グリーンチェリートマト

トマトの育て方.com

グリーンチェリートマト

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

グリーンチェリートマト

 

 

グリーンチェリートマトは、藤田種子株式会社が販売している、
外見がとても珍しく魅力あるミニトマトの品種です。

 

グリーンチェリートマトの特徴と育て方のコツをご紹介します。

 

 

[グリーンチェリートマト]

 

 

◎珍しいグリーンカラーのミニトマト
グリーンチェリートマトは、
名前の通りグリーンカラーが特徴のミニトマトです。

 

日本人の想像するミニトマトといえば、赤色が主流です。
ちょっと変わった色として、黄色やオレンジ色などが増えてきましたが、
緑色のミニトマトというのは、まだまだ珍しいのではないでしょうか。

 

緑は緑でも、濃い緑色ではなく、黄緑に近い色をしています。
色は黄緑色をしているので珍しいですが、
形は普通の丸いミニトマトの形をしていて、大きさも普通サイズです。

 

ミニトマトとして食べやすいサイズなので、
サラダなどに使うのはもちろん、お弁当の彩りにも適しています。

 

ピクルスにすることもできるので、他の赤や黄色のミニトマトと一緒に、
カラフルなピクルスを作っても楽しそうです。

 

緑色だと、収穫のタイミングが分かりにくいということもありますが、
グリーンチェリートマトなら、収穫適期の判断が比較的容易です。

 

 

 

 

◎想像以上にジューシー
緑色=未熟というイメージが強いためか、
グリーンカラーのトマトは硬そうに見えます。

 

けれどグリーンチェリートマトは、ほどよい柔らかさの果肉に、
たっぷりの果汁が含まれていて、とてもジューシーな食感です。

 

硬そうに見える外見とジューシーな味わいのギャップに驚き、
1つ食べればやみつきになりそうなおいしさです。

 

酸味もそれほど強くなく、甘みが強く食べやすい風味なのも、
日本人にとっては嬉しい点です。

 

ミニトマトが嫌いな理由の1つに、酸っぱいことが入ることも多いので、
ミニトマトが苦手な方でも食べやすいかもしれません。

 

◎意外と育てやすい
見た目が珍しいと、どうしても育てるのも難しそうに見えますが、
グリーンチェリートマトは、そんなことはありません。

 

基本的な育て方は、日本で一般的に育てられるミニトマトと同じです。
現在は種での販売が基本となっているので、
種からミニトマトを育ててみたい方、
少し珍しい品種を育ててみたい方にお勧めです。

 

 

■特徴

 

・黄緑色をした珍しいミニトマト品種です。

 

・色は珍しいですが、形は普通のトマトと同じなので、親しみやすいです。

 

・見た目に似合わずジューシーで食べやすい食感です。

 

・酸味が強くなく甘みがあるので、ミニトマトが苦手な方にお勧めです。

 

・サラダや付け合わせ、ピクルスなどに使えます。

 

・他の赤や黄色のミニトマトと合わせ、カラフルな色を楽しめます。

 

 

■栽培のコツ

 

・一般的なミニトマトの育て方と収穫時期と同じで問題ありません。

 

・過湿を嫌うため、水はけの良い土に調整しておきます。

 

・土の水はけが悪い場合は、高畝にして水はけを良くしておきます。

 

・尻ぐされ果を予防するため、
苦土石灰などを使ってカルシウムを土に足しておきます。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・ミニトマト わき芽かき


スポンサードリンク

 

タグ :

トマト 品種

■人気の記事!