところです。
固定種なので、昔から育てられていて、比較的丈夫で育てやすいです。

 

1段の花房には、6個~8個くらいの実がつきますが、
環境が合っていればそれ以上の実をつけることもあります。

 

実が大きめで、やや肥料を好む性質ですが、無理に多肥にせずに、
基本的な育て方を守っていれば、特に大きな問題が起こることはありません。

 

むしろ肥料を与えすぎると、樹ボケを起こして実がつかなくなることもあるので、
初めて育てる方などは、標準内を出ないように肥料を与えましょう。

 

地植えはもちろん、鉢植えやプランター植えでも育てることが可能です。
レッドペアの色違いで、イエローペアという品種もあります。

 

赤と黄色の洋ナシ型の実が、鉢植えのミニトマトで並んで育っている姿は、
なかなかかわいらしく食欲もそそります。

 

赤と黄色の2色でカラフルなので、観賞価値も生まれます。
味よし、見た目よしのレッドペアなら、楽しみながら育てられます。

 

 

redpear

 

 

[レッドペア]

 

 

■特徴

 

・1玉15g~20gで、洋ナシのような形をしています。

 

・色は濃い赤色で、表面にツヤがあってヘタの際までキレイに色づきます。

 

・甘みがやや強いバランスの良い味わいで、食べやすいです。

 

・1段に6個~8個くらいの実がつきますが、それ以上つくこともあります。

 

・黄色種のイエローペアと並べて栽培すると、観賞価値が生まれます。

 

・比較的丈夫で、育てやすい品種です。

 

・固定種なので、種をとって翌年に育てることも可能です。

 

 

■栽培のコツ

 

・一般的なミニトマトと同じ育て方で問題ありません。

 

・肥料を好む傾向がありますが、無理に追肥をすると樹ボケすることがあるので、
最初は標準的な追肥を心がけ様子を見て量を変えます。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方


スポンサードリンク

 

タグ :

トマト 品種

■人気の記事!