アマルフィの誘惑

トマトの育て方.com

アマルフィの誘惑

読了までの目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

tomato_amalfi
アマルフィの誘惑

 

 

「アマルフィの誘惑」もマウロの地中海トマトの中の1つです。
マウロの地中海トマトシリーズもこれで最後かもしれません。

 

アマルフィの誘惑は、赤色をしている中玉トマトです。
この名前の由来は、一つ食べたら、また探して食べたくなるような、
魅力的で誘惑されるような美味しさからつけられました。

 

実際に食べてもとても甘く、また食べたくなるようなトマトです。
ベネチアンサンセット同様に、
水を切って栽培する必要があるので育て方がやや難しいです。

 

しかし水を切りすぎたり、肥料が偏ると尻腐れ果の発生が多くなります。
水管理のほかに肥料の管理も、やや難しいです。

 

このアマルフィの誘惑は上級者向きの品種と言えるでしょう。

苗の入手は、現在のところ通販のみです。
一度食べてまた食べたくなる、誘惑されるトマトを栽培してみてください。

 

 

[アマルフィの誘惑]

 

 

■特徴

 

・萎ちょう病、半身萎ちょう病、トマトモザイクウイルスに耐病性を持っています。

 

・丸い形をしており、実の大きさは35~40gです。

 

・糖度は7度~10度、栽培の仕方によってはそれ以上になります。

 

・甘みが強く、酸味が少ないので甘いトマトを求めている方にはオススメです。

 

・実が割れにくいですが皮の硬さは気になりません。

 

・早生品種です。

 

・玉の揃いが良いです。

 

・花粉の発生が良いので実のつきが良いです。

 

 

■栽培のコツ

 

・元肥、施肥は中玉トマトと同じで良いです。

 

・5月から6月いっぱいまで植え付けでき、収穫は7月上旬から10月中旬までできます。

 

・ベネチアンサンセット同様に水を切っての栽培になります。

 

・尻腐れ=カルシウム欠乏になりやすいので気をつけてください。

 

・カルシウム欠乏になったときは、
カルシウムを含んでいる肥料を追肥したり葉面散布を行います。
*葉面散布(ようめんさんぷ)とは、
土から吸収が難しい、吸収しにくい微量要素を、
液体にして葉に散布し与えることです。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方


スポンサードリンク

 

タグ :

トマト 品種

■人気の記事!

«  | ホーム |  »