ミニトマト 花が咲いてから実がなる

トマトの育て方.com

ミニトマト 花が咲いてから実がなるまで

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク

一段目花房の開花

 

 

ミニトマトの苗を植え付ける時、1段目の花は1つか2つ、咲いています。
この花が咲き実がなって収穫するまで、毎日ドキドキワクワクしながら、
ミニトマトの様子を見ている、という方も多いでしょう。

 

ミニトマトの花が咲いた後は、どうなるのでしょうか。

 

 

[ミニトマト 花が咲いてから実がなるまで]

 

 

■収穫までの日数

 

ミニトマトは、花が咲いて実となり、実が肥大して色づき完熟するまで、
だいたい55日前後かかるといわれています。

 

ミニトマトは、1段目の花が咲いて以降、株はどんどん伸びて大きくなり、
それに伴って2段目、3段目の花房もつきます。

 

毎日少しずつ変化しながら生長する姿を見ていると、
収穫までの時間が短く感じることもありますが、
完熟までには、意外と長い日数がかかります。

 

ミニトマトの花自体の寿命は、それほど長くありません。
開花から数日のうちに散り、その後数日経つと、
実が膨らみ始めているのが見えるようになります。

 

着果できなかった花は、花のガクごと落ちるので、
花が早々に散っても気を落とす必要はありません。

 

 

人工授粉

 

 

■必要な作業

 

・受粉(人工授粉)
花が咲いた後に実をつけるためには、やはり受粉が必要です。
ミニトマトは、1つの花の中に、雌しべと雄しべが存在しています。

 

本来は、風などによる軽い振動や、虫による媒介によって、受粉は完了します。
けれど、1段目の花房がきちんと着果しないと、その後の生育にも影響が出るので、
1段目だけは確実に着果させたいところです。

 

風や虫など、自然に頼って栽培してももちろん良いのですが、
不安な場合は人工受粉がお勧めです。

 

花1つ1つを、めん棒や柔らかい筆を使って、人工受粉します。
また、風が吹いているような振動を起こすため、花房や茎を指で軽く弾いたり、
電動歯ブラシなどを茎に当てる、という方法もあります。

 

いずれの方法も、乱暴に行うとせっかくの花が落ちる原因となります。
しっかりと開花したミニトマトの花は、軽い振動でも花粉を落とすので、
力を入れすぎないよう、注意しましょう。

 

また、トマトトーンなどのホルモン剤を使うのもお勧めです。
最近では、便利なスプレータイプのトマトトーンも、
ホームセンターなどで販売されています。
>>ミニトマト 受粉

 

 

市販の雨除けセット

 

 

・雨よけ
花が咲いて実がつく頃になると、やはり雨よけをしておいた方が安心です。
雨によって花粉が流れることもありませんし、雨粒が実に当たったり、
実が過度な水分を含んだことによる裂果を防げます。

 

水分量をコントロールすることで、草勢をコントロールすることもできるので、
ミニトマト栽培では、雨よけ栽培がお勧めです。

 

ベランダなど、雨が当たらない場所で栽培している場合は不要ですが、
地植えと同じく雨が当たる場所で容器栽培している場合は、
雨よけをしておいた方が株が元気に育ちます。

 

ホームセンターやインターネット通販でも、雨よけセットが簡単に入手できます。
また、支柱と透明のビニール、紐などを使って自作もできます。
>>トマト 雨よけのしかたは?

 

・追肥
こちらをご覧ください。
>>ミニトマト 肥料

 

 

色づき始めたアイコ

 

 

収穫期に入ったアイコ、わくわくします!

 

 

・結実・収穫
こちらをご覧ください。
>>トマト 収穫方法

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方


スポンサードリンク

 

タグ : 

トマト栽培Q&A

この記事に関連する記事一覧

■人気の記事!