トマトベリー

トマトの育て方.com

トマトベリー

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

トマトベリー

 

 

トマトベリーは、トキタ種苗が改良して作った、ミニトマト品種です。
かわいらしいベリー型をしている大人気のミニトマトですが、
トマトベリーとはどのような品種なのかご紹介します。

 

 

[トマトベリー]

 

◎トマト+ベリー
トマトベリーは、お尻が少しとがり、ヘタの周りが少し膨らんだ形をしています。
その姿はまるで、真っ赤なハートのようにも見えますし、イチゴのようにも見えます。

 

トマトベリーを開発していた方は、試作品を自宅に持ち帰ったところ、
子どもがトマトをイチゴと勘違いしたところから、
このトマトベリーという名前を思いついたそうです。

 

まるでベリーのような形、けれど食べるとトマトというトマトベリーは、
まさにトマト+ベリーのミニトマトなのです。

 

◎トマト嫌いも食べやすい
トマトベリーがベリーらしいのは、見た目だけではありません。
小さな実の中には、たっぷりと甘みと旨みが詰まっています。

 

実際に食べてみると、酸味よりも甘みの方が強く、
どちらかというとフルーツのような味わいです。

 

トマト嫌いの方の多くは、トマトの青臭さやゼリー部分の食感、酸味、
ぐにゃぐにゃの食感などを、トマトが嫌いな理由にあげています。

 

トマトベリーは、トマトの青臭さ、酸味が少なく甘みが強いのが特徴です。
また、果肉部分も柔らかいわけではなく、硬すぎることがないため、
食感良く食べやすくなっています。

 

今までトマトが嫌いだった方も、トマトベリーを食べれば、
トマトへの印象が変わると思います。

 

◎まるでフルーツ
トマトらしからぬ酸味の少なさと強い甘みは、
フルーツトマトをも超えているかもしれません。

 

サラダの彩りとして使うだけでなく、
デザートとしてフルーツの代わりもできるミニトマトです。

 

甘みが強く食感が良い特徴を生かし、
フルーツの代わりにデザートとしてそのまま食べるのはもちろん、
ケーキやゼリーなどのお菓子に使うこともできます。

 

また、ジャムなどの加工品にすることもできるため、
使い道は今までのミニトマトより幅が広いです。

 

◎家庭菜園向きに進化
トマトベリーをさらに改良し、家庭菜園でも育てやすいように作ったのが、
トマトベリーガーデンです。

 

ホームセンターなどでも苗を購入することができるので、
一般の方でも気軽に栽培にチャレンジすることができます。

 

最初の1段目や2段目くらいまでは、
あまりお尻がとがらないことがあるため、見た目がイチゴに見えないこともあります。
けれど株が生長して充実するると、お尻がとがってイチゴのような形になってきます。

 

 

こんな綺麗に実ります

 

 

■特徴

 

・直径3cmほどのミニトマト品種です。

 

・ツヤのある真っ赤な色が美しいです。

 

・イチゴのようなハート形をしていて、可愛らしい姿をしています。

 

・皮が薄く、口に含んでも残りにくいです。

 

・糖度が非常に高く、酸味が低いのでフルーツのような甘みを感じることができます。

 

・一般的なトマトに比べて青臭さがないため、トマトが苦手な方でも食べやすいです。

 

・味も食感も良いので、生食はもちろん、ケーキやジャムなどの加工品にも使えます。

 

 

■栽培のコツ

 

・家庭菜園には、トマトベリーを育てやすく改良したトマトベリーガーデンがお勧めです。

 

・育て方は、一般的なミニトマトと同じです。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・ミニトマト わき芽かき


スポンサードリンク

 

タグ :

トマト 品種

■人気の記事!

«  | ホーム |