キャロル10

トマトの育て方.com

キャロル10

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

キャロル10

 

 

キャロル10は、サカタのタネが改良して作った、ミニトマト品種です。
サカタのタネのキャロルシリーズには、いくつかの種類があります。

 

その中でも人気のキャロル10には、どのような特徴があるのでしょうか。
キャロル10の特徴とあわせて、育て方のポイントもご紹介します。

 

 

[キャロル10]

 

 

◎つやがあり見映えが良い
キャロル10は、表面にとてもつやがあり、色もとても濃く、
ヘタの際までしっかりと色づきます。

 

誰が見ても好感が持てるミニトマトの容姿を持っている上に、
照明の下では特にその真価を発揮でき、商品価値の高い品種です。

 

家庭菜園で育てると、見た目はそれほど気にしない場合もありますが、
スーパーなどで商品として扱われるのには、やはり外見はとても重要です。

 

特に陳列した際、照明の光を受けることによって、
さらに美しい姿になるのであれば、目を引くこと間違いありません。

 

1粒がそれほど大きくはありませんが、このつやと色の鮮やかさによって、
他の赤色ミニトマトと区別することができます。

 

◎皮が薄く高糖度で食べやすい
キャロルシリーズは、どれも糖度が高くおいしいのが特徴です。
その中でもキャロル10は、皮がとても薄く柔らかいので、
食べやすい食味をしています。

 

ミニトマト特有の酸味や青臭さがほとんどなく、
そのまま口に放り込んでも、皮が口に残りにくいので、
ミニトマトが苦手な方にもお勧めできます。

 

◎耐病性があって多収穫
キャロル10には、萎凋病、モザイクウィルス、葉かび病に抵抗性があり、
さらに斑点病に耐病性、センチュウに耐虫性があるので、
安心して育てることができます。

 

しかも草勢がややおとなしめであるにも関わらず、
低段から花房がダブルになりやすく、
たくさんの実をつけるため、多収穫がのぞめます。

 

初期から多量の実をつけるため、スタートダッシュが可能な品種です。
裂果しにくい性質を持っているので、着果した分はほとんど収穫でき、
粒の揃いが良いのも魅力です。

 

基本の夏秋栽培はもちろん、促成栽培にも適応できるので、
農家の方にもお勧めです。

 

もちろん、耐病性が強く草勢のコントロールが容易なので、
家庭菜園で楽しむのにも向いています。

 

 

 

 

■特徴

 

・照りが強く真っ赤な皮が特徴のミニトマトです。

 

・ミニトマトの中では中くらいのサイズで、使いやすい大きさです。

 

・丸い形と、照明の下で見栄えのする色つやをしているので、
商品価値がとても高いです。

 

・糖度が高く食べやすい。

 

・裂果しにくい性質があるにも関わらず、皮がとても薄く口に残りにくいです。

 

・萎凋病、モザイクウィルス、葉かび病に抵抗性があります。

 

・斑点病に耐病性があります。

 

・センチュウに耐虫性があります。

 

・草勢はおとなしめで管理しやすい。

 

・花房は初期からダブルになりやすく、裂果も少なく多収穫が見込めます。

 

・基本の夏秋栽培はもちろん、促成栽培にも使えます。

 

 

■栽培のコツ

 

・基本の育て方は、一般的なミニトマトの育て方と同じです。

 

・若苗定植が可能な品種なので、1段目の花が開花する前に定植します。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・ミニトマト わき芽かき


スポンサードリンク

 

タグ :

トマト 品種

■人気の記事!