トマト 実の先に葉

トマトの育て方.com

トマト 実の先に葉が

読了までの目安時間:約 5分

 

スポンサードリンク

tomato-miniha (2)
トマトの実の先に葉が出て、どんどん育っているのは?

 

 

トマトを育てていると、花房の先から葉が出てくることがあります。
本来は、トマトの花房の先端には花芽がつくだけで、葉芽はできません。

 

これに関しては、品種によって出る出ないというものではないので、
花房の実よりも先に葉が出てくるという状態は、警報であるということです。

ではなぜこのように葉が出てくるのでしょうか。

 

 

[トマト 実の先に葉が]

 

 

■実の先に葉が出る原因

 

実の先に葉が出てくる症状は、窒素過多の時に出ることが多いです。
窒素は葉や枝を育てて株を大きくするための肥料です。

 

なので、窒素が必要以上に吸収されると、枝や葉を伸ばす力が強くなりすぎて、
花房の先端にまで葉を伸ばすようになってしまうのです。

 

窒素が過剰な状態は、トマト栽培にとって良くない状態です。
窒素過多になることで、枝葉ばかりば育つ「樹ボケ」の状態になりやすくなり、
窒素を多く含むことで害虫を寄せ付けたり、病気になりやすくなります。

 

◎窒素が多い時の症状
・葉や枝の色が濃すぎる
・生長点に近い葉が内側に巻く
・葉柄から葉芽が出てくる
・茎などに茶色い壊疽(えそ)が出る

 

これらの症状の、どれか1つでも当てはまる場合は、
窒素過多や肥料過多になっている可能性があります。
>>トマト 肥料過多

 

着果しているからと、見回りせずにそのまま放っておくと、
実が育っても旨みの少ない味気ないものになったり、
栽培後半で実付きが悪くなることがあります。

 

他にも、苦土石灰等のカルシウム分を補給しているにも関わらず、
1段目や2段目など低い位置で尻腐れ果が出ることがあります。

 

これは窒素過多の状態になることで、
カルシウムをうまく吸収できないために起きる症状です。
>>トマト 尻腐れ病

 

いずれも今後のトマト栽培と収穫量に大きくかかわってくる症状なので、
早いうちに解消しておいた方が良いでしょう。

 

 

tomato-miniha (1)

こちらも実の先に葉が出てきています

 

 

■実の先の葉の対処法

 

実の先や葉柄の途中から出た葉芽は、根本で切っておきましょう。
つけておくと、そのままだと元気に育ち、花芽までつけてしまいます。

 

まずは与えている肥料を確認します。
窒素分が多いものや、窒素のみの肥料はトマトには向きません。
リン酸が少し多いもの、あるいはリン酸とカリが少し多いものを選びます。

 

与えている肥料の成分に問題がない場合は、
トマトを育てている土に窒素分が過剰に含まれている可能性があります。

 

特に家庭菜園を何年も続行けている場所や、貸農園のような場所では、
前作の残りの窒素が蓄積していることがあります。

 

また、鉢やプランターなどで育てている場合も、
古土を利用している場合は、前作の分が残っている可能性があります。

 

土に窒素が多く含まれている疑いがある場合は、
土壌計測キットで調べることができるので、一度確認してみましょう。

 

窒素は水に溶けやすく、水分と一緒に吸収されます。
そのため、水分をたくさん与えていると窒素過多が続くことになります。

 

窒素が多い状態では、できるだけ水分を少なくする必要があります。
幸いトマトは乾燥気味でも問題なく育つので、少し水を控え気味に管理しましょう。

 

*詳しいトマトの栽培方法は、下記をご覧ください。

・トマト プランターの育て方
・トマト 地植えの育て方
・ミニトマト プランターの育て方
・ミニトマト 地植えの育て方
・トマト 種からの育て方
・フルーツトマトの育て方


スポンサードリンク

 

タグ : 

トマト栽培Q&A

■人気の記事!