イエローミミ

トマトの育て方.com

イエローミミ

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク

イエローミミ

 

 

イエローミミは、カネコ種苗が改良して作ったミニトマトの品種です。

 

可愛らしい黄色い実をつけるイエローミミとは、
どのような特徴を持ったミニトマトなのでしょうか。
また、育て方にはどのようなコツがあるのでしょうか。

 

[イエローミミ]

 

◎真ん丸で明るい黄色が魅力
イエローミミは、可愛らしいころんとした丸い形のミニトマトです。
1粒が15gほどによく揃い、明るいレモンイエローに色づきます。

 

ミニトマトといえば赤色でしたが、近年は黄色やオレンジ色など、
赤色以外のミニトマトも人気が高まっています。

 

枝に実がついている状態でも可愛らしく、
赤い実やオレンジ色の実がつく品種と並べて栽培すれば、
食べる目的だけでなく、観て楽しむこともできます。

 

食べやすいサイズなので、
気軽に口に含んで食べることができるのも魅力的です。

 

◎甘くてフルーティー
糖度が高く、フルーティーな風味があるため、
ミニトマトが苦手な方にもお勧めできます。

 

さらに食感もとても良いため、
珍しい品種ながら外見・食味ともに良好な品種となっています。

 

甘みと爽やかな風味があるので、
フルーツの代わりにおやつやデザートとして食べることもできます。

 

もちろん、ミニトマト本来の風味や旨みもきちんとあるので、
サラダや付け合わせ、お弁当の彩りにも使え、使い勝手の良い品種です。

 

◎裂果が少なく家庭菜園でも育てやすい
イエローミミは裂果が非常に少ない品種です。
出荷目的で育てる場合、どれだけ秀品を収穫できるかが、大切になります。

 

イエローミミの場合、裂果が少ないので廃棄に回す実の数が減らせ、
しかも15g前後によく揃い、ミニトマトのM~L寸に育ちます。

 

秀品率も高いので、出荷するには良い品種といえます。
スタミナもあり、年間のどの作型にも適応できるため、
農家にも家庭菜園にも向いています。

 

ただ、少々根が粗いため、水管理が難しい場合があります。
極端に水を制限すると、すぐに株が傷んでしまうこともあるため、
水やりには、気を付けるようにします。

 

スタミナ維持のために、定植は1段目の花が開花する前後に行います。
少し若い苗を定植することで、草勢の強いスタミナのある株に仕上がります。

 

栽培中は、灌水も追肥も偏りがないように行います。
根の伸びがやや弱いので、水切れには注意した方が良さそうです。

 

モザイクウィルス、萎凋病に耐病性があり、
めがね茎などの異常茎の発生も少ないので、基本的に育てやすい品種です。

 

 

■特徴

 

・明るいレモンイエローで丸い形をしたミニトマトです。

 

・1粒15g前後に育ち、揃いが良いのが特徴です。

 

・糖度が高くフルーティーな味わいで、甘みと旨みが凝縮されています。

 

・ミニトマトの爽やかさと甘み、旨みがそろっていて食味が良いです。

 

・生食に最適なので、サラダやお弁当の彩りはもちろん、
おやつやデザートとしても食べることができます。

 

・裂果が少なく、クズ果が少なくて済みます。

 

・モザイクウィルス、萎凋病に耐病性があります。

 

・どの作型にも適応できます。

 

・やや若苗状態で定植することで、スタミナのある強い株に育てられます。

 

 

■栽培のコツ

 

・基本の育て方は、一般的なミニトマトの栽培法と同じで構いません。

 

・根が少々粗く、根の伸びが悪いので、極端な水分制限は控えます。

 

・苗が定着した後は、適度な灌水と追肥を心がけます。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・ミニトマト わき芽かき


スポンサードリンク

 

タグ :

トマト 品種

■人気の記事!

«  | ホーム |