スーパー ファーストトマト

トマトの育て方.com

スーパー ファーストトマト

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

super First
スーパー ファーストトマト

 

 

スーパーファーストトマトは、愛知県で生産されているファーストトマトを元に、
生まれた品種です。愛三交配が販売しています。

 

ファーストトマトの良さを引き継ぎ、
さらに耐病性をつけた育てやすく、味も良いのが特徴です。

 

スーパーファーストトマトの元となったファーストトマトは、
先端のとがった形が特徴でしたが、スーパートマトは先がとがりません。

 

ただ、低温期に着果・肥大した実は、先端がとがることがあるそうです。
標準的なスーパーファーストトマトの実は、先端はとがらず丸い形をしています。

 

色はほとんど深紅に近いような濃い桃色をしています。
肉質は少し硬めですが、切っても形が崩れないのが特徴です。

 

果肉が硬めだと、味が青っぽかったり薄かったり酸っぱかったりしそうですが、
スーパーファーストトマトは糖度が高めで、甘みの強い品種です。

 

実の大きさは230g~250gと立派な大玉です。
品種の特性として、草勢も強めで着果後の実の肥大具合も良いので、
大玉としてしっかり育ちます。

 

初心者の方にとって、大玉トマトは難しそうなイメージがあるかもしれません。
確かにミニトマトに比べると、大玉トマトは着果率が悪くなったり、
実の肥大がうまくいかないこともあります。

 

着果してから収穫までの期間も、ミニトマトより長くなるので、
その分病気にかかる可能性も高くなります。

 

ファーストトマトに比べ、アルターナリア茎枯病や萎凋病、
TMV(TM2a)に対して耐性があるので、
初心者の方でもチャレンジしやすいのではないでしょうか。

 

スーパーファーストトマトはハウス栽培を基準にして作られた品種なので、
冬~春のハウス栽培にも使えます。

もちろん夏のトマト栽培として育てられるので、
トマト栽培に慣れた方にもお勧めの品種です。

 

 

[スーパー ファーストトマト]

 

 

■特徴

 

・1玉が230g~250gになる大玉種です。

 

・皮は濃い赤桃色で、発色が美しい品種です。

 

・形は丸っこいですが、低温期に育った実は少し先端がとがった形になりやすいです。

 

・果肉は硬めですが甘みが強く、生食に向いています。

 

・草勢が強めで、栽培後半になってもスタミナ切れの心配が少ないです。

 

・着果率が高く、玉伸びも良いです。

 

・ハウス栽培を基準として作られた低温期用の品種ですが、夏栽培も可能です。

 

・萎凋病、アルターナリア茎枯病、TMVに対する耐病性があります。

 

 

■栽培のコツ

 

・もともと草勢が強いので、多肥にならないように調整します。

 

・根が旺盛で強いので、栽培後半までしっかりと着果・肥大します。

 

・栽培後半まで実をきちんとつけるので、後半は肥料切れしないよう注意します。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方


スポンサードリンク

 

タグ :

トマト 品種

■人気の記事!