プリンセスロゼ

トマトの育て方.com

プリンセスロゼ

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

tomato_princessrose (2)

プリンセスロゼ

 

 

ミニトマト、有名品種は育て飽きた、
ちょっと違うミニトマトを作ってみたい方はこちら!

 

「プリンセスロゼ」

 

マウロの地中海トマトといわれる中の一つです。
マウロの地中海トマトとは、イタリアの天才ブリーダーである、
マウロ氏が日本人向けに開発したブランドです。

 

地中海トマトの中で最も知られるのは、
シシリアンルージュ、サンマルツァーノ・リゼルバではないでしょうか。

 

地中海トマト全般に言えることですが、
この品種はソバージュ栽培(別名:露地放任栽培)と呼ばれる、
栽培方法での栽培ができるんです。

 

芽かきなどせずに自然のまま栽培する方法です。
もちろん普通に栽培しても構いません。
トマト栽培、玄人の方はいかがでしょうか?

 

プリンセスロゼはロゼの名前の通り、
色はややピンク色でとても可愛いらしいのが特徴です。

 

地域によっては大きなホームセンターで4月頃から販売されています。
もしお近くのホームセンターにないようなら、
通販などで購入できるので通販も活用してみては。

 

今流行のフルーツトマトに分類されますが、
このトマトの市場への流通はほとんどありません。

 

栽培にちょっとコツが必要なのと、
他のトマトとの差別化を図るためか高額なためです。

 

手が止まらなくなるほど美味しいこのトマト、
自宅で特別なトマトを食べてみませんか?

 

 

tomato

 

 

[プリンセスロゼ]マウロの地中海トマト

 

 

■特徴

 

・苗がやや高額です。

 

・ロゼ、の名前のとおりややピンク色をしているミニトマトです。

 

・酸味が爽やかに、甘みが強くコクがあり、
栽培によっては糖度10度以上にもなります。

 

・実が割れてしまう=裂果、ということは少ないです。

 

・花粉の発生が良く、実のなりが良いのでたくさん収穫できます。

 

・ミニトマトですので、実は約15g~20g前後と標準サイズです。

 

 

■栽培のコツ

 

・苗の状態だと徒長気味であることが多いので、
定植後は日光にしっかり当てましょう。

 

・病害に対してとても弱いので栽培には注意が必要です。
連作などは絶対にやめましょう。連作障害を起こしやすいです。
それ以外は普通のミニトマトと同じような栽培でだいじょうぶです。

 

・裂果が少ないので水は通常のミニトマト栽培と同様で構いませんが、
甘みをより引き出すために実がつき始めたら、
水やりを控えめにするととても甘いトマトになります。

 

・カルシウム不足になることはほとんどありませんが、
追肥はしっかりと行ったほうが健康に育ちます。

 

・栽培期間は4月下旬、または5月上旬までに定植を済まします。

 

・早生品種ですので収穫は6月下旬頃となります。
ただし、あまり長期に渡り栽培をすると、
苗が弱ってくるので早めに収穫するようにしましょう。

 

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方


スポンサードリンク

 

タグ :

トマト 品種

■人気の記事!