レジナ

トマトの育て方.com

レジナ

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

regina
レジナ

 

 

レジナは、鉢植え用のコンパクトな可愛いミニトマトです。

 

なかなかスペースが取れない、でもトマトを作りたい!
そんな方にはレジナをお勧めします。
小さなスペースや、室内でも栽培できます。

 

ハート形 トマト シリーズを、以前、紹介しましたね。
同じように小さな鉢で栽培できますが、

レジナは、普通の形、丸い形をしたミニトマトです。
ハート形 トマトよりレジナのほうが入手しやすいです。

 

レジナは観賞用としても人気があり、見て、食べて楽しめる品種です。

 

鉢は、5号鉢(15cm)くらいの大きさで大丈夫です。
培養土を入れて植えるだけ!

 

鉢が小さいもので良いですし、支柱も不要なので便利です。

丈も小さいので、基本的には放任栽培です。

 

なかなか世話をできないという方でも育てやすいトマトです。

 

初心者でも見て楽しめるのでトマトを作りたい、
普通のトマト栽培は難しそう、と思う方はまずレジナを育ててみては?

 

 

minitomato001

簡単に育てられ、おいしいミニトマトです

 

 

[レジナ]サカタのタネ

 

 

■特徴

 

・5号鉢くらいの大きさの鉢、プランターで栽培できます。

 

・形は丸い形をしていて、赤色、または赤橙色をしたミニトマトです。

 

・実のサイズも小さく15g~20gで、実もたくさんつきます。

 

・完熟してから収穫すると、酸味と甘みのバランスが良いです。

 

・生食はもちろん、加熱調理をしてもおいしく食べられます。

 

・小さい鉢で栽培でき、支柱が不要です。

 

・節と節の間がとても狭く、丈が15cm~20cmくらいになりますが、
それ以上には伸びませんので、コンパクトです。

 

 

■栽培のコツ

 

・種まきは、普通のトマトと同じように行い、
本葉が2枚くらいになったら2.5~3号鉢に植え替え、
その後に5号鉢など使いたい鉢やプランターに植えつけます。

 

・複数株を植える場合は、株間を40㎝くらいにします。

 

・植え付け後は放任栽培で良いです。

 

・室内で栽培する場合、日当たりが良く、風通しの良い場所に置いてください。

 

・アブラムシなどの虫の防除は早期に発見し徹底して行います。

 

・完熟する前に収穫すると、青臭さが残りますので、
完熟させてから収穫しましょう。

 

・その他基本的な栽培は普通のミニトマトと同じように行います。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方


スポンサードリンク

 

タグ :

トマト 品種

■人気の記事!