イエローアイコ

トマトの育て方.com

イエローアイコ

目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

yellowaiko002

イエローアイコ

 

 

黄色いトマトと言えば、イエローアイコではないでしょうか。
知名度は一番ですし、人気も一番です♪

 

赤いアイコは2006年に販売が開始されましたが、
イエローは2008年から販売され、農家でも家庭菜園でも人気が高いです。

 

アイコ同様に肉厚で食味が良いです。
イエローアイコはアイコよりトマト特有の香りが控えめで、
トマトが嫌いな方でも食べやすい品種となっています。

 

イエローアイコは、アイコより、数値的にはやや糖度が落ちます。
糖度は落ちますが酸味が控えめなので、糖度以上に甘く感じられ、
十分な味わいと甘さのあるイエロートマトです。

 

そのまま食べても美味しいですし、サラダの彩りにも美しいです。
もちろん栽培の仕方によっては甘くすることもできます。

 

アイコとイエローアイコの両方を栽培して、食べ比べをするのも楽しいですね。

栽培に関してですが、実が割れることが少なく、完熟での収穫ができます。
豪快に、房ごとの収穫も可能です。

 

アイコと同じように苗、種ともにホームセンターなどで手に入りやすく、
初心者のかたでも、手軽に栽培できます。

 

アイコと並んで人気の商品でイエロートマトの代表品種であるイエローアイコ。
イエローミニトマトは、まずこちらから栽培してみませんか?

 

 

yellowaiko001

イエローアイコ、房ごと収穫、楽しいですよ!

 

 

[イエローアイコ]サカタのタネ

 

■特徴

 

・葉かび病、トマトモザイクウイルス、斑点病などに耐病性を持っています。

 

・形は縦に長く、プラム型です。

 

・実のつきが良いので収量が多いです。

 

・酸味が控えめで糖度以上に甘みを強く感じられます。

 

・肉厚でゼリー部分が少ないので飛び出しが少ないです。

 

・実が割れてしまうことが少なく、日もちも良いです。

 

・房ごとでの収穫ができ、下段はシングル花房ですが
上段からはダブル花房以上になり多くの収穫が見込めます。

 

 

■栽培のコツ

 

・元肥・追肥は普通のミニトマトと同じように行ってください。

 

・基本的には、栽培の仕方はアイコと変わりません。

 

・収穫は果実のヘタの際まで黄色くなり全体濃い黄色になって、
実を触ってやわらかさを感じたら収穫適期です。
*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方


スポンサードリンク

 

タグ :

トマト 品種

■人気の記事!