トマト 茎が二股

トマトの育て方.com

トマト 茎が二股

読了までの目安時間:約 6分

 

スポンサードリンク

ズッカの茎が二股に、2本仕立てにしたら草勢が落ち着きました

 

 

トマトを育てていると、思っていたのとは違う状態になることがあります。
1本仕立てで育てている場合、本来なら主枝が1本すっと伸びるはずなのに、
なぜか茎が二股になることがあります。

 

トマトの茎が二股になるのは、なぜなのでしょうか。

 

 

[トマト 茎が二股]

 

 

■異常茎で二股

 

トマトは肥料過多になることで、異常茎が発生することがあります。
トマト栽培で起こる異常茎には、めがねや窓あきと呼ばれるものがあります。

 

どちらも茎に穴があく症状が出ますが、ここまでいっていまう寸前、
茎に溝ができ、二股に見えるようになります。

 

トマトはとても丈夫な野菜ですが、生長点付近の茎はそれほど太くありません。
それなのに、異様に茎が太く、葉色や茎の色が濃くなることがあります。

 

これは肥料過多が原因によるもので、状態がひどくなってくると、
二股になったりめがね、窓あきの症状が出るようになります。

 

トマトはどちらかというと、肥料をやや控えめに育てた方が、
病害虫の被害にもあいにくく、生理障害なども出にくい野菜です。

 

基本の栽培法と同程度の肥料を与えるか、気持ち控えめくらいに与え、
決して肥料過多にしないよう、注意します。

 

 

見落としていた脇芽

 

 

■脇芽で二股

 

トマトは脇芽がよく発生する野菜です。
1本仕立てで育てる場合は、発生した脇芽をすべて取り除きます。

 

ところが、脇芽はとってもとっても発生します。
トマトが生長して草丈が高くなってくると、葉や果房が邪魔になり、
見回りが十分に行えず、脇芽を見逃してしまうこともよくあります。

 

脇芽を放っておくと、そのうち大きく生長し、
主枝と変わらないような大きさまで育ちます。

 

この時、最初の主枝から分岐していて、茎が二股のように見えますが、
脇芽が大きく育ったものなので、特に異常というわけではありません。

 

ただ、大きく育って脇芽をさらに放っておくと、
主枝と同じように実がつくようになるので、
養分が分散してしまい、肝心の実が小さくなったり、
実付きが悪くなることがあります。

 

大きくなってからでも、脇芽を取り除いておきましょう。

 

もし脇芽を利用し、2本仕立てや3本仕立てにする場合は、
水や追肥を1本仕立てよりも多めにすると、
水切れや肥料切れを起こす心配が少なくなります。

 

肥料を多く与えすぎると、樹ボケや異常茎の原因になるので、
トマトの樹をよく観察しながら加減しましょう。

 

 

シシリアンルージュのダブル花房

 

 

シシリアンルージュ、上から。とても得した気分♪

 

 

■果房が二股

 

トマトを育てていると、1段目や2段目の花房は、1段に1房しかついていないのに、
上段になると2房つくことがあります。

 

初めて見る時は驚きますが、果房が二股になっているのは、特に問題ありません。

 

トマトは品種によって、果房が二股になりやすいものがあります。
1段目や2段目くらいの下段くらいまでは、シングル果房になりやすくても、
上段になるにつれ、ダブル果房になるという性質を持っているのです。

 

大玉トマトより、中玉トマトやミニトマトの品種に、多く見られる特性です。

 

ダブル果房になると知らずに育てていて、突然ダブルの状態を目にすると、
とても驚きますが、収量が多くなるので、実はありがたい性質なのです。

 

果房自体が二股になっているものは良いのですが、
中には果房の先端から、さらに葉や茎が伸びてくることがあります。

これは肥料過多によって草勢が強くなりすぎている状態なので、
あまり良いとはいえません。
様子を見ながら、追肥量やタイミングを調整しましょう。

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方


スポンサードリンク

 

タグ : 

トマト栽培Q&A

この記事に関連する記事一覧

■人気の記事!

«  | ホーム |