ルージュドボルドー

トマトの育て方.com

ルージュドボルドー

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

rougedebordeaux-new

ルージュドボルドー

 

 

ルージュドボルドー、マウロの地中海トマトの一つをご紹介します。
こちらもホームセンター、インターネットなどで入手がしやすくなっています。

 

このトマトは赤色というより朱色をしていて鮮やかです。
実のつきかたにも特徴があります。

 

ルージュドボルドーは綺麗に実をつけてくれます。
房で収穫することもできます。

 

まるで葡萄のように房なりに実をつけます。
ルージュドボルドーの実り方が、葡萄に見えるということから、
ルージュ「ド」ボルドーの「ド」の文字がブドウの絵になっています。

 

このトマトの魅力は、実が割れにくいことと、葡萄のように房なりになることです。
マウロの地中海トマトの中でもダントツで実が割れにくく、
房なりに実がつくので房での収穫も可能です。

 

病害にも強く、実が割れにくいことからマウロ地中海トマトの中でも栽培がしやすいです。
苗の入手はホームセンター、または通販で購入ができます。

 

初心者の方でも簡単に栽培ができますのでトマト栽培入門には最適です♪

 

 

[ルージュドボルドー]

 

 

■特徴

 

・萎ちょう病、半身萎ちょう病、トマトモザイクウイルスに耐病性を持っています。

 

・朱色で丸いトマトです。

 

・葡萄のように房なりに実をつけるので多く収穫することができます。

 

・糖度は7度~10度前後です。

 

・甘みと酸味のバランスがとても良く、すっきりとした味わいです。

 

・実の大きさは10g~15gで普通のミニトマトより小さめです。

 

・実が割れにくいことから皮が硬めです。

 

・中晩生品種です。

 

・1房に20~30程度花をつけます。

 

・花粉の発生が良いので実のつきが良いです。

 

 

■栽培のコツ

 

・元肥、追肥は普通のミニトマトと同様に行ってください。

 

・5月から6月末まで植え付けが可能で収穫は7月上旬から10月中旬までできます。

 

・収穫は遅くても皮が割れにくいので問題ありません。

 

・特別注意することはありませんのでトマト栽培の基本に従って栽培します。
*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方


スポンサードリンク

 

タグ :

トマト 品種

■人気の記事!