ミニトマト 受粉

トマトの育て方.com

ミニトマト 受粉

目安時間:約 4分

 

スポンサードリンク

tomato (1)

ミニトマトも人工授粉すると、たくさん実ります

 

 

ミニトマトでも、受粉の仕方は普通のトマトと同じです。

 

トマトは、一番花=最初に咲く花の受粉がとても大切ですし、
実をつけるのには受粉が必要なので人工受粉をして着果させましょう。

 

 

[ミニトマト 受粉]

 

 

■ミニトマトの人工受粉

 

ミニトマトは、トマト同様、1株あれば実をつけることができます。
花の中に雌しべと雄しべがあり、
花粉が雌しべにつくことにより受粉が完了します。

 

地植え栽培でもプランター栽培でも、自然環境で、
ミニトマトが実をつけるのは虫や風が受粉させてくれるからです。

 

地植え栽培は虫や風がある状況なので花粉が雌しべにつき、受粉します。
それでも確実に実をつけるためには、人工受粉が必要になります。

 

ミニトマトをプランターで栽培していて、近くに虫が飛んでいない場合は、
受粉がしにくいので、人工受粉をすると着果が確実です。

 

特に、一番最初につく花には確実に実をつけたいので、
ミニトマトの人工受粉をしましょう。

 

一番花の重要性については、
>>トマト 一番花をご覧ください。

 

 

tomato-itibanka

一番花に着果させると、その後の収穫が良くなり安定します

 

 

■ミニトマトの人工受粉の方法

 

1.筆やめん棒を使う
ミニトマトの花に筆やめん棒を入れ、少し動かして花粉を雌しべにつけます。
この時、強い力で動かすのではなく、軽くやさしく円を描くように動かしてください。
強い力で動かしてしまうと、花が痛む原因になります。

 

2.指ではじく
道具が無い方は指ではじきましょう。
軽くはじく程度で良いです。
強すぎると花が落ちてしまうので注意します。

 

3.ブロワー(送風機)を使う
送風機で風を使って受粉させましょう。
プランター栽培で、ベランダで育てている場合は、
扇風機なども代用できます。
ミニトマトを風で花を揺らして受粉させます。

 

4.ホルモン剤を使う
トマトトーンと呼ばれるホルモン剤を使います。
ミニトマトの花が4つ程度、それ以上咲いてから使います。

 

使うときは葉や茎に当たらないようにしましょう。
また、同じ花に再度トマトトーンを散布してしまうと、
空洞果ができたり薬害が起こるので、散布した後は目印をつけましょう。

*プロは食紅を混ぜています。

 

詳しい受粉の仕方は、
>>トマト 受粉のコツをご覧下さい。
*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方


スポンサードリンク

 

タグ : 

トマト栽培Q&A

■人気の記事!